ダイエット 顔 痩せない

neta-life【ネターライフ】

ダイエットで顔が痩せない人必見!顔を変化させる方法!

読了までの目安時間:約 12分

554431

 

夏になると肌の露出も増えてダイエットに磨きがかかります。

 

半身浴に有酸素運動。

 

毎日続けて、体重が減るととてもうれしいですよね。

 

しかし、なんだか全体がアンバランス。

 

なんでだろう?と考えてみると、顔が全然変化していない!と気づく人もいます。

 

あんなにダイエットしたのに、顔だけ変わっていない!となると、たとえ体重が減っても嬉しさ半減ですよね( ;∀;)

 

顔は、第一印象を決める大切なパーツ。

 

せっかく、ダイエットをしたなら顔にも変化をつけましょう!

 

顔が痩せない人も、顔痩せできる方法があります。

 

ダイエットしても顔が変化しない原因と、顔ダイエットの方法をご紹介します(^^)/

 

Sponsored Link

 

ダイエットしても顔が痩せない!原因は?

誰でも憧れる、小顔。

 

顔が小さいと写真写りもよく見えますよね。

 

でも、私顔が元々大きいから無理……と、諦めていませんか?

 

顔は痩せにくい場所といわれています。

 

ですが、しっかりと効果がある顔痩せを続ければ、必ず痩せる場所でもあるのです!

 

顔が太っていると、体が痩せていても「ぽっちゃりだね」「太っているね」と見られてしまいます。

 

なんだか、損ですね(/_;)

 

顔太っている原因って、実は1つじゃないのです。

 

主な原因をいくつかご紹介します。

 

むくみがある

 

顔がむくんでしまうのはアルコールの飲みすぎや、顔に老廃物が溜まっているのが原因です。
リンパや血管に扶養な水分が溜まってしまい、顔が大きくなってしまいます。

 

むくんだまんまでいるとそのむくんだ顔が定着してしまうので、むくんだときはしっかりと老廃物を流したいものです。

 

脂肪がついた

 

顔に脂肪がついても大きく見えてしまいます。

 

顔に脂肪がつくという人のほとんどは、身体全体が太っている傾向があるのです。

 

特に顎肉に変化が出やすく、自分で鏡を見て気づく人が多いのではないでしょうか?

 

運動不足・筋肉がない

 

運動不足や表情筋が衰えている場合も、顔が痩せない原因とされています。

 

最近、笑っていますか?

 

表情筋は日ごろから動かしていないとすぐ衰えてしまいます。

 

適度な運動をし、顔に汗をかくだけでなく、喜怒哀楽を大切にした生活も重要です。

 

顔にゆがみがある

 

顔のゆがみは姿勢の悪さからきています。

 

頬杖をよく付く人は、要注意。

 

手圧によって、顔の1点に圧力がかかる状態を続けていると、顔のバランスが崩れて顔が太りやすくなります。

 

他にも、肩掛けバックや片方の手で鞄を持つ癖が付いている人も、身体のバランスが取りにくい姿勢に。

 

横向きで寝ることが多い人も、片方の顔に重心があるためゆがみやすいといわれています。

 

Sponsored Link

 

原因別!顔痩せする方法とは?

原因があれば、改善方法もあります。

 

自分が、どの原因に当てはまるのかを知り、改善していきましょう。

 

原因別に顔痩せの方法をご紹介します。

 

むくみがある

 

顔がむくんでしまっている人は、リンパマッサージをしてみましょう。

 

でも、エステに通っている時間もお金もない……という人もいるでしょう。

 

大丈夫です!

 

リンパマッサージは、やり方さえ知っていれば自宅で簡単にできます。

 

1.顔を蒸しタオルで温めておく
2.人差し指と中指を使って両手で円を描くように目の周りをマッサージする
3.目頭を軽く押さえて5秒キープ
4.こめかみを中指で押す
5.顎ラインを人差し指、中指、薬指を使って上に引き上げるようにマッサージする
6.手の腹を使って頬骨を上に引き上げる
7.顎から鎖骨へ指を流すようにマッサージする

 

この手順を1日1回続けてみましょう。

 

早いと1週間で効果が出てきますが、焦りは禁物。

 

少なくとも、1ヶ月は続けて行うのが良いですね。

 

お風呂で行う場合は、半身浴をしながらがおすすめです。

 

リラックスした状態で、1日頑張った自分へのご褒美であると思いながら行ってみてください。

 

リンパマッサージをする際、マッサージクリームを使用しても良いですね。

 

匂いがついていると、更にリラックスした状態でマッサージできます。

 

お気に入りのクリームを見つけてみてください(^^

 

マッサージを行うとき、手に力は必要ありません。

 

肌を滑らせるように、優しくマッサージを行いましょう。

 

利尿作用のある飲み物を、定期的に摂り入れるだけでも、むくみ改善になります。

 

飲み物なら、マッサージよりも気軽にできそうですね。

 

カフェインの含まれている飲み物は、利尿作用が期待されています。

 

Sponsored Link

 

脂肪がついた

 

全身に脂肪がついたため、顔も太ってしまった場合、どうすれば顔痩せできるのでしょうか?

 

やはり、計画的なダイエットが必要と言えます。

 

元々、ダイエットとは、減量をするものではありません。

 

ダイエットと聞くと、「ご飯を減らして、運動たくさんして、高いエステに通い」と続きそうにない行動を上げる人がいますが、そうではないのです。

 

確かに、ご飯を食べすぎているのなら、減らす必要があります。

 

運動を全くせず過ごしているのなら、運動をしなければいけません。

 

しかし、それは健康を保持するために必要な行為。

 

ダイエットとは、健康を保持するために食事をコントロールしたり、軽い運動をしたりするものなのです。

 

まずは、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

3食、時間を決めて食べていますか?
間食はどのくらいしていますか?

 

甘い飲み物が中心の生活になっていませんか?

 

思い当たるふしがある人は、食生活を改善してみましょう。

 

・3食よく噛んで食べる
・3(朝食):2(昼食):1(夕飯)の比率が好ましい
・食べる順番は、食物繊維タンパク質炭水化物
・できるだけ、お茶など糖分のない飲み物を摂取する
・間食はコントロールしながら食べる
・塩分の多いものは控える
・カリウムが含まれる食材を積極的に摂る

 

間食するな、とは言いません。

 

だって私自身、間食が生きがいだから……( ;∀;)

 

適度な間食は、ストレス発散にもなります。

 

むしろ、間食を我慢しすぎてストレスが溜まり、太ってしまう人も。

 

適度な間食は、ストレス解消になるので、むしろ推奨します(^^)/

 

運動不足・筋肉がない

 

運動不足や表情筋が硬い人は運動を習慣付けましょう!

 

「あいうえお体操」という表情筋を鍛える体操があります。

 

やった分だけ、効果が期待できる体操なので、朝鏡を見ながら、トイレに行ったとき、夜お風呂で、など気づいた時にしてみましょう。

 

あいうえお体操とは、大げさに口を使って「あいうえお」の形を作るものです。

 

声は、出さなくても効果があります。

 

「あ」は、口を大きく開け、顔を広げるイメージで行います。
「い」は、笑顔を作る要領で、口角を上げましょう。
「う」は、ぎゅっと口をすぼめて、顔の中心にパーツを寄せ集めます。
「え」は、口を開き、舌を外に出してください。
「お」は、唇で縦長の円を作りましょう。

 

この動作は、5秒×2回か10秒ずつ行い1セットとします。

 

1日、少なくとも、2セットは行いましょう!

 

舌を出して、ぐるぐる回す運動も効果的です。

 

時計回りにまわしたら、次は半時計回りにする、といったバランスの良い手順で行ってくださいね(^^

 

顔にゆがみがある

 

顔にゆがみがある人は、姿勢を改善してみましょう。

 

猫背になっていませんか?

 

鏡で上半身を写すと、どちらかの肩が上がっていませんか?

 

鞄を持つ時、いつも同じ手に持っていませんか?

 

姿勢を改善するには、日ごろから意識しなくてはいけません。

 

背筋を伸ばす、片方に重心を持ってこない等、意識するのは慣れるまで大変な人もいます。

 

全部一気にやろうとせず、少しずつ改善できると良いですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: