足の指

neta-life【ネターライフ】

足の指をぶつけて打撲?痛みや腫れの症状の処置方法!

読了までの目安時間:約 7分

216007

 

足の指はいろいろなところにぶつけやすいものです。

 

急いでいて机の角に足をぶつけたという経験や、転んでしまい足の指を強く地面にぶつけて痛めたりという経験は多くの人がもっていると思います。

 

特にタンスや机の角に当たったときのあの痛みときたら本当にキツイですよね。

 

この記事では足の指を痛めたときの対処法について紹介します。

 

Sponsored Link

足の指をぶつけて痛むときは何が起こっている?

足の指をぶつけたときには、俗にいう「突き指」が起こっています。

 

突き指は文字通り強い力が外から指に加わったことで関節がダメージを受けることで起こります。

 

関節は靭帯などで守られており、突き指のときにダメージを受けるのは主に靭帯です。

 

靭帯がダメージを受けるといっても完全に切れてしまうわけではなく、少しだけ切れてしまうという場合がほとんどです。

 

そのときに場合によっては周囲の血管も破れて内出血を引き起こすことがあります。

 

「突き指が起こったときには指を引っ張った方がいい」という治療法を聞いたことがある方も多いと思います。

 

しかし、これは間違いです。

 

突き指をした直後は靭帯や周囲の血管が傷ついている状態であるため、これを無理に引っ張って伸ばすことでさらに靭帯・血管の傷が広がっていってしまい、場合によっては靭帯の完全断裂や内出血の悪化を引き起こしてしまいます。

 

ですので突き指のときには指を引っ張らないようにしましょう。

 

骨折をして指が変形してしまったときには、元の位置に戻す必要があるので指を引っ張ることがあるため、突き指の後に指を引っ張るのが必ずしも間違っているとは言えないのですが、素人がやるよりもお医者さんに任せた方が無難でしょう。

 

Sponsored Link

足の指を痛めたときの応急処置は?

 

突き指などをしたときの対処法の基本は、できるだけ腫れを起こさないようにして安静にすることです。

 

それでは具体的な対処法を紹介します。

 

①突き指をしたらまずは指を動かさないようにし、すぐに氷水やコールドスプレーで冷やします。

 

冷やすことによって炎症が激しくなり腫れが強く出てしまうことを抑えたり、出血を抑えることができます。

 

このときにあまり冷やしすぎると皮膚が凍傷を負ってしまうので、冷やして痛みの感覚が無くなってきたら一旦冷やすのをやめ、再び痛みが出てきたら冷やすようにします。

 

また、氷水をあてるときは直接あてずに布やテーピング越しにあてるとよいでしょう。

 

 

②痛めた関節をテーピングで少しきつめにぐるぐる巻くことで患部を圧迫します。

 

これにより止血効果があると同時に、痛めた靭帯を固定することができケガがこれ以上進展することを防ぐことができます。

 

 

③最後に足を心臓よりも高い位置にあげることで出血を減らします。

 

 

これらの応急処置を的確に行うことで、突き指が悪化することを防ぎ治癒を早めることができます。

 

足の指は体の中でも一番下に位置するので血液がたまりやすく、そのため突き指で内出血が起こった場合には悪化して腫れやすい部位でもあります。

 

そうすると痛い強みが継続し、突き指したところが腫れて靴が入らなくなったり歩くだけでも痛くなってしまったりと生活に大変な支障がでるので応急処置をしっかりしましょう。

 

応急処置がすんでも突き指した関節が青紫に腫れてきたり、点々と内出血が見える場合は重症になっている場合があるので病院にかかることを考慮してもいいでしょう。

 

応急処置がすんだらどうする?どれくらいで完治する?

031594

応急処置がすんで落ち着いてきたら、湿布や塗るタイプの湿布などを患部に使います。

 

ケガをして数日は冷湿布を使うことで炎症が悪化するのを防ぎます。

 

また、湿布にはNSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる炎症を抑える薬が含まれていて、この薬の作用で痛み、炎症、腫れを抑えることができます。

 

ケガの程度にもよりますが一週間ほどで痛みがひくことが多いようです。

 

これを過ぎても痛みがひかない場合には骨折してしまっている可能性もあるので、整形外科を受診するようにしましょう。

 

一度突き指するとクセがついてまた突き指しやすくなるといいますが、これはある意味本当だと言えます。

 

靭帯は部分断裂野場合には徐々に治癒してくると言われていますが、これにはかなりの時間がかかると言われています。

 

ですので、一度突き指したところは痛みがひいても以前と同じようには靭帯が回復していないので、他の部位と比べて衝撃に弱くなっていると言えます。

 

そのため同じような衝撃を受けると、以前に突き指したところはまた同じように突き指してしまいます。

 

これを防ぐためにはあらかじめテーピングしておくことで衝撃にある程度耐えられるようにしておくことで突き指のリスクを減らしたり、突き指したとしても程度を軽くすることができます。

 

何度も突き指をしていると、指が関節の部分から曲がってしまったり関節が膨らんだまま戻らなくなってしまって見た目が悪くなるばかりではなく、運動にも障害が出てくることもあるのでテーピングを行いしっかり予防するようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: