冬に激太りする理由は?冬太りを解消する方法!

冬と言えば送別会や忘年会、お正月にクリスマスなど、様々なイベントがあります。

「最近暴飲暴食気味かも・・・」「お腹の贅肉が増えたような・・・」「寒くて出歩く頻度が減ってしまった・・・」と思ったときには時すでに遅し。

体重計に乗ってびっくり!という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回は、冬に太る原因や理由、冬太りを解消する方法を紹介します。

Sponsored Link

太る原因とは?

人間が太る原因は「摂取カロリー」と「消費カロリー」にあります。

完結に説明すると、飲食で摂取したカロリーが消費カロリーを上回ると太るということです。

人間の体は、何もしなくても生命活動を維持するために自動的に活動を行いますが、そのときにエネルギーを消費します。

この消費エネルギーのことを「基礎代謝(きそたいしゃ)」と言います。

1日あたりの基礎代謝は、代謝が安定した一般成人で女性は1日1,200キロカロリー、男性は1,500キロカロリーとされています。

つまり、1日中ゴロゴロしていても寝ていても、基礎代謝分のカロリーは消費されるということです。

基礎代謝量は人それぞれ異なり、その日の体調などによっても変動し、一般成人よりも基礎代謝量が少ない人もいます。

その一方で、日ごろから運動やスポーツなど体を動かしている人の中には、一般成人の1.5倍~2倍以上の基礎知識量がある人もいます。

なお、基礎代謝は年齢を重ねるにつれて低下するため、基礎代謝量は年々減少し、老年期になると基礎代謝の減少は止まります。

Sponsored Link

冬に太る原因・理由とは?

上では基本的な太る原因をご紹介させて頂きましたが、ここではなぜ冬は特に太りやすくなってしまうのかご説明します。

冬は特に太りやすい理由があります。

まずは原因を把握していきましょう!

食べ過ぎ・飲みすぎ

冬の時期はクリスマスやお正月、忘年会や送別会などのイベントがあるため、高カロリーなものを摂取する機会が多くあります。

毎日のように高カロリーなものを摂取すると、摂取カロリーが消費カロリーを大幅に上回ってしまいます。

上回ったカロリーは消費しなければ脂肪として蓄えられてしまうのです。

1~2日間程度の食べ過ぎ・飲みであれば、翌日に食事量を調整したり運動を取り入れることによって体重をキープできます。

しかし、連日のように暴飲暴食を続けると、摂取したカロリーが脂肪として蓄積され、体重はみるみるうちに増加してしまいます。

基礎代謝量の減少

冬は寒い日が多く、気温が低い日が続きます。

手足が冷えると血液の循環が悪くなるため、代謝が悪くなってしまいます。

また、外に出て体を動かす機会も減るため、運動量も自然と減少してしまいます。

大型連休中の不規則な生活

年末年始になると大型連休のある人も多いでしょう。

仕事の日は体を動かす機会が多く、カロリーも自然と消費します。

しかし、連休になると不規則な生活になりがちになってしまいます。

1日中布団やこたつでゴロゴロと過ごす人もいるでしょう。

間食をしたり、ついつい食べ過ぎてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか?

また、実家に帰省すると、家族がご飯の準備や家事炊事をしてくれることが多く、至れり尽くせりな状態になりがちです。

おせち料理やお雑煮など美味しい料理を食べ、食後はゴロゴロして過ごす。このサイクルが続くとすぐに体重は増加してしまいます。

大型連休も冬太りの原因のひとつなのです。

冬太りの対策・改善方法3選

太りやすい冬でもしっかりと意識して対策していけば極端に太る事はありません。

何も激しい運動やつらい食事制限をする必要はありません。

簡単な事からはじめていきましょう!

食べる順番を意識すること

太ったからと言って飲み会や食事などの誘いを断るのは気が引けるという人もいるでしょう。

そこでおすすめな冬太りの対策方法が、「食べる順番を意識すること」です。

空腹の状態で高カロリーな食べ物を摂取すると、血糖値が急上昇し、糖分を蓄えやすくなってしまいます。

血糖値の急上昇を防ぐには、糖質の少ない料理から食べることが重要です。

野菜やスープなど糖質の少ないものから摂取し、その後、肉や魚などタンパク質の含まれた料理を食べ、最後に炭水化物の含まれたご飯などを食べるようにしましょう。

食べる順番を変えるだけで、冬太りの対策になります。

ただし、糖質の多いお酒を飲みながらでは意味がなくなってしまいますので、飲むお酒の種類には十分に注意しましょう。

食事量を意識的に減らすこと

食事量が増えるとどうしても体重は増加してしまいます。

冬太りを防止したいのであれば、意識的に食事量を減らすことが大切です。

かと言って、飲み会や食事会の場で食べない・飲まないというのは難しいですよね。

そんなときは、高カロリーな料理ではなく、タンパク質の含まれた赤身のお肉や魚、食物繊維が豊富な野菜などを食べるようにしましょう。

また、大皿で出てきた料理は少なめにとりわけたり、よく噛んで満腹中枢を刺激することも冬太りの対策方法として効果的です。

調整する日を設ける

食べ過ぎ・飲み過ぎた翌日は食事量を調整したり、運動を心掛けましょう。

翌日の食事はサラダやタンパク質が豊富な料理をメインとし、炭水化物やお酒の摂取は控えることをおすすめします。

食事量調整することによって、前日の暴飲暴食をリセットすることができ、冬太りを防止することができます。

また、運動を取り入れたり、半身浴や岩盤浴で汗を流すこともおすすめです。

体が温まることによって血流が良くなり、代謝アップ効果が期待できますよ。

Sponsored Link

冬太り対策におすすめのサプリメント2選

冬太り対策におすすめのサプリメントひとつ目は、DHCの燃焼系サプリメント「フォースコリー」です。

 

天然由来食物性素材である「コレウルフォルスコリ」が主成分のサプリメントで、運動時や日常生活のサポートをしてくれます。

ビタミンB類も配合されていますので、健康管理にもうってつけのサプリメントです。

食事制限が苦手な人や運動しながらダイエットをしたい人、健康的にダイエットをしたい人におすすめです。

フォースコリーは、特有成分であるフォウスコリが体内にある状態をキープするため、朝と夕方の食事前にまずは1粒ずつ服用することが推奨されています。

摂取量は、多くても1日4粒までにしましょう。

また、スポーツとの併用がおすすめのサプリメントで、ウォーキングや普段の家事炊事の動作を大きくするなど意識的に体を動かすことにより効果を感じやすくなります。

中には「サプリメントを飲むだけで痩せる」「楽に痩せる」と謳(うた)っているサプリメントもありますが、サプリメントはあくまでも健康補助食品ですので、飲むだけで痩せるということはあり得ません。

もし飲むだけで痩せるのであれば、この世に肥満体型の人はいないはずです。

フォースコリーは、継続して服用を続けることによって、痩せやすい体づくりのサポートをしてくれます。

大手メーカーであるDHCが開発・製造を手掛けているため、安心して服用できます。

 

冬太り対策におすすめのサプリメントふたつ目は、生酵素を摂取できる「やさい酵素」サプリメントです。

 

200種類以上の野菜・野草・果物が凝縮されたサプリメントで、体の基礎エネルギーのサイクルの手助けをしてくれます。

基礎エネルギーは「消化酵素」と「基礎酵素」に分かれており、これらの酵素がエネルギーの消費をサポートしています。

しかし、酵素は年齢とともに減少してしまうと言われています。

さらに、酵素を補おうとしても、現代の食生活では十分な酵素を摂取することは難しいのが現状です。

そこで、生酵素が効率よく摂取できる「やさい酵素」の出番です。

やさい酵素には「アミラーゼ」「セルラーゼ」「リパーゼ」「プロテアーゼ」「ラクターゼ」の5つの消化酵素が配合されています。

さらに、200種類以上もの厳選原料や「亜麻仁油」「えごま油」の2種類のダイエットオイルも配合されているため、炭水化物を摂取する機会の多い人にもおすすめです。

まとめ

冬太りの原因は分かりましたか?

冬太りには様々な原因が考えられますが、対策・予防を行うことによって防ぐことができます。

食事量や食べる順番を意識して、太らない体づくりを心掛けましょう。

サプリメントを生活に取り入れ、ダイエットや冬太りの予防に必要な栄養素を効率よく摂取するのもおすすめですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA