水毒の症状とは?改善方法と解消法を紹介!

193369
水毒(すいどく)という言葉をご存知でしょうか?

これは東洋医学の概念で簡単に言うと体の中に悪い水が溜まっている状態をいいます。

特に水を多くとる夏に多い症状ですね。

この記事では具体的な水毒の症状とその改善方法について紹介します。

Sponsored Link

水毒ってなに?

東洋医学では体を「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つが巡ることで体が機能し、逆にこれらの停滞や不足が起こることで様々な病気が起こると考えます。

このうち「血は血液を」「水は体液を」「気はエネルギー」を指します。

水毒とは水の循環がうまくいかず体の一部にたまるなどの滞りができてしまったり、体を巡る水の循環量が増えてしまうことで流れが悪くなってしまっている状態を広く表す言葉です。

水は水分を摂る量などによって変化する循環量と、様々な要因によって起こる巡りの変化により日々状態が変化します。

例えば、

・立ち仕事が続き足がむくんでいる方:水の巡りが重力の影響で足に停滞してしまっている

 

・アルコールを摂取した後:摂取した水分量の増加から身体中の水が停滞してしまっているとともにアルコールが胃と肝臓にダメージを与える関係で胃、肝臓で特に水の滞りが起きている

このように水が影響する症状の事が考えられます。

Sponsored Link

水毒はどんな症状が出るの?水毒かどうかの判断方法は?

まず水毒の簡単なチェック方法をご紹介します。

・毎日水をどれくらい摂取するか

・どれくらいお手洗いに行くか

・体に水がだぶついているサインがないか

これらをチェックしましょう。

夏だからといって水分を1リットル以上摂取する方や、お手洗いの回数がその割に少ない人は水分の摂取が多くなりすぎている可能性が高いです。

特にキンキンに冷えた飲み物を飲む人などは水の滞りを引き起こしやすいので気をつけて下さい。

体に水がだぶついているサインとしては、顔、ふくらはぎ、足先などのむくみや、下腹がポコッと出てポチャポチャしているのが症状としてあげられます。

これらの症状がある場合には水毒と言えるでしょう。

 

また、睡眠時間が短い方や体温が低い人は水の滞りがおきやすく水毒が現れやすい体質ですので気を付けましょう。

水毒により引き起こされる病気は様々なものが言われていますが、一般的には全身のむくみや手先足先の冷え、胃の重苦しい感じや下痢が水の停滞によって引き起こされます。

また、水が身体中に滞るため全身の倦怠感を引き起こします。

水の停滞が長引くと水が体の一部に溜まってしまい

・関節に水が溜まる

・メニエール病という三半規管のリンパ液の流れの悪化が原因である病気になる

・ジュクジュクした皮膚炎になる

・おりものの増加

・尿道の感染症のリスクが上がる

これらのリスクが上がるともされています。

東洋医学は西洋医学とは考え方が異なるので混乱する場合もあるでしょうが、東洋医学ではこのように考えられています。

Sponsored Link

水毒を改善するにはどうすれば良い?

330481

水毒になる原因が循環不全と循環量の増加なので、この二つに気をつけて生活することが水毒の防止になります。

水毒の防止法と改善を解説しますのでご覧ください。

水毒の予防、防止法

ですので、水を取り過ぎないということと、適度な運動をすることが大切になります。

特に夏場はキンキンに冷えた水分を摂りがちで、すると水の量が増えるだけでなく冷たい水は循環しにくいので停滞が起こりやすくなります。

また、特に下半身の筋肉は下半身の水の循環に大事とされます。

立ちっぱなしの仕事も座りっぱなしの仕事も下半身への水の停滞を招きやすいですので、定期的に別の姿勢をとったり歩き回ったりすることで水の循環を改善してあげること。

運動して下半身の筋肉をつけつつ運動により水の循環を促してあげることはとても大切です。

水毒の改善方法

すでに水毒の症状が出ている場合には、循環量を減らすことと循環を改善することの二つに取り組みましょう。

まずは大体を冷やさないことが大切になります。

体を冷やすとそれだけで水の循環が悪くなります。

特に大切なのがお腹を冷やさないことだと考えられています。

これはお腹を冷やすことで胃腸の働きが低下し代謝が低下してしまうことで、全身の冷えを招きます。

また、お腹は古来よりエネルギーの源となる大切な場所であり、お腹の水の循環を助けることで身体中の水の循環の改善につながると考えられるからです。

ですので、腹巻の着用や、寝苦しい夜でもお腹にはしっかりタオルケットをかけるなどの対策をするといいでしょう。

また、水毒の状態では体の気が陰性に傾いていると考えられるため、陽性の気を持つ食材を取り込むことで体のバランスを整えることもおすすめです。

食材の陰陽は体を冷やすものが陰、温めるものが陽と考えられており、夏が旬で水分が多い食べ物が陰性食材、冬が旬で硬い食べ物が陽性食材と大雑把に分けることができます。

陰性食材はスイカ、きゅうり、レタス、白米、パンなどで、陽性食材はリンゴ、ごぼう、ニンジン、そばなどです。

これらの食材をうまく使うことで体の水、気のバランスを整えましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください