寒暖差アレルギーによるくしゃみの止め方、治し方!

ƒvƒŠƒ“ƒg
花粉症でも鼻炎でもないのに咳やくしゃみ、鼻水と言った症状。

でも熱はないから「風邪」ではないし…花粉症といったらちょっと違う気がする。

そういう症状に悩まされている方もいるのではないでしょうか。

実はその症状、寒暖差アレルギーなのかもしれませんよ。

もしかしてそのくしゃみ、季節の変わり目や温度差の高いときに出たりしませんか?

そんな謎のくしゃみや鼻水に困っている方に寒暖差アレルギーについて詳しくご紹介したいと思います。

Sponsored Link

寒暖差アレルギーの症状って?

寒暖差アレルギーは正式名称を「血管運動性鼻炎」と言われています。

原因はもう冬に差し掛かろうという時期などに珍しい夏の高気圧が日本列島に入り込んでいることが原因と言われています。

これが原因で昼間は温かく、夜は急激に寒いなどといった大きな温度差の刺激が鼻の粘膜の血管を広げ、粘膜がむくむことより鼻づまりのアレルギー症状つながっていたというわけです。

寒暖差アレルギーによる体調不良は咳やくしゃみ、鼻水などの他に食欲不振、不眠、疲れやすい、イライラするなどといった自律神経に影響を受けた症状が出ています。

自律神経は寒い時は血管を締めて体温を逃がさないようにする一方で、暑い時は血管を緩めて熱を逃がします。

この動作がスムーズにできるのは約7℃までと言われており、大きな寒暖差には対応できないのです。

Sponsored Link

寒暖差アレルギーによるくしゃみを止める方法

症状の中で地味にきついのがくしゃみです。

寒暖差アレルギーは厳密にいえば病気ではなく、自律神経がうまく対応ができないため起こる症状です。

そのため、薬を飲めば治ると言った決定的な治療法はありません。

もっとも大切なのは自律神経を安定させることです。

適度な運動をすることによって筋肉をつけたり、食事など体が温まるものを食べるようにするなどの心がけが大切です。

また、潤いなどが足りないことも症状の原因になりますので、マスクをするなどの工夫や蒸しタオルなどで口を押さえて息を吸ったり吐いたりすることで潤すことが出来ます。

簡単で効果のある鼻水を止める方法をご紹介します。

その方法とは少量の水を口に含みそのままでいるという方法です。

口に水を含んでしばらくしたら飲み込むという動作をすると鼻水は止まります。

イメージとしては唾液と水が混ざり合っているかな状態まで水を口に含みつづけ、そろそろかな?と言うところで飲み込みます。

ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、飲み込むというのがポイントですね。

また、鼻水が出てきたらこの動作をもう一度繰り返し行います。

なぜこの方法が効果があるといいますと、飲み物を飲もうとしているものを我慢している状態と言うのは口の中のものをのどの方へ誘導する動きが活発します。

その動きが鼻の奥にある鼻水を誘導する効果があります。

そうすることによってくしゃみの原因でもある鼻水を除去することによりくしゃみが止まるというわけです。

それでもくしゃみ、鼻水などの症状がひどい場合は、粘膜を焼灼するレーザー手術や凝固手術が有効です。
寒暖差アレルギーは病気ではありませんので、治療は難しいとお考えかもしれません。

しかし、ご自分のライフスタイルの見直しによって改善の余地は十分あります。

今後の快適な生活のためにもぜひこの機会に見直してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください