メイク落としシートは肌に悪い?

neta-life【ネターライフ】

メイク落としシートは肌に悪い?肌荒れの原因はこれ?

読了までの目安時間:約 6分

194383

 

メイク落としシートは、仕事に遊びに忙しく駆け回っている女性にはとても便利なグッズです。

 

ところが、使い方を間違えると肌トラブルの原因になってしまうのをご存知ですか?

 

ここではメイク落としシートが原因で起こる肌トラブルなどについてお伝えし、正しい使い方などにも触れていきます。

 

Sponsored Link

 

メイク落としシートが肌に与える悪影響とは?

メイクを落とさずに寝ると肌年齢が5歳年を取る、とか、10歳年を取るとか、そういった怖い情報を耳にしたことはありませんか?

 

そのくらい、メイクをしたまま寝ることが肌に悪いということは皆さんよくご存知のことと思います。

 

メイクは朝に施して夜までの間ずっと肌にくっついているわけですが、外気や埃などに触れるとそれを吸着し、一日の終わりにはかなり汚い状態になっているそうです。

 

その状況は、顔に腐った食べ物が乗っているような細菌状態だそうです。

 

ですから、メイクを落とさずに寝ることは女性としてあってはならないことなんです。

 

女性は清潔できれいである方がすてきですもんね。

 

とはいえ、疲れて帰ってくるとお風呂はおろか、顔を洗うのが面倒でしかたないときって割とよくありますよね。

 

よくあるどころか、毎日その時間がしんどい、重い腰が上がらない、なんていう女性が、ほとんどかもしれません。

なぜなら私もそうだからです。

 

そんなときに重宝するのが、このメイク落としシートですよね。

 

いろんな化粧品メーカーが出しているので、誰でも使ったことはあるのではないでしょうか。

 

急なお泊りや旅行にも便利で、本当にいいですよね。忙しい女子の味方です。

 

しかしこのメイク落としシート、実はお肌にあまり良くないそうなんです。

 

どういうところが肌に良くないと言われているのでしょうか。

それは、

 

  • 拭き取りタイプなのでこすってしまい肌が乾燥してしまう
  • 洗い流さないから洗浄成分が肌に残ってしまう
  • 強くこすりすぎて目元など赤みを帯びてしまうことがある

 

他にも細かい問題がいくつかありますが、代表的なのはこの三つです。

 

確かにメイク落としシートでメイクを落として寝た翌朝の肌って、なんだかすっきり感にもしっとり感にもかけている感じがします。

 

また、独特の洗浄成分の匂いが残っていたりして、決して状態の良い肌とは言えないんです。

 

メイク落としシート、せっかく便利なのに、お肌によくないいくつかのデメリット、なんとかならないものでしょうか。

 

Sponsored Link

 

正しいメイク落としシートの使い方は?

では、メイク落としシートはどのように使用すれば肌に悪影響を及ぼしにくいと言えるでしょうか。

 

ポイントは4つです。

 

  • 強くこすらない
  • 落とし残しを防ぐためにじっくり時間をかけてふき取る
  • 最後にぬるま湯等で顔を洗う
  • 保湿をたっぷりする

 

とにかく、肌に良くないのが強くこすってしまうこと。

 

この強すぎる摩擦が、乾燥や赤みなどのトラブルを引き起こします。

 

ですから、摩擦を防止するために、例えばアイメイクなどのポイントメイクはぎゅうぎゅうやらずに、シートをのせてしばらく優しく抑えてから優しくふき取るようにすると、悪影響を最小限にできるでしょう。

 

少なくとも2分くらいのせてから拭き取るときれいにとれます。

 

また、③ですが、これがとても面倒くさいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

本来メイク落としシートってふき取ってそのまま寝ちゃえるところが優れポイントとして売れているんですよね。

 

ですが、この洗い流しをするしないで全然翌朝のお肌が違うんです。

 

クレンジングって本来、メイクや汚れを浮かせて洗い流すものなのですが、拭き取りタイプのメイク落としだと、拭き終わった後に洗浄成分などが毛穴に残ってしまうんですよね。

 

これが肌トラブルの原因になるというわけです。

 

ですから、面倒でも洗い流すことをおすすめします。

 

でも、だったら最初から洗い流すタイプのクレンジングをしてもあまり変わらないかもしれませんね。

 

毎日は、やめておいた方が賢明

とはいえ、拭き取るタイプのメイク落としはやっぱり便利です。

 

毎日でなければ、疲れてすぐに眠りたいときは、そのまま眠ってしまうよりは、メイクだけでも落として寝る方がましです。

 

毎日のスキンケアとしては適していないかもしれませんが、疲れた時の救世主、というように捉え、使用するといいでしょう。

 

Sponsored Link

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: