日焼け止め 選び方

neta-life【ネターライフ】

日焼け止めの選び方!敏感肌でも可能な成分はコレ!

読了までの目安時間:約 7分

046-080743
汗ばむ陽気が続き、そろそろ夏の到来を感じさせます。

 

夏はイベントも多くて楽しい季節ですが、肌にとっては紫外線が強く最もダメージの多い季節でもあります。

 

ちょっと気を抜くと、あっという間に真っ赤になって日焼けしてしまいます。
ですので、上手に日焼け止めを使う必要がありますよね。

 

今回はそんな夏の日に重宝する日焼け止めのアレコレについて詳しく紹介したいと思います。

Sponsored Link

日焼け止めの種類は?

 

肌にとって一番のダメージとは何でしょうか。

 

ストレス、乱れた食生活、化粧を落とさないまま寝ちゃったなど、色んなダメージがありますが、圧倒的に強いダメージが紫外線です。
ですので、肌のアンチエイジングをしようと思ったら、まず紫外線ダメージを防ぐのが最も効果的なんですね。
逆に言えば、紫外線対策を怠ると肌ダメージはしっかりと蓄積されてしまうので注意が必要です。

 

そこで一番お手軽に使える紫外線対策アイテムと言えば日焼け止めです。

 

まず、日焼け止めには働き方の点から二つの種類があります。

 

一つは紫外線を散乱させることで肌に紫外線が入ってくるのを防ぐ紫外線散乱剤の入っているもの。

 

もう一つは、紫外線を吸収することで肌を紫外線から守る紫外線吸収剤の入っているものです。

 

実際はこの両方が様々な比率で混ぜられたものが多いようです。

 

Sponsored Link

散乱剤と吸収剤の違いは?

 

紫外線散乱剤には酸化チタンや酸化亜鉛と呼ばれる粉末状の物質が含まれます。

 

これらの物質は、歌舞伎役者さんが顔を真っ白に塗るのにも使っていたりします。

昔から顔に塗って使われているものですし、肌に対する安全性はとても高いので肌の弱い人にも安心ですね。

 

しかもこの酸化チタンや酸化亜鉛には消炎作用がることも知られていて、肌荒れを防ぐ効果もあります。

 

難点としては、ちょっと粉っぽく白浮きしやすいことと、強い紫外線は完全に散乱させることができないため効果が弱いことです。

 

紫外線吸収剤にはオキシベンゾンやケイヒ酸誘導体が使われています。

 

これらの物質は紫外線を吸収して、それを熱に変換することで紫外線から守ってくれます。

 

最大の特徴は、紫外線散乱剤よりも日焼け止めとしての効果が強いことです。

 

しかし、人によってはこの「熱」によりダメージを受けてしまう場合があるので注意が必要です。

 

また、人によって吸収剤に対してアレルギーが出ることが知られています。
しかも吸収剤のアレルギーが出てるときに日光にあたると、このアレルギーがさらにひどくなってしまうことも研究でわかっています。

 

「肌が荒れたら落とせばいいや」なんて軽い気持ちで海に行って、アレルギーで肌が真っ赤ということも充分ありえるのでパッチテストはマストです。

 

肌が強いと自信を持っている人も、アレルギーは肌の強さとは別物なので、パッチテストは欠かさずやりましょうね。

日焼け止めの塗り方は?

 

0462-hiyake_goods
まず、自分の肌の強さと必要なSPF,PAに応じて日焼け止めを選びます。

 

いつでも一番強い日焼け止めを選んでる人は要注意です。
吸収剤は肌への負担がより大きいので、あまり日光にあたらない場合は散乱剤が主に使われている弱めの日焼け止めを選んだ方が肌に優しいです。

 

 

続いて塗り方です。

 

まずは化粧水で肌を保湿し、ダメージに強くしてあげます。
その上から日焼け止めを塗ります。

 

日焼け止めにはSPF値やPA値が書いてありますが、これは1cm2の肌に2mgを塗ることでテストしているので、それだけの量を塗る必要があります。

 

簡単には500円玉大の量を出せば顔をカバーするのに充分です。
鼻、ほほなど日焼けしやすい部分には重ね塗りするのもお勧めです。

 

日焼け止めは肌に浸透させる必要がないので、パッティングはしないでOKです。
そしてその上から化粧下地、ファンデーションをつければ完璧です。

日焼け止めの選び方は?

 

SPF15やSPF30という言い方をしますが、この数値は何を意味するのでしょうか?

 

何もつけていない皮膚は、10分で日焼けしてしまうと言われています。
これに対して、SPF15を塗ると皮膚が日焼けするのに15倍の時間、つまり150分かかります。

 

SPF30の場合は30倍の300分です。

 

これを参考に日焼け止めを選びましょう。

 

しかし、汗などで落ちてしまうので2時間おきに塗り直した方が無難と言えます。

 

よくある間違った日焼け止めの使い方が「塗る量が足りない」と「塗り直しをしない」だそうです。

 

SPF50の日焼け止めでもこのように間違った使い方をすると全然効果が無くなってしまい、SPF5.5くらいの効き目しか無くなってしまうとアメリカの日焼け止め会社が調査結果を出しています。

 

正しい使い方をして、肌を守りつつ夏を楽しみましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: