キズパワーパッド 顔

neta-life【ネターライフ】

キズパワーパッドは顔にも貼れる?やけどやニキビには?

読了までの目安時間:約 7分

257805

目立ちにくい部分の怪我ならまだしも、顔や手などの露出の多い部分を怪我するとテンションが下がりますよね。

 

しかも跡に残るような傷ならなおさらです...

 

そのような場所の傷跡は、なるべく早めに治してすっきり跡形もなく消し去りたいものですが、果たしてどうやったら傷跡が残らずに怪我を治癒することができるのでしょう。

 

そんな時に便利なのが「キズパワーパッド」

 

短期間できれいさっぱり傷跡がなくなるということで話題です。

 

また、このキズパワーパッド、やけどやニキビ跡にも効果的なんだそうです。

 

今回は、キズパワーパッドで治せる怪我や、使用上の注意点についてお話しします。

 

Sponsored Link

 

湿潤療法という画期的な治療法で、従来よりも早くきれいに!

キズパワーパッドで傷を治す仕組みって、一体どうなっているんでしょうか。

 

これは「湿潤療法」という、怪我した部分の潤いを保つことによって、肌本来の自然治癒能力を高め、キズを治すという治療法なんだそうです。

 

キズ部分を乾燥させず、潤沢にしておくことで、傷口から浸出液(傷を治そうとする体液)が出てきます。

 

キズパワーパッドには「ハイドロコロイド」と呼ばれる特殊な素材が使われており、この素材が、体液の流出を防いで、傷の治りを早くしてくれるのです。

 

従来の治療法だと、まず傷を消毒し、乾燥させて、かさぶたを作るというやり方になりますが、かさぶたは時々はがれたてしまうので、傷の治りが遅くなってしまいます。

 

また、かさぶたが取れた後にも、跡が残ってしまうので、少し残念ですよね。

 

特に大人になってからの傷跡は治るのに時間がかかるので悩ましいところ...

 

そんな悩みが、このキズパワーパッドを使用することで解消できそうです。

 

Sponsored Link

 

こんな怪我にはNG!使用する際には注意が必要!

しかし、すべての傷に対し効くというわけではなく、むしろ誤った使用法を行うと悪化する恐れがあるので、使う際は慎重になる必要があります。

 

ここではそんなキズパワーパッドの注意点を一つ一つ詳しく説明していきます。

 

化膿した傷に使ってはダメ!

 

キズパワーパッドは受傷したばかりの傷に対し、効果をなすもので、化膿した傷に使用してはダメです。むしろ悪化させてしまう恐れがあります。

 

化膿した傷や、深い傷の場合はお医者さんに診てもらうようにしましょう。

 

消毒液を使ってはダメ!

 

基本的に消毒液は、皮膚の表面にいる良い菌も悪い菌も殺菌してしまいます。

 

そのため、新しい皮膚を作ろうとしている皮膚の再生細胞の働きも弱めてしまうのです。

 

皮膚の再生細胞が破壊されてしまうと、それだけ皮膚の再生に時間がかかるということになります。

 

特にキズパワーパッドのように、肌そのものが持つ自然治癒能力を利用して、傷を治そうとするものを使用する際には、消毒液を使用するのは絶対NGです。

 

また、消毒液を使用すると、パッドがはがれやすくなり、はがれたところからばい菌が侵入してしまうので、その意味でも消毒液の使用はだめなんです。

 

ばい菌の侵入に注意!

 

ばい菌が入ってしまうと、治りが遅くなったり、化膿してしまう恐れがあります。

 

基本的に、キズパワーパッドは最長5日間つけることが可能とされていますが、長くつけていると端からずれてきて、その部分から菌が入る恐れがあるので、できれば1日に1回は付け替えることをおすすめします。

 

顔にも腫れるの?

476400

顔の傷も受傷したてであり、化膿していなければ使用できます。

 

むしろ顔の傷は跡が残ると恥ずかしく、気分も落ちるので、キズパワーパッドのような、跡を残さない治療法を用いることをおすすめします!

 

貼ったまま外出するのは恥ずかしい・・・と思うかもしれませんが、ここは我慢。

 

完治するまでは恥ずかしくてもつけ続けてください。

 

また、ついつい顔をこすってはがれちゃったということもないように気を付けてくださいね。

 

傷跡の定番「ニキビ跡」「やけど」には効果ある?

 

ニキビ跡・・・一度できてしまうとなかなか消えないですよね。

 

実はそんなニキビ跡にもキズパワーパッドは効果的なんです。

 

ニキビの後の上に適度なサイズに切って顔に何日間かつけてあげることで、跡が引いていきます。

 

最短で3日で治ったという人もいるんだとか。

 

また、説明書にはニキビへの使用はNGと書いてありますが、これは潰れる前のニキビのことであって、潰れて膿が出てしまったものは通常の怪我と同じなので、使用しても大丈夫なんだそうです。

 

もちろんやけど跡にも効果的です!

 

しかし、深度ⅠからⅡのやけどへの処置として可能ですが、それ以上の深さのものだと対応できないので、お医者さんに相談してみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。従来の怪我療法を一新したキズパワーパッド。

 

正しく使えば治りが早く、跡も残らず便利なので、一家にひと箱常備しておくといいかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: