胃カメラ前日の食事は?メニューや時間帯はコレ!

0581-kenkoushindan_ikamera
春は健康診断の季節でもありますが、職場の健診の結果「要精密検査」と通知され、胃カメラ検査に臨む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

胃カメラの検査で様々な病気を早期発見したいものですが、そのためには胃カメラの検査が正しく行えるように受ける側の準備も必要です。

以外に知らない胃カメラの前日の過ごし方があります。

今回はそんな胃カメラ検査の流れや前日の食事について学びましょう。

Sponsored Link

胃カメラ検査とは?

胃カメラ検査はその名の通り、胃の中に小さいカメラを細い管を使って入れて胃の粘膜の様子を検査するというものです。

医学的な正式名称は「上部消化管内視鏡検査」といい、胃だけでなく食道や十二指腸を調べることもできます。

検査をするとき念頭に置かれている病気はやはり胃がん、胃潰瘍などが筆頭にあがってきます。

特に胃がんは日本人の罹患数第一位のがんで死亡数は第二位のがんです。

早期発見できれば表面をちょっときるだけで治すことができるのですが、発見が遅れてしまうと胃を全摘しないといけなかったり最悪の場合命を落としてしまう病気です。

胃カメラを正しく使えば発見は難しくないものです。

是非心して検査にのぞみましょう。

Sponsored Link

胃カメラを受ける前日は絶食することが大事!

胃カメラはカメラを入れ胃の粘膜を直接見る検査です。

なので、胃の中に食べ物、飲み物が残っていると検査ができなくなってしまいます。

飲み物なら直前まで大丈夫だろうと思っている方もいらっしゃると思いますが、液体があると粘膜の微妙な変化が分からなくなってしまうので我慢してください。

末期のがんだと明らかに変化があるのですが、早期のがんだと微妙な色合いの変化などを見ているので液体でも検査の妨げになってしまうんですね。

前日の晩ご飯ですが、寝る時間よりも2時間以上前、かつ、検査よりも12時間以上前に食べるのが目安です。

それよりも遅くなると胃の中に物が残ってしまう可能性が高くなります。

また、食べる量ですが、日頃朝起きて胃もたれを感じない方はいつも通り食べても大丈夫です。

ただ脂っこいものは胃の中に残りやすので避けるようにしましょう。

日頃胃もたれを感じる方は、前日の食事の量は半分以下に抑え、おかゆなどの消化のいい食べ物にする必要があります。

また、ごはんよりもパンの方が消化が早いのでパン食にするのもいいでしょう。

食べ物はこの晩ご飯以降は絶対食べてはいけません。

飲み物は大量に飲むのは避け、喉を潤す程度にしましょう。

飲み物は検査の3時間前までならコップ一杯程度なら大丈夫ですが、それ以降は飲み物も禁止となります。

検査のために絶食するのは辛いですが、もし胃がんの発見に失敗し胃を摘出することになったら、これまでのように思い通りにごはんを食べるのは難しくなってきます。

ずっとおいしくごはんを食べるためにも半日だけ我慢し、ちゃんと検査を受けましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください