飛蚊症 治る

neta-life【ネターライフ】

飛蚊症は治るの?治療法と改善方法!

読了までの目安時間:約 7分

339729
飛蚊症(ひぶんしょう)という名前を聞いたことがある方は多いと思います。

 

視界を何かがちらつく感じがするという実際の症状は、さらに多くの人が体験しているでしょう。

 

それでは飛蚊症はなぜ起こるのか?

治療法や改善方はどういったものがあるのか?

 

この記事では飛蚊症について紹介します。

 

Sponsored Link

 

飛蚊症はどんな症状が出るの?なぜ起こるの?

飛蚊症は「蚊が飛ぶ病気」という名前の通り、視界に何かふわふわと浮いているものが見える症状です。

 

よく白いもの、黒いもの、透明で輪郭のある何か、のような線状であったり点状のものが視界をちらつくという風に表現され、目を動かすといなくなったりするのが特徴です。

 

この視界にちらつく何かの正体は簡単に言うと目の中のゴミです。

 

これは目にゴミが入ったと言うときの目の表面につくゴミとは違い、眼球の中のゴミです。

 

眼球の中には硝子体(しょうしたい)と言う卵の白身のようなゼリー状の物質が詰まっています。

 

硝子体の99%以上は水分で、他にも繊維のような物質もはいっています。

 

この硝子体は透明なので若いときは何も問題なくクリアに見えるのですが、年をとるにつれて硝子体の中で水分と繊維の分離が起こります。

 

するとこの繊維の塊が目の中をふわふわと漂い、視野を遮るようになります。

 

飛蚊症のときに見える小さいゴミような何かはこの繊維の塊です。

 

そのため、目線をさっと動かすとふわふわ浮いている繊維の塊も動いてしまうので、この小さいゴミのようなものは見えなくなります。

 

飛蚊症の原因のほとんどは加齢によるものであり、生理的飛蚊症と呼ばれます。

 

これは紫外線などから受けたダメージで繊維と水分の分離が起こり、加齢によってこのダメージが蓄積することで症状が出たり、加齢に伴ってこの繊維の塊を分解する酵素の分泌が減ってしまうことで繊維の塊が目の中にたまってしまうことで起こります。

 

そのためまた、まだ関連は明らかではないのですが、現代人はパソコンや携帯電話などを使うため、目を酷使することが多買ったり画面からのブルーライトなどによりダメージを受けることが多いので、今後飛蚊症の発症年齢の低下や発症数の増加などが心配されています。

 

それ以外にも目の病気のときに症状として飛蚊症が起こることがあります。

 

一つは網膜裂孔や網膜剥離といった目の網膜に障害が起こる病気のときで、このときに網膜の毛細血管が破れて出血するために飛蚊症のような症状が起こることがあります。

 

飛蚊症が急速に進行していく場合にはこれらの病気の可能性があり、最悪の場合失明する可能性があるのですぐに眼科にかかるようにしましょう。

 

また、原因は不明なのですが10代20代から飛蚊症が出てくる方もいるようで、これは遺伝によるものと考えられています。

 

Sponsored Link

 

飛蚊症は治せるの?自力でも治せる?

飛蚊症は眼の中に溜まったゴミが原因ですので、これを取り除くことが治療になります。

 

この治療には手術が行われるのが一般的です。

 

手術で眼球の中の硝子体を取り除き、新たに水晶体の代わりになる物質を注入することで治療します。

 

これにより飛蚊症は治るのですが、しかし、飛蚊症の手術は眼球にメスを入れたりする必要があるのでどうしてもリスクは避けられず、網膜剥離などが合併症として起こる可能性もあります。

 

また、手術により目の中で炎症が起こり白内障といって目のレンズが白く濁って視界が悪くなる病気のリスクが上がることが知られています。

 

そのため、飛蚊症があっても視力の低下がなく日常生活に支障がない場合には手術せずそのまま放置することが一般的です。

 

意外ですが、飛蚊症は脳が次第にそれに慣れてゴミのようなものを気にしなくなるため、放置している間に症状が改善することが多くあります。

 

 

また、中には白内障の手術や網膜剥離の手術などと同時に飛蚊症の手術を受ける方もいます。

 

現在、新しい治療法としてレーザーによる治療法が開発され実際に行われています。

 

これはもともと海外で発明されたもので欧米などではよく行われており、日本でも2013年から施術することができる病院が出てきました。

 

この治療は眼にレーザーを当てることで繊維の塊を壊して再度バラバラにすることで飛蚊症を改善するというものです。

 

注意しないといけないのはこの治療法によって100%の人が治るというわけではなく、4割程度の人は効果が実感できなかったり効果が出るまでに何回もレーザーを照射しないといけないことがあります。

 

また、レーザーを照射したからもう飛蚊症にならないというわけではなく、また飛蚊症になることも十分に起こりえます。

 

また、視界をちらつくゴミが完全になくなるというわけではなく改善されるというだけである程度は症状が残ってしまうことにも注意が必要です。

 

新しい治療法であるために費用も高く、初回のレーザーでは両目で30万円、それ以降は10万円ほどかかるようです。

 

費用と効果を十分に理解した上で受けるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: