男性ホルモン 減らし方

neta-life【ネターライフ】

女性の男性ホルモンの減らし方!ニキビにも効果あり?

読了までの目安時間:約 8分

074782

女性でも自分磨きに手を抜いていたり、潤いの無い生活を送っていたりすると、男性ホルモンが増えてきて女性なのにヒゲが生えてくると言われてます。

 

噂のヒゲジョです。

 

濃いひげが生えている女性をリアルには見たことありませんが、男性ホルモンは女性の敵であることは間違い無さそう。

 

実際、男性ホルモンは女性の体にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

美容に悪影響をもたらすのであれば出来るだけ減らしたいと思うのが女心。

 

と言うことで、今回はどうやって男性ホルモンを減らす事ができるのか紹介します。

 

Sponsored Link

 

男性ホルモンが増えるのはホント?どんな働きをするの?

俗に男性ホルモンと呼ばれるホルモンはアンドロゲンと呼ばれるホルモンで、更にいくつかのホルモンに分類されるのですが、中でもテストステロンは良く知られています。

 

テストステロンは男性ホルモンの中で一番強い作用を持ち、体毛の増加、筋肉の増大、皮脂の分泌、性欲増大などの作用があります。

 

男性ホルモンは男性の場合、睾丸や副腎から分泌されています。

 

女性でも同じように卵巣や副腎からアンドロゲンが分泌されていますが、女性の場合、アンドロゲンの多くはエストロゲンに変換されるためその量は男性の5-10%と少ないものです。

 

男性ホルモンが陰毛の成長などに関与していると言われていますが、量が増えてくると女性でも体毛が濃くなりヒゲが生えてきたり、骨格がしっかりして筋肉もつき声が低くなってきたりするようです。

 

基本的に普段は男性ホルモンと逆の働きをする女性ホルモンの働きが強いため、男性ホルモンの働きは目立ちません。

 

そのため女性ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが崩れてくると相対的に男性ホルモンの量が増えてくることになります。

 

ですので、男性ホルモンが増えるというよりは女性ホルモンが減ることが原因で男性ホルモンの働きが目立つようになるというのが正しいようです。

 

とはいえ、女性では男性ホルモンの量が少ないのでひげが生えたりする人は極めて希です。

 

しかし、男性ホルモンの影響が女性に影響を与えないわけではありません。

 

例えば、疲れてニキビが出てくるという経験は誰でもしたことがあると思いますが、このニキビは男性ホルモンによって皮脂の分泌が促進された結果、そこに雑菌が繁殖しニキビとなって現れてきます。

 

疲れなどのせいで乱れたホルモンバランスはやはり私たちの体に影響を与えているんですね。

 

Sponsored Link

 

男性ホルモンの影響を抑える方法はある?

 

男性ホルモンの影響を抑える方法としては、男性ホルモンを減らすという方法女性ホルモンを増やすという方法とが考えられます。

 

女性では男性ホルモンの分泌量は少ないので、女性ホルモンの分泌量をあげることがホルモンバランスを整えるために最も大事と言えるでしょう。

 

 

女性ホルモンの分泌量を増やすためにはまず、規則正しい生活とバランスのとれた食事が大切です。

 

女性ホルモンはコレステロールという脂質から作られるので、ある程度脂質を含んだ食事を取り女性ホルモンを作る材料を取り入れるのはもちろん大切です。

 

また、性ホルモンは体内時計と連動して分泌されるので、規則正しい生活をすることで毎日規則的に分泌させることが大切になってきます。

 

 

次にストレスの少ない生活を送ることも大切です。

 

ストレスが多いと交感神経が刺激され体が戦いに備えた状態になるので女性ホルモンの分泌は減少し、逆に男性ホルモンの分泌は増加すると言われています。

 

できるだけストレスフリーな生活を送ることが大切ですが、どうしてもストレスはたまってしまいますよね。

 

そのような時はしっかりストレス解消し、せめて自宅ではストレスのない生活を送れるようにしましょう。

 

アロマなどがストレス解消に効果的ですが、なかでもバラの香りは女性ホルモンの分泌を促すと言われているのでより効果が期待できそうです。

 

Sponsored Link

 

また、ホルモンバランスを整えるのに有効な食べ物もいくつか知られています。

 

納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品は大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た物質が含まれているので減少した女性ホルモンを少し補うのに効果的です。

 

大豆製品は緑茶と一緒にとることで効果を高めることができるようです。

 

他にビタミンEとビタミンB6も女性ホルモンの分泌に重要なビタミンです。

 

これらのビタミンはカボチャ、アボカド、アーモンドなどのナッツ類、マグロ、ニンニク、バナナなどに多く含まれています。

 

他にもごまやエンドウ豆、小麦に含まれるレソルシル酸ラクトンもホルモンバランスを整える効果があると言われています。

 

 

これらの他に意外に重要なのは日々の立ち居ぶるまいだと言われています。

 

女性ホルモンや性ホルモンなどは、例えば彼氏と触れ合ったり気になる方や素敵な人と会話をしたりするだけでも分泌が促進されるということが知られています。

 

ですので、見た目に気を配り、優しい気持ちで他人に接することそのものが女性ホルモンの分泌を促すことができます。

 

同時に、そのように生活することで、穏やかにストレスを減らして生活することができるので女性ホルモンが減少しない生活を送ることができます。

 

ホルモンバランスを整えるためには日々の自分磨きが大切なようですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: