精神的疲労 症状

neta-life【ネターライフ】

精神的疲労を感じたときの症状!回復させる方法!

読了までの目安時間:約 10分

033230

 

もう、何もかもに疲れた……。

 

そう感じたことはありませんか?

 

体がだるいわけでもなく、熱もないけど、ただやる気がおきない。

 

やる気がおきない自分が嫌になって、余計疲れている。

 

そんな人は精神的疲労をため込んでいるのかもしれません。

 

精神的疲労の起こり始めは目に見えないので「いつのまにか」なっていることが多いです。

 

熱や筋肉痛などの症状となってくれればわかりやすく、治しやすいのですが(´・ω・`)

 

また「気合いで治す!」は間違い。

 

余計に疲れ切ってしまう可能性が高いです。

 

会社や家で感じる精神的疲労と、どのように付き合っていくべきなのでしょうか。

 

なぜ、精神的疲労を感じてしまうのか、その回復方法をご紹介します!

 

Sponsored Link

 

精神的疲労と肉体的疲労の症状と違い

肉体的疲労とはどのような状態を指すのでしょうか?

 

肉体的疲労とはだるさや疲れ、筋肉の張りとして身体に表れる疲れを言います。

 

筋肉を動かしているエネルギー不足や睡眠不足、運動不足に対する疲れなどで起こるものです。

 

他、疲労物質である乳酸が体内に蓄積されても疲労の原因となります。

 

仕事などで同じ姿勢を続けたり、家事などでずっと立ちっぱなしといった状況は乳酸を蓄積しやすいです。

 

乳酸が蓄積されると筋肉の動きが通常より鈍くなり「疲れ」として身体にあらわれます。

 

肉体的疲労の特徴は「数日で回復する」こと。

 

これは放っておくといつのまにか回復しているというよりは、休息を取ったり栄養を補給したりといったケアによって良くなっている状態を言います。

 

肉体的疲労を感じても放っておくと悪化するだけなのです。

 

筋肉は適度に動かさないと萎縮してしまう部分です。

 

その結果、身体が弱り、疲れやすい身体となってしまいます。

 

精神的疲労とは主にストレスが原因で起こる心の疲労を言います。

 

ストレスの原因として人間関係やお金に関する悩み、将来に対する不安などが挙げられます。

 

これは肉体的疲労と違っていくら休息を取っても回復しないのが特徴です。

 

生活していく中で切っても切れないストレス。

 

会社でも家庭でもストレスは存在します。

 

朝起きるとなんだかけだるい。

 

原因がわからないけど、なんだか落ち込む。

 

こんな状態になったら赤信号です。

 

時間がたてばたつほど悪化していきます。

 

では、どのように回復していけば良いのでしょうか(´・ω・`)?

 

Sponsored Link

 

精神的疲労を回復する方法!

精神的疲労を回復するには、まず原因を探る方法が挙げられます。

 

原因がわかれば、解決策が出やすくなります!

 

しかし、そう簡単に原因がわかるものばかりとは限りません。

 

考えれば考えるほどドツボにはまり、余計精神的疲労をため込んでしまう可能性もあります。

 

焦りで余裕のない生活になってしまうことも。

 

なにか他の回復方法を探した方が良さそうですね(´・ω・`)

 

誰かに相談してみる

 

相談する内容はあらかじめまとめておくとスムーズに話せます。

 

精神的疲労をため込んでいると、どうしても何の話をして良いのかわからないという状況になるためです。

 

①最近よく落ち込んでしまうことを話す

 

②原因がわからないことを話す

 

③生活(会社・家庭)の状況を話す

 

④今後、どうしていきたいのか、願望を話す(願望がない場合、「落ち込みたくない」など率直な感想を話す)

 

このような手順で話すと、相手に理解してもらいやすくなります。

 

また、話しているうちにスッキリするケースも。

 

誰かに相談することで「自分の状況を理解できる」ようになるのです。

 

食事を見直す

 

ちゃんと3食食べていますか?

 

忙しいからといって朝食を抜いたり、コンビニ弁当ばかりになっていませんか?

 

朝食や昼食を軽く済ませてしまうと、日中のエネルギー不足によって精神的疲労だけでなく、肉体的疲労の原因にもなります。

 

とくに「ビタミン」「ミネラル」は日中に摂っておきたい栄養素。

 

野菜や果物を意識していきましょう。

 

夜だけたくさん食べる!という人もいます。

 

これは睡眠を妨げる食べ方とされています。

 

それだけでなく肥満の原因にも!

 

朝、なんだかスッキリしないという人は夜食べる量を調整してみましょう。

 

食べ物は身体がリラックスすればするほど消化が良くなります。

 

「よく噛んで食べなさい」と言われた経験はありませんか?

 

それは、消化不良を起こさないために言われていることなのです。

 

タバコ・アルコールを止める

 

精神的疲労の状態でタバコやアルコールを摂取すると、余計疲労がたまります。

 

それだけでなく、通常よりも依存してしまい、取り返しのつかない状態になる場合もあります。

 

もちろん「吸うな!飲むな!」と言われる方がストレスをためる!という人もいるでしょう。

 

タバコは1日○本まで。

 

お酒は1日○杯まで。

 

このように、自分でコントロールしながら楽しみましょう。

 

精神的疲労をためない身体作り!

039077

精神的疲労をため込んでからでは遅すぎます。

 

日ごろから、精神的疲労をため込まない身体作りを心がけましょう。

 

まず、精神的疲労に効果的なのが【運動】です。

 

走ったり自転車に乗ったりする有酸素運動は、精神を安定させるセロトニンを生み出します。

 

運動は精神的な安定と一緒にストレスを解消させる効果もあります。

 

毎日ランニングが出来ない人はお家でリラックスしながらストレッチやヨガ、マッサージを行いましょう。

 

お風呂につかりながらのマッサージは血液が循環するので、身体が温まり緊張がほぐれます。

 

忙しくても、シャワーのみではなく、お風呂につかる習慣をつけておくと良いですね(^^

 

しかし、運動のし過ぎは肉体的疲労に繋がります。

 

毎日続けられそうなものを適度に行いましょう。

 

【規則正しい生活を心がける】というのも、効果があります。

 

規則正しい生活とは、

睡眠時間は7~8時間

寝る時間、起きる時間は毎日同じ

3食バランスの良いものを食べる

適度な運動を毎日行う
日の光を適度に浴びる

 

などが挙げられています。

 

精神的疲労は、生活していると蓄積されていきます。

 

精神的疲労と、どう付き合っていくかに焦点を当てて、毎日笑顔で過ごしたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: