寒気 悪寒 熱なし

neta-life【ネターライフ】

寒気や悪寒がするのに熱はなし!原因は?

読了までの目安時間:約 8分

272437

 

寒気、悪寒といったら風邪やインフルエンザの初期症状ですが、いつまで経っても熱が出ない場合は一体どういった病気なのでしょうか。

 

風邪である可能性は低く、もしかしたら全く別の病気が考えられる可能性もあります。

 

この記事では寒気、悪寒の原因と考えられる病気について紹介します。

 

Sponsored Link

風邪などのときに寒気がおこるメカニズムは?

まずは、風邪のときに寒気が起こるメカニズムについて紹介します。

 

風邪をひいたときに熱が出るのは体の防御反応だという話は聞いたことがある方は多いと思いますが、熱が出るとウイルスの増殖スピードが低下し、免疫機能が活発になりより効率的に病原体を排除できるという利点があります。

 

それでは体はどうやって熱をあげるのでしょうか。

 

体に病原体が入ってくるとまずマクロファージなどの細胞がやってきて病原体を食べて分解します。

 

このときに病原体の成分によってマクロファージが活性化され、マクロファージはいろいろなサイトカインと呼ばれる物質を分泌し、体中に病原体が入ってきたことを知らせます。

 

この情報は脳にも伝達されます。

 

熱は普段は筋肉のふるえなどによる熱産生と血管が拡張することによる熱放散のバランスを脳が取ることで平熱に保たれているのですが、病原体が入ってきたという情報が伝わると脳は体の熱のバランスをより高いところに引き上げます。

 

そのため平熱よりも高い熱がでます。

このときに分泌される物質の量が多いと、脳はそれだけ素早く高い熱を出そうとします。

 

すると脳は39℃や40℃などの体温にしようとしているのに体は36.5℃程度の平熱のままなので悪寒が発生しますし、体の熱産生の大部分は筋肉のふるえによっているので体はがたがたと震えてできるだけ熱を産生しようとします。

 

このようにして悪寒と発熱が起こります。

 

Sponsored Link

悪寒があるのに熱が出ないのはどんな状態?

 

悪寒がする原因は脳が考えている温度と実際の体温がかけ離れているときです。

そのため悪寒がするのに熱が平熱のままだというときには、体の温度が下がりすぎているために悪寒が起こっていることが考えられます。

 

血行不良のためにいわゆる「冷え性」になっている場合や、自律神経の働きがおかしくなっているために体温調節が上手くいっていない可能性、更年期障害により血管の働きが上手くいっていない可能性などがあります。

 

また、別の可能性として自分の平熱を把握しておらず実は平熱が低いだけで十分に熱が出ている可能性などもあります。

 

平熱が35℃台である場合は、37℃になるかならないかの熱が出ていても熱が出ているとは気づきにくいですよね。

 

37℃以上ではないと熱が出ていると言わないようなイメージがありますが、平熱は人によって違うので37℃を超えてなくても十分に熱が出ている場合も十分にあります。

 

どうやって対策すれば良い?病院に行く必要はあるの?

 

295987

 

様々な原因が考えられていますが、先ほど原因として挙げさせていただいた症状について対策法などをご紹介していきたいと思います。

 

冷え性が原因の場合

冷え性に悩む女性は多いですが、これは女性の方が筋肉が少ないため熱産生が少なかったり血行不良になりがちなことが理由と考えられています。

 

冷え性の場合は、衣服によってできるだけ体が冷えないようにしたり、ショウガなどの体温をあげてくれる食材の入ったドリンクや料理を取ることでも改善できます。

 

冷え性の場合には病院に行く必要性は低いでしょう。

 

 

自律神経の働きが問題の場合

血管が拡張したり収縮したり筋肉が緊張したりというのは自律神経によってコントロールされています。

 

そのため自律神経の働きが上手くいかないと血管を拡張・収縮させて熱の放散を調節したり、筋肉をふるえさせて熱の産生をあげたりということがうまくできなくなり、悪寒を感じたりするようになります。

 

自律神経失調症は医学的に定義された言葉ではないので原因もまだまだ不明な点が多いのですが、一説では強いストレスに体が対応しようとして自立神経系が頑張っているところにストレスが長引いてしまうと、自律神経系がもう十分に働けないレベルまで酷使されてしまい自律神経失調症が起こってしまうと言われています。

 

また、このようなときには抑うつ傾向にもなっているのでうつ病などの精神的な病気も複合的に働いている可能性も考えられています。

 

自律神経失調症のときには、自分だけで解決することは難しいのでしっかり病院にかかるようにしましょう。

 

大きい病院であれば総合診療科や、精神科、心療内科などにかかるといいでしょう。

 

更年期障害が原因の場合

更年期障害は加齢につれて卵巣の機能が低下し女性ホルモンが減少した結果体のバランスが崩れて起こる病気です。

 

女性ホルモンは血管の働きや自律神経の働きにも関与しているため、悪寒などの症状が起こります。

 

更年期障害でよく知られている症状はホットフラッシュと言われる急に顔が真っ赤になり火照ってしまう症状ですが、この後に反動として強い悪寒が来る方もいます。

 

更年期障害はしばらくたてばおさまるものではありますが、症状が苦しい場合は婦人科を受診しましょう。

 

女性ホルモン補充療法を行うことでこれらの症状は軽快しますし、その後ゆっくりホルモンの量を減少させていくので一生薬を飲み続けないといけないものでもないので活用してください。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: