女性の正しい鼻毛処理!手入れはこれが正解!

0921-128387

え?鼻毛?鏡を見て、鼻から鼻毛が出ていたときありませんか?

女性でも当然鼻毛があります。

環境やホルモンバランスによって、鼻毛の伸び方がちがうようです。

また、鼻や顔の形状でも、鼻毛が見えやすい人もいるようです。

あるメーカーの調査によると、鼻毛処理を現在しているという女性は半数以上いるのだそうです。

しかも、最低でも一月に一回はするという人は7割程度に上るそうです。

女性同士で、鼻毛の話なんかしたことがないのでちょっと驚きです。

そんな鼻毛ですが、どうやって処理をしたらいいのでしょうか?

Sponsored Link

鼻毛処理の正しい方法

一番いいのは鼻毛を切ることです。

かといって、はさみできると鼻の内部を傷つけてしまうことがあります。

傷口から細菌に感染し、うみがたまって「毛嚢炎」という鼻全体がはれる病気になってしまいます。

そうなると大変です。

でははさみではなく、何を使えばいいのでしょうか?

清潔さを保て安心して扱える電動式カッターがおすすめです。

あまり短く切りすぎてしまうと、鼻毛の機能が損なわれ、アレルギー性鼻炎などの原因になることもありますので、切りすぎは良くありません。

鼻の奥の毛は残し、入口付近から見えて気になるところだけ適度にカットするようにしてください。

そういう意味でも、電動式カッターはおすすめです。

おすすめの電動式カッターはこれです。

携帯もできるので便利です。

抜くのはなぜ危険?

毛抜きを使ってぬくことはおすすめできません。

鼻の内部にはたくさんの種類の細菌が存在します。

普段は体に影響を及ぼすほどのことはありませんが、鼻毛を抜くことで傷がつき、そこから細菌に感染する恐れがあります。

鼻毛は一種のフィルターの役目を果たしています。

ホコリや花粉など、鼻から体内への異物の侵入を防いでくれています。

また鼻内部の湿度を保ち、乾燥から守っています。

健康面からすれば、鼻毛は必要なのです。

そういう意味でも抜いてはいけないのです。

それでも、鼻毛の脱毛をしたいという方には脱毛方法をご紹介します。

A)ワックス脱毛

鼻の中にワックスを塗って固まったらそれを引きはがす方法です。

激痛が伴うのであまりおすすめできません。

B)レーザー脱毛

レーザーを当てて脱毛する方法です。

周囲の粘膜にもダメージを与えてしまいます。

C)ニードル脱毛

毛穴に針を入れて電流で脱毛する方法です。

直接毛穴に針を刺すので難しいです。

毛の流れに沿って針を入れるため、毛の生える向きにより脱毛できない毛もできてしまいます。

それにより、毛穴周辺が炎症を起こす可能性がでてきます。

やはり、脱毛よりも、切る方が安全のようです。

鏡をよく見てこまめに行ってくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA