車酔い 治し方

neta-life【ネターライフ】

車酔いの治し方と防ぐ方法はコレ!もう車酔いはしない!

読了までの目安時間:約 7分

408449

 

 

多くの人が悩む「車酔い」。現代病のひとつともされています。

 

それでも車に乗らなければならないし、乗ると必ずと言っていいほど酔ってしまうという人も少なくないでしょう。

 

そんな車酔いを防ぐ方法はあるのでしょうか?

 

酔ってしまった場合、その場で治す方法はあるのか、予防法として何をしたらいいのか、そんな悩める皆様に、車酔いの治し方と、防ぐ方法をご紹介します!

 

Sponsored Link

 

車酔いになる訳

車酔いになってしまう原因としていろんな理由があるみたいですが、自分の理由は何なのかをしっかりと見つけて、改善していきましょう。

 

それではいくつか原因をご紹介していきます。

 

三半規管

車酔い(乗り物酔い)は三半規管と関係があります。

 

三半規管とは人間が体のバランスを取れるようにする平衡感覚を司っている部位のことで、この働きのおかげで、私たち人間は足場の悪い道でも容易に二足歩行ができるという訳です。

 

しかし、この三半規管の働きはというのは簡単に崩れてしまうんです。外部からの刺激や何かの作用ですぐに正常に働かなくなってしまうのです。

 

特に乗り物酔いでは、車や乗り物の不安定な動きや定まらない目線から三半規管の働きが衰えて車酔いの状態になるということなのです。

 

他にも三半規管を崩してまう原因に精神的なものという理由も大きいみたいです。

 

車酔いをする人のほとんどは、乗る前にまた車酔いをしてしまうのかと不安になっていることでしょう。

 

三半規管は実はそういった意識や気持ちというものに大きく影響されます。

 

酔ってしまうかもしれないという不安にと思っていると三半規管に影響して酔ってしまうのです。

 

他にも車酔いが習慣化されている場合もあります。

 

車に乗ると酔ってしまうということが無意識の神経で記憶されており、当たり前のように酔ってしまうのです。

 

身体への刺激

車は常に一定のスピードで走っている訳ではありませんよね?

ガタガタもしますし、音もします。

 

特に私たち人間は目からの情報にとても左右されます。

 

例えば、照明が明るすぎると緊張したり恥ずかしくなりますし、逆に暗すぎると恐怖を覚えるでしょう。

 

車に乗っているときは風景が速いスピードで流れて、目が回ってしまいそうですよね。

 

このときに頭が混乱して車酔いを起こすとも考えられています。

 

しかし、だからと言って携帯の画面や読書など、至近距離を見ていても酔ってしまいます。

 

この経験をした方は多いのではないでしょうか?

 

要は身体の動きと目からの情報の不一致により引き起こされる神経の酔いと言う事なのです。

 

目で感じるスピードの速さと実際に身体が感じている動きとの不一致により車酔いの状態になるということです。

 

自分が運転していても酔わないのは、自分が運転していると今どんなスピードで車が動いているのか意識をしており、身体もその速さに乗っかっている感覚になるので酔いにくいのです。

 

他には鼻からの刺激によって車酔いになる事もありますね。

 

排気ガスや喫煙者のタバコの臭い、車の臭い、香水、車の芳香剤などに気持ち悪くなって酔うという事です。

 

Sponsored Link

 

治し方と予防方法

1:気合をいれる

気持ち的な問題から改善へと持っていく方法です。自分は酔わない!と気持ちに語りかけましょう。

車酔いの原因が気持ちの問題であれば効果はあります。病気は気から!というように自分は車に酔う体質なんだと思っていると本当に治りません。

あとは同乗者がいる場合は会話をしたりと乗車を楽しみましょう!

気持ちを上げて車酔いを忘れましょう!

 

 

2:サングラスをかける

目からの刺激を避けるためにサングラスをかけるのは結構効果的らしいのです。

それににた方法で目を閉じるという事も効果的です。

 

 

3:酔い止めを飲む

あまりにもひどい場合は専門の医師に相談するのが一番ではありますが、市販で販売されている酔い止めも効果的です。辛くてガマンできないくらいであれば薬を飲んでしまいましょう。

 

 

4:体調を整える

酔う方の多くに体調がもともと優れていない事が多いのです。

疲れていたり、だるかったり、風邪をひいていると車酔いもひどくなってしまいます。

常に体調を整える事をお勧めします。

 

 

5:服装を考える

身体がゆったりできない服装は避けましょう。

なるべく身体をリラックス出来る服装をお勧めします。

 

 

6:窓を開ける

空気の循環を良くして車酔いを予防しましょう。

 

 

7:空腹や満腹の状態は避ける

空腹も満腹もあまりよろしくありません。

なるべくその中間くらいの感じで車に乗ってみてください。

空腹でも満腹でも精神的に不安定になっているので食事後はすぐに車に乗らない事をお勧めします。

何も食べないで乗るのも精神的につらいですし、集中力もかけてしまいます。

特に運転をする際は気を付けましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: