ファーストピアスが外れない?外す時期や外し方のコツ!

230651

初めてのピアス。

意気揚々と開けてみて、いざ外そうと持ったら「あれ?外れない?」…

ファーストピアスを付けたのはいいものの、意外と外す方法を知らないという方が多いようです。

確かにファーストピアスって外れにくく出来ているので、外そうと思っても中々外れなくてちょっと焦りますよね。

今回はそんなファーストピアスの外し方はもちろん、正しい外す時期やケア方法をご紹介します!

Sponsored Link

ファーストピアスの期間や外す時期は?

ファーストピアスを外す時期ですが、病院で言われているのは耳たぶの薄い人の場合は4週間、耳たぶの厚い人の場合は6週間はファーストピアスをつけたままにしておくように言われます。

とは言え、耳たぶの厚さの基準なんて分かりませんし、耳たぶの薄さといっても期間は個人差もあったりするでしょう。

実際は6週間経過して外すことがあってもピアスホールというものはまだまだ不安定な場合が多いです。

慎重にファーストピアスを外すのであればベストな時期として3ヵ月は必要です。

それはピアスを外したときにすぐに穴が塞がったりしない期間ですね。

 

また、ファーストピアスはしっかり3ヶ月経ってから外したとしても、ピアスホールが完全に出来たという訳ではありません。

確実にピアスの穴を作るのであれば、6ヵ月間はピアスは外さないようにしないと確実なピアスホールはできません。

これには理由があってピアスホールを作るには、ピアスで開けた傷口に薄い皮が張るまでの期間があります。

それが大体2週間から1ヵ月までの期間で第一治癒期間と言われます。

その為、一ヶ月程度でファーストピアスを外してしまうと薄い皮が張ってきただけなので、ホールがすぐに塞がってしまいます。

取り扱いによっては出血してしまう可能性だってあります。

そして傷口になった薄い皮がまわりの皮膚と同じくらいの丈夫な厚さになるまでの期間を第2治癒期間と言い、ホールがしっかりと完成されている状態です。

それが大体3ヶ月から6ヶ月とされています。

この状態になるとピアスを外していくときも傷はつきにくく穴が塞がることもありません。

そのためによく言われるファーストピアスをつけてから1ヵ月間という期間ではまだまだ、完璧なホールは出来上がってはいないということなんですね。

 

しかし、この第一治癒時期にファーストピアスを外してしまう人は案外多いです。

1ヵ月で不慣れな状態で付けたり、外したりを繰り返すことで穴を傷をつけてしまう場合が多いのです。

それならしっかりとホールが完成するまではファーストピアスを付けたままでいた方が安心だし、きれいなピアスホールをつくれるということでもあるでしょう。

仮にこの時期に外してセカンドピアスをつけたとしても、それは付けたり外したりということをせずに付けっぱなしにしておくことが大切です。

外すのが遅れてしまったと言う場合は特に問題はありません。

ピアスのホールの状態によりけりですが、何も異常がない場合は付けておいても大丈夫です。

中には1年以上付けっぱなしだという人もいますが、もしホールの中に汚れが溜まってしまうことなどがあれば石鹸などで洗っていつも衛生的にしてください。

Sponsored Link

外れなくなってしまった時の対処法、外し方のコツ

ファーストピアスの外し方のコツとしては「雑に扱って傷をつけないようにする」ということが大切です。

簡単に外し方の説明をしますね。

1.親指と人差し指を使ってピアスの頭をしっかりと抑えてください。

 

2.次にキャッチ分部を回しながらゆっくりと外していきます。

最初は回す力加減のわからない人も多いですが、ゆっくりと慎重に外すことが大切です。

ここでしっかりとしたピアスホールができていれば、他のおしゃれなピアスを付けてみてもいいでしょう。

しかし、もしも耳から黄色い分泌物が出ていたり、動かすことで痛みがある場合など症状がある場合には、耳たぶに炎症を起こしてホールが膿んでいる可能性があります。

この場合はピアスを外して皮膚を清潔に保つことが必要になってきます。

皮膚の化膿を防ぎ皮膚が自然に再生するのを待ちましょう。

できれば、チタン製やシリコン製の医療用のファーストピアスに付け替えるのがおすすめです。

皮膚の症状によっては病院で診てもらうということも大切です。

ファーストピアスを付けたあとの耳の状態はデリケートです。

触ってみても痛くない、赤みや腫れがない場合、分泌液が出ていない場合には次のピアスに挑戦してみましょう。

ピアスが外れなくなった場合の対処法

ファーストピアスを外す場合に「外れなくなった」という人は結構多いです。

それはファーストピアスというのは簡単に取れないようにキャッチ部分というのが硬めにできているからです。

無理やり外そうとしてピアスホールと格闘した結果「ピアスの穴を傷つけてしまった」という人もたくさんいます。

外れないときは自分で無理に外すのでなく、できれば友人などに外してもらったほうが安全でしょう。

どうしても一人で外さなければならない場合は小さな眉毛切りはさみなどを使います。

キャッチのわっか部分に小さいはさみを入れてから、はさみを広げるようにすることで簡単にファーストピアスは外せてしまいます。

Sponsored Link

ファーストピアスのケア、お手入れ方法

129122

はじめて開けたばかりのピアスホールは言い換えると「傷口」です。

しかも、すぐには外せず傷が塞がって穴があいて皮膚が再生するまではファーストピアスを付け続けなければいけません。

この期間にはずっと傷口はむき出しのままであるということを意識しておかなくてはいけません。

ファーストピアスのケアで大切なことは、毎日の消毒を心掛けることです。

下記のようなジェル状でファーストピアスの滅菌、除菌に使い勝手のいい消毒液を一つ持っておくのも良いかもしれませんね。

また、パーマやヘアカラーなどは薬品が傷口にかかるととても危険なのでこの期間は避けるようにします。

もちろん温泉やサウナなどは入れません。

プールやジムなどではアクセサリーを禁止しているところもあるので注意が必要になってきます。

 

他にも慣れないうちは少しのことでピアスをひっかけてしまうことも多いです。

寝ているときなど、身体を横にする場面では注意が必要です。

洗髪や寝る間もずっとつけたままであることからツメなど凹凸の少ないシンプルなデザインがおすすめです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください