口 大きくする方法

neta-life【ネターライフ】

口を大きくする方法は?整形やエクササイズで大きくなる?

読了までの目安時間:約 8分

280820

 

口が小さいことでお悩みの方は多いと思います。

自分の口の大きさにコンプレックスを持っていたり、友達に何か言われてへこんでしまうなんてことも…

 

 

そこまで気にする程じゃないはずなのに、自分では必要以上に気になってしまい、なんとかして口を大きくする方法はないかと考えてしまいます。

 

 

そして、整形で大きくしようとか、エクササイズでなんとかなるのではないかという結論に至るかもしれません。

しかし、調べてみると、口を大きくする整形やエクササイズは適切な方法とは言えないようなのです。

 

 

今回は、そんなお悩みを持つ人のために口を大きくする方法はあるのか、整形にはどんなリスクがあるのか、エクササイズをするとしたらどういう方法がいいのかをご紹介します!

 

Sponsored Link

口を大きくする方法は?

口を大きくする方法のご紹介の前に、口が小さいことのメリットはいくつもあることを確認しておきましょう。

 

 

例えば、生活で困ることはないはないと言っていいですよね。

ご飯を食べる時に口を大きく開けられなかったりするかもしれませんが、それによって生活に影響が出るわけではないはずですよね。

 

 

また、口が小さくてかわいいと思われることもあるようです。

口が小さくてもそれをコンプレックスと思わずに、前向きに捉えている人もたくさんいるのです。

 

 

芸能人なんかでも口が小さい、いわゆるおちょぼ口でも綺麗な人はいっぱいいますよ?

昔だったら松田聖子さん、最近では佐々木希さんや本田翼さんといった綺麗な芸能人もいわゆる口が小さいおちょぼ口です。

 

 

それは分かっているのだけど…、という人も多いはず。

それでは、整形で大きくなるのでしょうか?

 

 

専門家によると、口を広げる等の整形は非常にリスクは高いもののようです。

 

Sponsored Link

整形で大きくなるのか?

 

実は、「美容整形で口を大きくすることはできるか?」とか「ヒアルロン酸を唇に注射することで厚くさせれば口を大きく見せれるのでは?」と言って美容整形の相談に来る人はよくいるそう。

 

 

しかし、専門家によるとそういった問い合わせには口を大きくする手術はあるが、傷が目立ち自然に仕上がらないのでおすすめしない、ヒアルロン酸による方法も口の横幅や開き具合は変わらない、と答えているようです。

 

 

基本的にそういった手術は、障害があったり事故で怪我をした人に対してするものだということです。

整形で口を大きくするのは、どうやらあまりよくないようですね。

 

口を大きくするエクササイズ方法は?

 

では、エクササイズをすれば少しでも口を大きくすることはできるのでしょうか?

 

 

こちらについても、美容整形の場合と同じように口を大きくするためのエクササイズというものは見かけません。

ただ、他の方法として、エクササイズにより口周りを鍛え、口角を上げたりして表情を良くすることはできるようです。

 

 

それにより、口が小さくてもいい表情を作れるようになるかもしれません。

エクササイズ方法をいくつかお教えします!

 

 

【日頃からできるトレーニング方法】

 

●軽く口を開き、上唇と下唇を口の中に入れるようにして8秒止める。その状態で口角を頬骨に向かって引き上げ、8秒止める。ゆっくり元に戻す。(効果:頬の位置を上げ顔の輪郭をはっきりさせる、頬全体のたるみを改善する)

 

 

●軽く口を開け、上唇と下唇を口の中に巻き込み8秒止める。口角に指を引っ掛け真横に引く。ゆっくり元に戻す。(効果:口元のたるみやシワを改善しハリを与える、あごを引き締めフェイスラインのたるみや二重顎を改善させる)

 

 

●口を軽く閉じ、上唇と下唇を口の中に巻き込み、顎を下に引く。あごを引きながら口角を上げる。U字を作って8秒止める。ゆっくり元に戻す。(効果:上唇から頬内側の筋力を強化し口角を引き上げ自然な笑顔を作る、下がっている口角や頬の強張りを改善)

 

 

これらを毎日続けることで段々と効果があらわれていきます。

頬全体を鍛え、フェイスラインをはっきりさせ、口角を上げ笑顔を作るトレーニングです。

 

 

顔筋トレで美しい表情を作りましょう!

 

 

【簡単にできるエクササイズ】

 

1.「あ」のポーズを取り、口を上下に大きく開けます。口周りのストレッチをするように、顔の筋肉を意識します。

 

 

2.「い」のポーズを取り、唇を左右に引っ張ります。下あごを左右にひねると、顎のラインの引き締めにもなります。

 

 

3.大きく口を開いて「べー」と舌を出します。口をリラックスさせることができます。

 

 

こちらのエクササイズは、口を「あ」で上下に、「い」で左右に、そして「べー」でリラックスさせるというものです。

デスクワークや家にいる時に気が付いたらすぐにできます。

 

 

口周りのエクササイズは色々やり方はあるようですが、このようにすれば、一例として顔の筋肉を鍛えることができ、表情が良くなります。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

これにより口が大きくなるわけではありませんが、代替案として口周りの筋肉を鍛えるという方法があることが、おわかりいただけたと思います。

 

 

口が小さくて自分では気になっていても、幸せそうに笑っていると周りからは好感を持たれるかもしれませんよ!

 

 

無理に口を大きくすることはないのではないでしょうか?

口が小さくて悩んでいる、今回はそんなお悩みへの別の解決方法のご紹介でした!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: