金属アレルギー 治す方法

neta-life【ネターライフ】

金属アレルギーを治す方法!治療で完治する?

読了までの目安時間:約 8分

224439

 

「このネックレスやピアス可愛い!」と思っても自分は金属アレルギーの可能性があるから付けられないという方も多いのではないでしょうか?

 

オシャレの幅が狭くなったような気がしてちょっと切ないですよね。

本当だったらもっと気兼ねなくアクセサリーを付けたいのに...

 

今回はそんな金属アレルギーの方の為に金属アレルギーの原因や症状、治し方までご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

金属アレルギーの原因は?

まず金属アレルギーの原因ですが、基本的に「溶けてしまった金属が皮膚に浸透したこと」が原因であることが多いようです。

 

体内では金属が皮膚から浸透していくことで、異物(金属)を排除しようと働く抗体がつくられています。

 

その為、一度その金属を異物としてとらえると身体はその金属に対してずっと拒絶反応をすることになり、これが金属アレルギーの原因となっています。

 

一度でもその金属にアレルギー症状が出てしまうと次につけた場合も反応し続ける可能性は高いでしょう。

 

また、今まで金属のアクセサリーをつけて何ともなかった人でも金属アレルギーというのは突然起きる場合もあります。

これも長年愛用していたアクセサリーが劣化によって金属が溶け出してしまうことで起こると考えられます。

 

 

そして、アクセサリーの中でも特に金属アレルギーの発症率が多いものがピアスです。

 

ピアスはネックレスと違い皮膚内に直接金属を入れる為、皮下組織に直接金属部分が触れることで、金属が体内に浸透してしまうからです。

 

金属アレルギーの原因が金属が皮膚に浸透することで起きるのであればピアスがなりやすいのも必然といえるでしょう。

 

金属アレルギーの症状といっても、ひどくなってくると出血や膿が出るなどの症状も現れます。

 

まずはこのような症状が出る前に原因となっている金属の使用をやめることが大切です。

 

Sponsored Link

金属アレルギーの症状

 

金属アレルギーの症状が出続けている状態のまま、その原因であるアクセサリーを使用しているとさらに状態は悪化していく事が考えられてきます。

 

自分の肌を守るためにも自分の肌に合った貴金属を身に付けることが大切です。

 

金属アレルギーの多くは皮膚症状となって現れることが多く、人によっては金属に対するアレルギー反応が非常に速い人もいて、短い期間で低い濃度でも発症することがあります。

 

しかし、通常は多くの場合5年以上の長い期間をかけて皮膚に高い濃度で排出されたときに起き、はじめて湿疹などの症状として現れる場合が多いです。

 

また、金属アレルギーは金属が直接触れていた部分にのみ起こるとは限りません。

 

金属アレルギーには局所性と全身性とがあります。

全身性の場合、想像もつかない部分で反応が起こる場合もあります。

 

局所性金属アレルギーは接触性皮膚炎とも呼ばれていて、金属が肌によく触れる場所に皮膚炎が起き、かゆみや湿疹が起きる症状があります。

 

これは先程原因の項で話した金属イオンが体内に入ってしまった場合ですね。

 

全身性の金属アレルギーは金属アレルギーでも全身的な症状として現れる場合です。

しかも、多くの人が別の病気と誤診される場合も多いです。

 

もっとも多いのは、歯に詰めた金属冠が唾液で溶け出して体内に入った場合です。

その金属イオンが汗とともに排出されると手の平でもアレルギー症状を起こす場合があります。

 

皮膚科では原因を特定することは難しく「肌荒れ」「水虫」などと誤診されることがあります。
代表的な症状としては手足に小水疱ができたり、紅斑ができたり、痒疹ができたり、じんましんができたりします。

 

他にも歯科金属によって起きた場合には口腔内に症状が出て、口の粘膜が荒れたり、舌にまだら模様が表れたり、偏平苔癬(白い苔のようなもの)が表れる場合があります。

 

また、歯科金属によって全身性アレルギーの可能性を感じたらすぐさま病院に行きましょう。

皮膚科でも歯医者でもいいので、歯科金属でもアレルギーの可能性があることを伝え、診てもらいましょう。

 

金属アレルギーは治るの?

 

284817

そんな金属アレルギーですが、治せるものなら治したいものですよね。

この記事のテーマでもあります。

 

 

しかし、残念ながら金属アレルギーは一度なってしまったら完治することは出来ません。

ただ、アレルギー反応を極力起こさないようにすることは可能です。

 

それは純粋に自身の身体に反応する金属を身に付けないということです。

あとはちょっとでも反応するようでしたらすぐにアクセサリーを外すなどの対策をすること。

 

当たり前のことですが、これが金属アレルギーを反応させない為の一番簡単な方法です。

 

それでも、金属アレルギーは気になるけれど、ピアスやネックレスをつけておしゃれを楽しみたいという人はアクセサリーの素材の選び方に気をつけることが大切です。

 

通常、金属でも金やプラチナ、銀などは比較的アレルギーを起こしにくい金属ですが、金属でもチタンが最も安全だといわれています。

 

ですので、チタン製の物を選んで使用してみるのもいいかもしれません。

他に反応しずらいものは白金やプラチナ、タンタル、ジルコニウム、ステンレスなどがあります。

 

反対に金属アレルギーを起こしやすい金属として、ニッケルやコバルト、クロム、銅、亜鉛、真鍮、水銀、バラジウム、スズなどがあります。これらは避けて使用しましょう。

 

また、ピアスはポスト場合は長さがポイントになって、耳たぶを圧迫するような状態のピアスはアレルギー状態を起こしやすくなります。

 

長めのゆとりのあるものを選ぶようにします。

 

金属アレルギーを防ぐ方法は、自分の症状が金属アレルギーなのかどうかをはっきりと知ることが必要になってきます。

そのためにも身につける貴金属の種類を変えてアレルギーを防いでいきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントは2件です

  1. 永野レイナ より:

    その金属アレルギーを治すのは
    無理とゆっていますが、本当に無理なの
    でしょうか。金属アレルギーの人は
    けしてなりたくてなったわけではありません。
    でもこのサイトをみて治せると思ったら
    治療法がないです。ってこのサイトの名前は
    金属アレルギーを治すなのに、なおせません。
    ってそれなら
    サイトの名前を金属アレルギーを治す方法
    なんてかかないでください。
    私もこのサイトをみて治せると思ったら
    治療法がないです。ふざけすぎです。
    サイトの名前かえたらどうでしょうか。

    すいません。
    上から目線で。

    • netalif より:

      当サイトをご覧頂きありがとうございます。

      誤解を与えてしまった内容であれば申し訳ありません。
      ご指摘された内容や記事名の変更、書き直しを検討させて頂こうと思います。

      以後、不愉快になるような記事ではなく、参考になる記事を追加していく事を努めていこうと思いますので、よろしくお願いします。

      貴重なご意見ありがとうございました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: