感染性胃腸炎 症状

neta-life【ネターライフ】

感染性胃腸炎の症状と潜伏期間!うつる場合の原因は?

読了までの目安時間:約 7分

166231

 

感染性胃腸炎にかかると嘔吐や下痢などの症状に悩まされとても大変です。

 

他にも家族の中に感染した人が現れた場合にはうつらないように対策もしないといけないので大変ですよね。

 

そんな感染性胃腸炎ですが、出来る限り感染しないように注意したいところです。

 

この記事では感染性胃腸炎を引き起こす原因と感染対策について紹介します。

 

Sponsored Link

 

感染性胃腸炎って何?どういった原因でなるの?

感染性胃腸炎とはウイルス、細菌、寄生虫などによって引き起こされる胃腸炎の総称です。

 

ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスによる感染性胃腸炎がよく知られています。

 

感染性胃腸炎は潜伏期間は1〜3日ほどで、嘔吐・下痢・発熱・腹痛などの症状が現れます。

 

これらの症状の現れ方や症状が継続する期間は何に感染したかによって異なりますが、ノロウイルスは1〜2日、ロタウイルスでは5〜6日も症状が続きます。

 

これらの感染性胃腸炎には特別な治療法はなく、対症療法が中心となります。

 

下痢、嘔吐が続くので十分な水分の補給を行い脱水状態に陥らないようにすることが基本になります。

 

また、嘔吐と下痢がひどく、食事も取れないという場合には体の電解質バランスが崩れる可能性も高いです。

 

そのため、ただの水よりもスポーツドリンクや、砂糖と塩分を含んだOS-1などの経口補水液などを飲ませてあげるといいでしょう。

 

OS-1は病院でも使われる経口補水液ですが、水1リットルに砂糖40g、食塩3gを加えて温めて溶かすことで自家製の経口補水液を作成することもできます。

 

Sponsored Link

 

高齢者の場合に特に気をつけたいのが、嘔吐物による誤嚥性肺炎と呼ばれるものです。

 

これは嘔吐したものが気管に入ってそのまま肺に入ってしまうことで起こってしまう病気です。

 

若年者の場合には、肺に入ると神経の働きで強い咳き込みが起こり嘔吐物が肺から出されるのであまり心配する必要はないのですが、高齢になると次第に神経の働きも鈍くなってきてしまいます。

 

そのため、肺に嘔吐物が入ったままになり炎症が起こり肺炎になってしまいます。

 

誤嚥性肺炎の場合には熱が出たりすることで気づかれることが多いのですが、感染性胃腸炎による誤嚥性肺炎の場合には感染性胃腸炎の性で発熱が起こっていることもあり気づきにくいのが問題になります。

 

誤嚥性肺炎の場合、息をするときにゼイゼイと苦しそうな音が聞こえたり、呼吸がうまく行われなくなるため顔色が悪く唇が紫だったり、息切れや呼吸困難感を本人が訴えてきたりします。

 

これらの症状が感染性胃腸炎で現れることは少ないので、これらの症状がある場合には病院にかかるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

感染性胃腸炎の感染を防ぐにはどうすればいい?

478450

 

感染性胃腸炎の多くは病原体が付着した手で口などに触れることで起こる接触感染や、病原体に汚染された食べ物を食べることで起こる経口感染で起こります。

 

経口感染はいわゆる食中毒ですので、私たちが感染する機会としては圧倒的に接触感染が多いです。

 

病原体は嘔吐物や排泄物に大量に含まれるため、それらに触れた後に十分に手を洗わずにドアノブなどに触れ、健康な人が同じ場所に触り手に病原体がつき、手を洗わないまま食事をしたりすることで体内に入り感染が成立します。

 

そのため、感染した人はトイレに行った後は必ず念入りに手を洗い、それ以外の場合も頻繁に手を洗うこと、感染していない人は食事前などは必ず手を洗うことが大切になります。

 

念入りに手を洗うというのが実はとても難しく、病院などでは手洗いに1分程度かけ入念に手の全ての部位を洗います。

 

10 秒程度の手洗いは不完全であり感染を広げないためには不十分です。

 

しっかりと洗いの残しがないように洗いましょう。

 

感染性胃腸炎が流行るのは秋から冬にかけてですが、この季節は風邪なども流行するので手洗いをすることで様々な病原体の感染を防ぐことができます。

 

ノロウイルスは乾燥や熱にも強く、アルコールが効かない特殊なウイルスとして知られていますが、念入りな手洗いはノロウイルスにも効果があリます。

 

とはいえ、ノロウイルスは他の感染性胃腸炎とは異なり恐ろしく強い感染力をほこるので、ノロウイルスの可能性が高い場合には自宅でおとなしくしているのが感染を広げないために一番効果的です。

 

家庭内での感染を防ぐためには、適切な便・嘔吐物の処理も大切です。

 

これらの処理を行うときには使い捨て手袋、使い捨てマスク、使い捨てエプロンなどを着用し、古新聞などで除去し袋を二重にして捨てるようにし、その後次亜塩素酸を含む漂白剤などを薄めたもので拭き掃除を行い病原体を殺菌します。

 

また、タオルを別にしたり、感染した人より先にお風呂に入るようにするなどの対策も家族間での感染を防ぐためにも大切になります。

 

また、感染した人がトイレに行くときにはドアを開けてあげたり、もはやドアを閉めないようにするなど、感染した人ができるだけ周囲に触れないようにすることも効果的です。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: