肩こりの原因と解消方法を徹底解剖!悩み解決します!

0141-140927

最近仕事や予定で忙しくてそのせいか肩こりが酷いなぁとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

私も実は肩こりに悩まされていた一人です。

酷い時は痛みで夜も眠れないときがありました。

ストレッチや整体と色々試しているけどなかなか治らない!

そんな方の為に今回は根本的に治していくよう肩こりのメカニズムを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

肩こりの原因って何?

肩こりの原因は1つではありません。

大まかに分けて3つあります。

解剖学的な問題

筋肉バランス、骨格、姿勢、動きなど主に体の構造面

肩こりは人間だけがなるものだと言われています。

その理由は二足歩行により思い頭を首や肩で支えるのが構造上不安定であり、とても負荷がかかるのです。

姿勢が悪いと一か所に負担が集中してしまい肩こりが悪化してしまう原因なのです。

そのため、正しい姿勢を保ち負担を分散させることが大切です。

神経生理学的な問題

自律神経、運動神経など主に体の機能面

自律神経のうち交感神経が優位に働き、筋肉を堅くしてしまうと肩こりは悪化します。

また、血行が悪くなると血液循環が滞り肩こりをまずます増長させるという悪循環がおこってしまいます。

心理学的な問題

ストレスやメンタルバランスなど主に精神面

学校や職場でのストレスでメンタルバランスがとれないため自律神経が乱れ、筋肉の硬化となってしまうことが原因とされています。

Sponsored Link

肩こりが酷くなるとどうなるの?対処法は?

0142-148615

 

慢性的になってくると痛みによる不眠、自律神経の乱れより内臓の不調、体の調子が悪いことにより余計ストレスをうけるなどというように負のスパイラルに陥ってしまいます。

私も一時は不眠に悩まされ、それにより頭痛や吐き気で仕事も手につかない日がありました。

肩こりの治療法は様々あります。

・解剖学的な問題…はり、マッサージ、ストレッチ、筋トレ、整体

 

・神経学的な問題…投薬、はり、マッサージ

 

・ストレスによる問題…カウンセリング、リラックス、趣味を楽しむ

個人的に肩こりが酷くなってから気づいたのは自分の体が非常に硬くなっていたことです。

実は私昔から体が柔らかくY字バランスも綺麗な姿勢で出来たのです。

それが何と普通の前屈ですら痛い!と感じるようになったのです。

確かに中学時代は運動部に所属していたので準備体操などで柔軟をする機会があったので肩こりなんて無縁でした。

今や仕事に追われ運動不足気味。

筋肉も大分落ちたのでそのせいか姿勢が悪くなり肩こりが悪化して今に至るというわけです。

投薬もしてみましたが、こちらは効き目がありすぎたことや若干の依存性になりかねないのでよっぽどの症状ではない限りは避けたほうが良いかなと自分は感じました。

まとめ

今回、肩こりについて様々ご紹介していきましたがいかがだったでしょうか?

治療法もいくつか紹介していきましたが、私は一番の治療法はゆっくり休むことだと思います。

肩こりは筋肉がこわばり緊張状態が続く状態のことをさします。

一度今まで頑張ってきた自分を褒めてあげてゆっくり休んで体を労わってあげましょう。

友達と遊びに出掛けたり、自分の好きなことに没頭してみたり、普段やらないようなことをして気分転換してみたりするのも良いでしょう。

私も学生の頃は、平日は学業、休日はバイトに追われ、遊ぶ時間もなくストレスがとても溜まっていて肩こりがとても悪化してしまいました。

今は一社会人として仕事をしていますが1、週に1度は好きなことに没頭する日を設けて適度にストレス発散するようになってからは肩こりも大幅に改善されました。

皆さんの肩こりも改善されることを願っていますのでぜひ一度ご紹介させていただいた方法を試してみてください!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.