首 しこり

neta-life【ネターライフ】

首の付け根のしこりが痛い!頭痛や腫れがある場合は注意!

読了までの目安時間:約 8分

166446

 

首は普段は意識する事は少ないですが、頭と体をつなぐ大切な部分です。

 

しかし、日頃肩こりや寝違えなどのせいもあり、ちょっとした異常に慣れている為、首まわりの異常には無頓着な人が多いようです。

 

首と頭の間には多くの筋肉があり脊髄や大事な血管も通っている重要な部位です。

 

重要な異常を見逃してしまうと大変なことにも為りかねません。

 

今回は、そんな首の付け根のしこりが実は重要なサインである病気について紹介します。

 

Sponsored Link

 

首にはどんな構造がある?首の異常はヤバイ?

首には生きていく上で重要なものがこれでもかってぐらいたくさんあります。

 

・空気の通り道である気道

・食べ物の通り道である咽頭、食道

・脳、顔面に血管を届けるための頸動脈とそこから血液を受取るための頸静脈

・甲状腺などのホルモン分泌臓器

・脳からつながり体中に指令を届ける脊髄や脳神経

・首を180度ぐるぐると動かすために必要な様々な筋肉

・リンパ節

 

このような様々な構造が存在しています。

 

首のような細い部位にこんなに多種多様な構造が存在しているなんてすごいですよね。

 

普段我々が感じる首回りの異常といえば肩こり、首の寝違えなどですが、これらは筋肉に起こる異常であり、筋肉がただ疲労していたり傷ついていたりするだけなので特に問題は起こしません。

 

しかし、首の付け根のしこりの場合には筋肉ではなくリンパ節の腫れが考えられます。

 

それではリンパ節が腫れる病気はどのようなものがあるのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

首の付け根のしこりだけ?それとも他の部位や全身も?

 

まず首の付け根のしこりを見つけた場合は全身の他のリンパ節も触ってみましょう。

 

自分で触って分かりやすい部位は足の付け根といった股間の辺りの鼠径リンパ節や、顎の下の顎下リンパ節、耳のしたの耳下リンパ節などです。

 

ここも腫れていた場合、特に鼠径リンパ節も腫れていた場合には首回りだけでなく全身のリンパ節の腫れの可能性が高いです。

 

次にリンパ節を触って痛いかどうかを確認しましょう。

 

これは目安でしかないのですが、リンパ節が腫れていて触って痛い場合には炎症によるリンパ節の腫れ、痛くないときには腫瘍によるリンパ節の腫れである可能性が高いと言われています。

 

ですので、体中の様々な部位のリンパ節が腫れている場合には全身で炎症が起こっている場合が考えられます。

 

感染症の中ではインフルエンザなどの有名なものでも腫れますし、結核や伝染性単核球症などの重い病気でも腫れることがあります。

 

感染症以外では全身性エリテマトーデスや慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患で腫れることもあります。

 

首回りのリンパ節のみが腫れている場合は、重めの風邪やインフルエンザなどが考えられます。

 

これらの場合には感染症であれば熱がでたり、全身性エリテマトーデスでは顔などに赤い斑点ができたり、慢性関節リウマチでは全身の関節が腫れたりなどの別の症状もでるので分かりやすいことが多いです。

 

Sponsored Link

 

腫れているのは首だけ?熱は無いのに頭は痛い?

237167

首のリンパ節が腫れているのに熱が出ないときや、口の中を見ても扁桃腺が腫れていない場合などは感染症の可能性は低くなります。

 

代わりに考えられるのが頭頸部癌です。

 

頭頸部癌とはその名の通り、頭や首にできる癌なのですが、なかでも喉頭、咽頭などにできる場合が多くあります。

 

これらの部位に対応しているリンパ節は首の付け根などにあるため、この部位に腫瘍が存在する場合には首の付け根のリンパ節が腫れて来ます。

 

癌の場合にはリンパ節が腫れて痛くなることは少ないのですが、腫れが急速である場合や、周囲にまで浸潤している場合には痛みを伴うことが知られています。

 

また、癌が多くなりリンパ節に転移し大きく腫れ始めると、頸の神経を圧迫し始め手足にしびれが生じたり、首の周りや頭に鈍い痛みが走ることがあるのでこれらの症状がある方はすぐに病院にかかりましょう。

 

頭頸部癌のうち喉頭癌はタバコを吸う方、咽頭癌はウイスキー、ブランデー、テキーラ、ウォッカなどの度数の強いお酒を飲む方には発生しやすいので特に注意が必要です。

 

頭頸部癌はリンパ節の腫れがひどくなり痛む前にも小さいしこりができているケースが多いです。

 

それに気づかずに徐々に大きくなり、そのうち美容室や床屋に行き店員さんから首が腫れている事を指摘されたり、痛みを伴うようになってから気づく方が多いのですが、このようなケースでは癌はある程度進展しています。

 

どのような癌でも早期に発見しすぐに治療する事が一番大事で、治癒する確率を高めたり、生存する期間を長くしたり、手術で切除する部位を少なくすることができます。

 

頭頸部癌の場合には、空気の通り道である喉頭や、空気と食べ物の通り道である咽頭などの腫瘍なのでこれを切除で取るとなるとほんのちょっと切除するだけでいい早期の癌か、幅広く摘出する必要のある晩期の癌かで手術による合併症も大きく変わってきます。

 

喉頭の摘出の場合には酷いときには声を出せなくなってしまいますし、咽頭癌の場合には食事を楽しむ事ができなくなります。

 

まさか自分がと思っている方も多いと思いますが、こういった病気にかからない為にも、日ごろから検診を行なったり、違和感を感じたら早めの通院とをするようにしていきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: