夏バテ対策

neta-life【ネターライフ】

夏バテ対策に食べ物や飲み物を工夫しよう!!

読了までの目安時間:約 7分

OL

 

夏といえば、楽しみが多い季節!
海水浴に、夏祭り、花火大会に、バーベキュー、夏フェスなんかに出かける人も多いでしょう。

 

でも、最近では地球温暖化の影響から「猛暑」なんて言われるくらい夏の暑さは容赦なく襲いかかってきます。

 

 

せっかくの夏休み、遊びの予定や旅行の計画を立てていたのに、夏バテで辛い……なんて事になったら残念ですよね?

 

 

そこで、夏バテはなってしまう前に予防!
万全の夏バテ対策で、楽しい夏を満喫しちゃいましょう!

 

Sponsored Link

どうして夏バテになるの?そもそも夏バテって?

 

夏バテの主な要因は、自律神経のバランスの乱れにあると言われています。

 

 

自律神経の働きにより、人間の身体は汗をかいたりすることで体温を保とうとします。
日本の夏は高温多湿なため、体温を一定に保つためには多くのエネルギーを消費する必要があり、体にかかる負担は大きくなってしまいます。

 

 

この負担に耐えきれなくなってしまうと、体内に溜まった熱を体外へ放出することが難しくなり、様々な不調があらわれてしまうのです。

 

夏バテの主な症状は時代と共に移り変わってきています。

 

よく「夏は食欲がなくて痩せる」なんて人がいるように、昔の夏バテは暑さによる体力低下と食欲不振が原因になって起こる夏やせと呼ばれる症状が主なものでした。

 

しかし、空調設備が整い、冷房によって涼しい快適な空間を得られるようになった現代では、冷房の効いた室内と茹だるような暑さの外を行き来することでうまれる急激な温度や湿度の変化、冷房の効きすぎによって生じる体の冷えにより起きやすくなっています。

 

 

そしてなんとストレスや睡眠不足なども引き金となり自律神経の乱れが生じ、そうして引き起こされる症状は夏やせだけに留まらず、全身の倦怠感や下痢・便秘など、さらには頭痛、発熱、めまいなどの重大な症状まで発展するケースもあるのです。

 

Sponsored Link

楽しい夏を満喫するために!夏バテ予防必勝術

 

夏バテに勝つのは難しいことではありません。
夏バテ予防の鍵は日常生活にあるのです!

 

まずはとにかく睡眠です。

 

蒸し暑い夏はついつい眠りも浅くなりがち、でも寝不足は夏バテの大きな要因となるので要注意です!

 

快眠には寝付いてから3時間を理想の温度と湿度に保つことが重要です。
理想の室温は26℃、湿度は50%です。
ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも効果があるようです。

 

次に、栄養をしっかり取ることです。
暑いからといって、あっさりしたものばかり食べていると、すぐに栄養不足に陥ってしまいます。

 

夏は大量のエネルギーが必要になりますから、このエネルギーのもととなるビタミンB群を摂取するよう心がけましょう!

 

特に豚肉はビタミンB1を多く含むことで知られていて、夏バテ対策として大いに注目されている食材です。
また、ニンニクやネギに含まれるアリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれるので、一緒に食べることをオススメします。

 

水分補給もしっかり行いましょう。
汗で流れ出てしまうのは水分だけではありません。

 

ミネラルの不足は夏バテの原因だけではなく、熱中症などの危険な症状も引き起こします。

 

できればただ水を飲むだけではなく、ミネラルを多く含む市販のスポーツ飲料などを活用するようにしましょう。

 

冷房の効きすぎは冷え性なども引き起こします。
体に負担の少ないよう、設定温度は外気との温度差5℃以内に設定するのが望ましいでしょう。

 

また、どうしても冷房が効きすぎる場合は、膝掛けや上着などで冷えすぎないよう対策することが重要です。

 

夏バテの時に食べたい食事

基本 CMYK

それでも夏バテになってしまった……
そんなときはしっかり栄養と休息をとり、なるべく早く症状を改善しましょう!

 

オススメの料理はこちらです。

 

●ニンニク入りの豚の生姜焼き

ビタミンB1を多く含んだ豚肉と、その吸収を助けるアシリンを含むニンニクの、夏バテ対策最強タッグです!

 

●うなぎの蒲焼き

スタミナ豊富なうなぎは、土用の丑の日に食べることでも知られていますね!こちらも夏バテにはもってこいの食べ物です。

 

●やきとり
鶏肉はタンパク質を多く含み、さらに消化吸収しやすいという利点があります。ぜひ、胃腸の弱る方には活用してほしい食材です。

 

 

いかがでしたか?
今年の夏は、最強夏バテ対策で、最高に楽しい夏にしちゃいましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: