シートマスク 時間

neta-life【ネターライフ】

シートマスクの時間は?長時間やると肌に逆効果!

読了までの目安時間:約 7分

086102

お風呂上がりのスペシャルケアとして大活躍のシートマスク

 

最近ではリーズナブルなものを良く見かけるようになり、より身近なものとなってきました。

 

安いものだと1枚100円などで手に入るので、ほぼ毎日のようにケアしている人も多いのではないでしょうか。

 

わたしも、様々な香りのシートマスクをまとめ買いして毎日楽しみながらケアをしています。

 

でもシートマスクでケアをする時間なのですが、パッケージ裏面の説明を見てみると装着時間は10分以内と書かれていますよね。

 

でも、イメージ的に美容成分が肌に浸っている時間が長ければ長いほど良さそうな気もします。

 

しかし!実は、このシートマスクは説明通りに使用しないと逆に肌にとって負担になってしまうことがあるのです。

 

そこで今回は、シートマスクをつける時間の注意点、そして正しいケア方法についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

シートマスクを長時間つけるのは避けよう!

シートマスクは美容成分がたっぷり含まれているので、肌が乾燥していたり疲れていたりした場合にはなるべく長い時間つけていたほうが良さそうですよね。

 

しかし、シートマスクの説明書きにある装着時間は10分以内…

 

これには、実はきちんとした理由があるのです。

 

シートマスクは美容成分をたくさん染み込ませているために、吸水性がとても高くなっています。

 

吸水性が高いということは…シートマスクの水分が肌に移ったあとに、今度はシートマスクが肌の水分を奪おうとしてしまうのです。

 

シートマスクの美容成分や水分が肌に浸透するのが、だいたい5分〜10分だと言われているためこのくらいの装着時間を守るよう明記されているのです。

 

わたしも、昔は「こんなに美容成分がたっぷり入っているのに、10分やそこらではがしちゃうのはもったいない!」とか…「むしろシートマスクをつけたまま寝たら、一晩中保湿できる!」なをて無知なことを考えておりました。

 

このように長時間シートマスクをつけることで肌が余計に乾燥してしまい、乾燥することで肌のバリア機能が弱くなって肌荒れを起こしやすくなるという悪循環に陥ってしまうのですね。

 

使い方が明記されているということは、そのシートマスクの最大限の効果が得られる時間ということです。

 

そのため、ちょっと時間的に物足りないと思うかもしれませんが、しっかり装着時間は10分以内にするよう守りましょう!

 

Sponsored Link

 

シートマスクをつける前にしておくこと

シートマスクの効果を最大限に活かすために欠かせないこと、それは事前の洗顔です。

 

しっかりメイクは落としておいて、キレイな肌に美容成分が吸収されやすいよう準備をしておきましょう。

 

クレンジングをする際は強くこすらずになでるようにして、優しくメイクオフしてください。

 

特にデリケートな部分である目は、アイメイク専用リムーバーを使って摩擦が加わらないようしっかりコットンで拭き取ってください。

 

また、この洗顔後の最大のポイントが「毛穴を開かせておく」ということです。

 

毛穴が開いてあることで、そこから美容成分がどんどん吸収されていきます。

 

メイク落としと洗顔が終わったら、ホットタオルなどで顔を温めて毛穴を開かせるようにしましょう。

 

お風呂上がりの使用であれば、入浴によって毛穴が開いている状態なのでシートマスクを使うにはベストです。

 

ただ、ここでひとつ注意点があります。

 

良くお風呂に入りながらシートマスクを使ってケアしている人がいますが、これはあまり効果を十分発揮できません。

 

入浴中は毛穴から汗をかいているので、せっかくの美容成分を吸収しにくくなってしまうのです。

 

シートマスクによるケアは入浴中おこなうのではなく、入浴後に化粧水と美容液をつけてからおこなうようにしましょう。

 

ケアの順番としてはクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、シートマスク、乳液といった感じです。

 

シートマスクのケア後はどうする?

095214

 

シートマスク後の肌というのは潤いに満ちている反面、とても乾燥しやすいデリケートな状態となっています。

 

そのため、せっかく肌に浸透させた水分や美容成分を逃すことがないように乳液の油分でフタをしてあげます。

 

ただ、乳液ではテクスチャーが柔らか過ぎてきちんと肌にフタをできているのか不安…という場合には、ちょっと硬くて重めのテクスチャーのクリームを塗るようにしてください。

 

特に冬は空気が乾燥して水分が蒸発しやすいので、注意するようにしてくださいね。

 

またシートマスクは10分くらいと、乾かないうちに剥がしてしまうのでマスク自体に美容成分がたくさんまだ残っています。

 

そこで、体の乾燥が気になる場所…例えば肘や膝、お尻などに剥がしたシートマスクを塗りつけてみてください。

 

こうすることでフェイスケアだけでなく、ボディケアも同時にできてしまうなんて一石二鳥ですよね!

 

シートマスクによるスペシャルケアをするときには、マスクの効果を最大限活かすためにきちんと装着時間を守りながらケアしていきましょう。

 

美容成分は欲張っては逆効果なので、余ったものは体に使って余すところなく活用していってくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: