白目 黄ばみ

neta-life【ネターライフ】

白目の黄ばみを治す方法!治療や改善方法!

読了までの目安時間:約 9分

276875

 

最近、目が輝いていないような気がする...

なんだか白目の部分が黄ばんでいる?

 

 

そんな白目の黄ばみは老眼が始める40代以降からはじまってくることが多いようです。

 

 

実は白目の黄ばみにはさまざまな原因があります。

たとえば紫外線によるダメージや日焼け、パソコンやスマホによる疲れ目、喫煙、加齢、肝機能の低下などなど。

 

 

今回はそんな目の白目の黄ばみについて改善方法や治療法など詳しく説明します。

 

Sponsored Link

白目の黄ばみの原因

白目が黄ばむ原因についてですが様々な原因があります。

どのような原因があるのか一つ一つご紹介します。

 

 

●紫外線による日焼け

紫外線を過剰に浴びることで皮膚が日焼けしたり、シミができたりする場合ってありますよね。

白目も紫外線を浴びることで日焼けしたような状態になっています。

その状態が白から黄色っぽい白目へと変色してしまうまさにそれです。

 

 

●パソコンやスマホの使い過ぎ

パソコンやスマホの画面を長時間見てると、目に疲労が溜まります。

そうすることで目が充血してし、白目はくすんだ状態になってしまいます。

 

 

●喫煙

喫煙を続けることで目尻のシワや口周りのシワが酷くなる「スモーカーフェイス」と呼ばれるものがあります。

「スモーカーフェイス」は、シワと同時に白目が黄味がかった目になってしまうことも特徴のひとつになっています。

 

 

●肝臓の疲れ
肝臓の疲労も白目に影響が出る場合が多いです。

俗に言われる黄疸と言われる現象です。最悪なんかしらの病気を抱えている場合もあるので、思い当たる方はいちど病院で検査してもらうことがおすすめです。

 

 

●加齢

中年を過ぎると黒目の真横がすこし盛り上がる瞼裂斑(けんれんはん)が目立つことが多くなってきます。

長年の目への刺激で球結膜の皮の細胞が増殖します。

刺激にたえるために少し厚くなってきて、大半の方に発生します。

体質やコンタクトレンズ、戸外作業、結膜炎で加速されることが多いようです。

 

Sponsored Link

白目の黄ばみは治せるの?治療方法や改善法

 

白目の黄ばみを改善する方法は目を酷使するのをやめたり、目に有効なものを摂取してみることも必要です。

 

 

目に有効な成分ではルティンがあります。

ルティンとは目を保護してくれる作用がある、抗酸化作用が強い成分です。栄養素として毎日取り入れたいもので、眼病予防や視力低下眼精疲労などに効果があります。

 

 

この成分が含まれている食品を多く食べてみたり、サプリメントを摂取する方法などが考えられます。

 

 

食べものでは野菜に多く含まれ、ほうれん草などに特に多く含まれる成分です。

油に溶けやすいので油を使った調理方法が効果的に摂取できます。一日にほうれん草の3分の1束程度食べるとよいでしょう。

 

 

他に白目を綺麗にする効果的な食べ物としてはDHAを多く含む食べ物を摂取することで目の美しさを保つことが出来ます。

 

 

DHAを多く含む食品といえば、サバやイワシなの青魚に多く含まれています。

特にマグロの目の裏にあるゼリー状の脂肪にはDHAがたっぷり含まれていますので、マグロのカマなんかはおすすめです。

 

 

次は疲れ目のによる黄ばみ対策です。

疲れ目に関してはビタミンB1とビタミンB2を摂取することが必要となってきます。

 

 

ビタミンB1は筋肉の疲れをやわらげる働きがあって疲れ目を解消します。また、視神経を強化するので目の健康には欠かせないビタミンなのです。

 

 

ビタミンB2が不足してくると目が充血する原因となってしまいます。

身体全体の血管や皮膚の毛細血管を丈夫にします。不足すると肌が乾燥したり、口角炎や口内炎まで引き起こしすので、絶えず摂取したいところです。

 

 

そんなビタミンB群を摂取するには、レバーや卵、豚肉、納豆、のりなどを摂取します。

加熱すると水に溶けだす性質もあるので、そのまま食べられる納豆や卵、のりなどがおすすめです。

 

 

次に肝機能が衰え、目にも表れてくる場合です。

目薬の木(メグスリノキ)と言われる呼んで字のごとくなお茶があります。このお茶は肝機能をよくする効果のほか、結膜炎やかすみ目、老眼、ものもらい、疲れ目などに効果があります。決明茶(ケツメイチャ)なども同じくめと肝臓にいいお茶です。

いつものお茶をこれらのお茶に替えるだけで手軽です。

 

 

ほかには眼球エステといわれるものがあります。

このエステでは目の黄ばみ、充血、疲れなどをとることができます。

目の汚れもとれて白目もすっきりと白くなるようです。

 

 

基本的な黄ばみ対策は紫外線から目を守るために強い日差しを避けるということが大切になってきます。

紫外線が強くなってくる時期には、肌への対策とともに目への対策も忘れないようにしましょう。

 

市販の目薬で治せるの?

 

188799

 

白目を白くするための目薬にはさまざまな種類があります。

 

 

白目を白くするのであれば、そもそも病気のために点眼するのではなく、美容目的で白くするので天然成分がベースになっているものがおすすめです。

 

 

白目を白くするための目薬にはノコギリソウから抽出されたアズレンやエルダーフラワーやメリロートというハーブからつくられたイノクサブルードロップがあります。

 

 

白目の黄ばみには目の疲れをとるという意味でも、目薬による疲れ目や充血の改善方法にはブルードロップやバイシンはおすすめです。

 

 

ブルードロップはモデルや女優が撮影前に使用する目薬として有名です。

目に優し天然成分配合なので、目への刺激が苦手な方でも大丈夫です。
バイシンという目薬は症状に合わせて5種類の中から選べます。

眼精疲労に効果があってリーズナブルで白目まできれいになると好評です。

 

 

いかがだったでしょうか?
年齢を重ねてくると、いくらきれいな白目を持っていてもそれを永遠にはキープできません。

どんな人でも少なからず黄色目や充血目に変化してくることになります。

 

 

身体の老化には逆らえないことも多いですが、白目が黄色く変色してしまうと不健康に見えてしまいますよね。

深刻な目の病気がない限り、出来るだけ目のホワイトニングへの努力をしてみるのもいいと思いますよ。

 

今回の記事にあることを是非参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: