緊張 腹痛

neta-life【ネターライフ】

緊張で腹痛が!お腹が痛い場合の対処法と解消法!

読了までの目安時間:約 8分

358603

 

緊張するとお腹が痛くなる!

 

このフレーズよく聞くと思いますが、実際にこのような症状で悩まされている方も少なくないようです。

 

緊張するたびにお腹が痛くなると、何気に普段の生活に支障をきたします。

 

でもこれって特に病気でもなんでもないのに、なんでお腹が痛くなるのでしょう?

 

この記事では緊張からくる腹痛などのお腹の症状について紹介します。

 

Sponsored Link

 

緊張するとお腹に症状が出るのはなぜ?

お腹と脳はあまり関係がなさそうなのに、緊張するとお腹の調子がおかしくなるのはなぜなのでしょうか?

 

これは、腸の動きが自律神経である交感神経と副交感神経によってコントロールされているからです。

 

交感神経は戦ったりするときに優位に働く神経で、副交感神経は休息を取りリラックスしているときに優位に働く神経です。

 

そのため交感神経が優位になっているときは腸の運動や吸収は抑えられるのに対し、副交感神経が優位になっているときには腸の運動は活発になり消化吸収が促進されます。

 

腸の動きはこの二つにより大きくコントロールされていますが、他にもセロトニンによってもコントロールされています。

 

セロトニンの刺激により副交感神経が優位になるとともに、セロトニンにより腸の知覚神経が刺激され大脳へと刺激が伝わりこれが痛みとして認識されます。

 

このセロトニンは脳で受けたストレスなどの刺激により分泌が促進されます。

 

緊張するとこれらの自律神経の働きとセロトニンの働きが乱れてしまうため、緊張しやすい方や腸がこれらの神経系の働きに敏感な方は緊張でお腹の調子の乱れが出てきてしまいます。

 

これは「過敏性腸症候群」という名前で呼ばれるれっきとした病気です。

 

Sponsored Link

 

過敏性腸症候群ではどんな症状が出る?

過敏性腸症候群は大きく慢性下痢型、ガス型、不安定型に分かれます。

 

●慢性下痢型

セロトニンなどの過剰分泌により引き起こされる大腸の運動機能亢進と、大腸の水分吸収機能の低下により下痢が引き起こされると同時に、セロトニンの影響で腹痛が発生します。

 

●ガス型

緊張により引き起こされる交感神経の活性化に対抗しようと副交感神経がより活発に動こうとするため腸管の働きがより亢進することでガスが大量に作り出されると共に、ガスによって膨満感や腹痛を感じるようになります。

 

●不安定型

日によって下痢型の症状とガス型の症状が不安定に出現します。

 

 

これらの症状は緊張などのストレスが原因となると考えられています。

 

また、最初は過敏性腸症候群でなかったとしても、人前で緊張してたまたま大きいオナラをしてしまった、電車の中で急に下痢に襲われて大変な思いをしたなどという経験が原因となり、それ以降も同じようなシチュエーションでもし同じようにオナラや腹痛に襲われてしまったらという強い不安を持つようになり、それが原因で過敏性腸症候群を発症してしまうということも少なくないようです。

 

Sponsored Link

 

過敏性腸症候群はどうやって対処すればいい?

522449

 

過敏性腸症候群の腹痛に対して、即効性のある対処法となると薬以外にはなかなかありません。

 

そのため過敏性腸症候群の症状を軽減するために生活改善など様々なことを行い、腹痛が起こらないようにするという長期的な対策を取ることが一番でしょう。

 

そこまで頑張ってもなかなか効果がない場合でも、薬によって症状を軽減させることが可能なので焦らずに努力していきましょう。

 

まず大切なのが、精神的に自分を追い詰めないようにすることです。

 

例えば、自分が友人と話していて、その友人がちょっとトイレにと頻繁に中座したからといって嫌な感情を持つでしょうか。

 

多くの人は調子が悪いのかなと心配してくれるはずです。

 

過敏性腸症候群の場合には、トイレに行けば症状が改善することが多い反面、そんなに頻繁にトイレに行くなんて相手に悪いかもと思いトイレに行けない状況を自ら作り出している方も多いのが現状です。

 

ですので、大切な会議のときなどは難しいかもしれませんが、そうでないときはトイレにいつでも行けるという精神的な安心感をもつことが大切です。

 

あらかじめ、胃腸が弱いタイプですなどと周りに打ち明けておくとベターかもしれません。

 

また、電車などで移動する場合もいつもより早めに出て、万一のときは途中下車してトイレに行ける状況を作ったり、いつもより早起きして家でトイレを済ませてから乗るなど、精神的なストレスが少ない状態を作り出してあげるのが効果的です。

 

他に気をつけたいことが食事内容です。

 

腸は食事の内容からも刺激を受け取りその運動を変えて対処します。

 

そのため、暴飲暴食、香辛料などの入った刺激の強いもの、カフェインを含むものは腸管の動きを活発にするので過敏性腸症候群にとってはいい食事と言えません。

 

これらのものを避けたり、量を減らすようにしましょう。

 

また、難しいですが、ストレスを上手にコントロールすることも根本的な対策としてとても大切です。

 

ストレスが発散できるような趣味をもったり、だらだらと仕事せずにオンオフをはっきりとさせるなどしてストレスを溜め込まないように注意しましょう。

 

薬として気軽に始められるのが、乳酸菌製剤を摂取することです。

 

腸内フローラも腸管の運動やガスの産生に大きな影響を与えるので、善玉菌を増やすことは症状の改善につながります。

 

他によく用いられるのが、セロトニンの働きを阻害するセロトニン3受容体拮抗薬、副交感神経の働きを抑える抗コリン薬などで腸管の動きを抑えたり、高分子重合体製剤で排便を整えたりなどの薬があります。

 

市販の下痢止め薬などは抗コリン作用をもつ成分を配合していることが多いようです。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: