おばさん体型を解消するダイエット法!克服するにはこの方法!

496772

おばさん体型というと、皆さんはどんな体型を想像しますか?

多くが背中やお尻に余計なぜい肉がたっぷりついて、全身のお肉が下がってきている締まりのない体…

こんな様子をイメージするのではないでしょうか。

このおばさん体型だけでもダイエットを意識して改善していくことで、ずいぶん若々しい見た目を作っていくことができます。

顔はメイクでごまかすことができますが、体型だけは努力してダイエットしていかないとどうにもならない!

若い人たちに「あの人、どうせ毎日部屋でゴロゴロしながらテレビばっかり見てるからあんな体型になっちゃったんでしょ」と思われないようにするため…

おばさん体型を克服するダイエット法について、詳しく説明していきたいと思います。

Sponsored Link

おばさん体型ってどんな感じ?

それでは実際のおばさん体型どういった体型のことを言うのか?

これはもちろんですが、若い人が言っているだけで明確な基準はありません。

ですので、おばさん体型の特徴について若い人たちのイメージをまとめてみました!

下着からお肉がはみ出ていている!

多くの若者が「この人、おばさん体型だなぁ」と感じる部分は、ズバリ背中などを見たときに下着からお肉がはみ出ていて、服の上からでもハッキリ見えてしまっているという点でした。

確かに下着がお肉に食い込んでいる姿というのは締まりがなくてかなり残念ですよね。

特に背中のお肉は一度つくとなかなか取れにくいと言われています。

長年の運動不足や食べ過ぎが積み重なって、お肉も同時に積み重なってしまったといった感じでしょうか。

お尻が下がっていて足が短く感じる!

体の中でも重力に負けてしまって垂れやすい部分といえば、やはりお尻ですよね。

お尻が下がってくると、太もも部分に垂れたお肉がもたれかかってくるような感じになるので、結果的に足が短く見えてしまうのです。

特にパンツスタイルの場合はお尻の線が見えやすく、垂れているか一発でわかってしまうので要注意です!

かといってお尻の線を気にしてスカートばかりを履いていると、それに慢心してますますお尻が垂れてきてしまいます。

普段目に見えない部分ですので、なかなか手が届きにくいということもおばさん体型になってしまう原因かもしれませんね。

お腹が出ていてウエストのくびれが無い!

おばさん体型はお腹がぽっこり出ていてウエストがほとんど無い「ずん胴体型」になっていることも多いです。

横から見るとまるで妊婦さんのようにお腹が丸く出ているので、ボトムスの上部が盛り上がって見えてしまうのです。

またウエストのくびれが無いことで体にフィットしたような服が着られなくなり、必然的にウエスト部分を隠すチュニックなどを着るようになってしまいます。

Sponsored Link

姿勢を正して猫背を治す!

おばさん体型は意外と猫背気味の人が多いので、その分お腹もより出ているような感じになってしまいます。

これは上半身にぜい肉がついたことで体重が重くなり、その重心が前に行ってしまうため猫背になってしまうのです。

猫背になると、全体的にくたびれた印象になってしまうために余計おばさん的な雰囲気が増してしまいます。

そこで猫背を治して姿勢を正していくことをまず実践していきましょう。

でも、いくら体型を改善するためとはいえ、毎日大変な思いまでして猫背を治していく気にもならない…

そんなときには、超手軽にできる背筋を伸ばして猫背を克服する方法を試してみてください!

椅子に座るときに、なるべく浅く腰掛けて背もたれにクッションを入れて座るだけなんです。

こうすることで、腰が曲がらずに座ることができ、背中から首までまっすぐに保たれます。

またこのエクササイズは姿勢が良くなることで骨盤のズレも防ぐことができ、下半身のたるみを予防することができるのです。

誰でもできて体に負担もかからないような方法なので要チェックですよ!

Sponsored Link

食生活にも気をつけて!

553889

おばさん体型を改善するために欠かせないことといえば、やはり食生活ですよね。

30歳を過ぎたらどうして太りやすくなるのかというと、女性をキレイにしてくれるホルモンであるエストロゲンが減少してくること…

そして基礎代謝がだんだん落ちてくるので、一度ついた脂肪がなかなか落ちないということになってしまうという2種類の原因があります。

食事としては、甘い洋菓子などは控えて和食を中心とした野菜たっぷりのメニューを意識していくことが大切です。

洋食ではカロリーが高過ぎますし、圧倒的に野菜量が不足してしまいます。

朝はパンよりもご飯に味噌汁といった和食を食べるようにし、夜は脂っこいものは避けて洋食と和食のメニューを2:8くらいに設定しましょう。

間食はダイエットにおいて一番の敵ですから、なるべく口の中に長く止まってくれるもの…

例えばノンシュガーのガムやおしゃぶり昆布などを食べるようにすると、口寂しさを解消してくれます。

姿勢を正すところから始まり、骨盤を矯正することで下半身太りを予防して、食生活にも気をつける…

おばさん体型にならないためには、日常生活の中でも常に意識していく必要があるのですね!

しっかりひとつひとつ実践して、おばさんと呼ばれる年齢になってもスリムな若々しい体でいたいものですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA