朝の目のむくみを取る方法

neta-life【ネターライフ】

朝の目のむくみを取る方法!即効で解消しよう!

読了までの目安時間:約 11分

 

朝起きて鏡を見てみると、昨日の夜とは別人…というくらい目のむくみが出ていることはありませんか?

 

このままではまだ寝ているみたいとか、目ヂカラが足りないとか散々な言われようになってしまいます。

 

でも朝の目のむくみを取るには、どのような方法が効果的なのでしょうか?

 

即効で解消できる対処法があれば、とても助かりますよね。

 

そこで今回は朝の目のむくみを取る方法を探している人に向けて、即効で解消できる対処法をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

朝に目がむくみやすいのはどうして?

1日の中でも特に朝起きた時に目がむくみやすいですが、どうして朝に目がむくんでしまうのでしょうか?

 

眠る時には体を横にしますが、このときに夜に摂取した水分をうまく代謝吸収できなかったときに皮膚の下に残ってしまいます。

 

特に目の部分は皮膚が薄くて、さらに重力の関係で水分が流れやすくなってしまうのです。

 

これは主に、夜寝る前に水分を摂り過ぎてしまったときに多くみられます。

 

お酒を飲みすぎた時も水分不足から体が水分を貯め込もうとして、翌朝に目がむくむケースが多いです。

 

水分の代謝が悪くなっている場合は一過性のものであることが多いのですが、中には腎機能が弱まってむくみを起こしている場合もあります。

 

このときは目だけではなく足など他の部位もむくんでいるので、ひとつの目安にすると良いでしょう。

 

あとは前の日の夜に泣いてしまうと涙腺に水分が集まってしまい、次の日の朝にパンパンに腫れてしまいます。

 

これは、おそらくほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

朝の目のむくみを即効で解消して取る方法3つ

 

朝に目がむくんでいると、ブルーな気持ちになってしまいます。

 

朝のお出かけ前の短時間に即効でむくみを解消できれば、明るい気持ちで一日をスタートさせることができますよね!

 

そこで朝のむくみを即効で解消して取る方法を3つご紹介します。

 

冷たい水とお湯につけたタオルを交互に当てる

 

目のむくみは血行不良からきていることが多いので、冷たい水とお湯で交互に刺激すると血管が収縮して血行が促進されます。

 

即効でむくみを取る方法としては、冷たい氷水につけたタオルとお湯や濡れタオルをレンジにかけた温かいタオルを用意して交互に顔に当てます。

 

むくんでいる目だけではなく顔に当てる理由は、顔全体の血行を促進することでより目に溜まった水分を流していけるからです。

 

3回くらい繰り返すと、次第に目の周りがスッキリしてきます。

 

リンパマッサージをする

 

目がむくんでいるのは水分とともにリンパ液の流れが滞っていることも関係しているため、首のリンパ節に向けて流すようにマッサージをします。

 

リンパマッサージのポイントは強く押しすぎないで、優しく撫でるようにすることです。

 

潤滑剤になるようにクリームを塗ってから、まぶたから顔の輪郭を通って優しく首の方に流していきます。

 

指でやりづらい場合には、ファンデーションを塗る際に使うパフを使うとうまくできます。

 

リンパマッサージは、何度か繰り返しているうちに即効でむくみが取れていくので効果的です。

 

むくみを取るツボを押す

 

耳たぶの下に位置する「頬車(きょうしゃ)」というツボは、朝に出やすい目のむくみを即効で取る効果が期待できます。

 

 

水分が溜まってむくんでいる状態を解消するツボなので、目のむくみが気になるときには刺激をしてみましょう。

 

まず耳たぶの下を押してみて、痛いけど気持ちいいポイントを探し当てます。

 

息をゆっくり吐きながら3秒ほどゆっくり押して、息を吸いながら指を離します。

 

これを3分間くらいおこなうだけで、朝の目のむくみがスッキリしてくるのです。

 

Sponsored Link

 

朝の目のむくみを予防する5つの方法

 

朝の目のむくみは正直凹むので、なるべくなら防ぎたいですよね。

 

実は日頃から気をつけていれば、むくみを最小限におさえることができるのです。

 

ではどのようなことをすればいいのか、朝の目のむくみを予防する方法を5つご紹介します。

 

夜の水分補給はほどほどにする

 

夜に水分をたくさん摂ってしまうと、うまく代謝しきれずにむくみの原因となります。

 

特に横になっている中でも皮膚が薄い目は、水分が溜まりやすいので要注意なのです。

 

夜はコップ一杯分の汗をかくと言われているので、寝る前はそれ以上の水分を取らないのが鉄則です。

 

また夜中にトイレにも行きたくなってしまうので、睡眠不足にもつながるため水分補給はほどほどにしておきましょう。

 

湯船にしっかり浸かって冷えを取る

 

むくみは血行不良が原因で起こることが多く、特に女性は冷えによる血流の悪さを感じている人がたくさんいます。

 

時間がないからと、つい毎日手軽なシャワーだけで入浴を済ませてはいませんか?

 

湯船にしっかり浸かることは、全身の血流を改善していくので朝の目のむくみをおきにくくしてくれるのです。

 

冷えを改善するには毎日の入浴が一番効果的なので、ぜひ季節を問わず湯船に浸かってくださいね。

 

日頃からカリウムを多く摂取する

 

一見ヘルシーに感じる日本食でも、気になるのが塩分量です。

 

意外に和食は塩分量が多く、そのため日本人は1日の塩分摂取量がオーバーしてしまいがちなのですね。

 

そんなときはカリウムを多く含む食品を多く食べることが効果的で、体内の余分な塩分を体外に排出してくれる作用があります。

 

カリウムはバナナやキウイ、アボカドといった果物に多く含まれているので毎日積極的に摂取をしていきましょう。

 

カリウムは利尿作用があるので、トイレを我慢しないことも目のむくみを取る大切なポイントです。

 

パジャマはゆったりサイズのものを着る

 

全身の血流を妨げてしまっているのは、意外にも身につけている洋服である場合が多いのです。

 

特に寝るときに着るパジャマや下着がきつかったりすると、そこで血流が遮られて全身の巡りが悪くなって翌朝に目がむくむ可能性が高くなります。

 

パジャマはピッタリサイズよりは1サイズ大きめの方がゆったりして血行が良くなりますので、サイズ選びの参考にしてください。

 

また下着は通気性の良い肌を圧迫しないものを身につけて、苦しくならないようにしましょう。

 

睡眠時間はしっかり確保する

 

忙しい人はおそらく十分な睡眠時間を確保できずに、毎日眠い目をこすって起きているのではないでしょうか?

 

睡眠時間が短いと体全体の代謝機能が落ちてしまい、結果的に水分が目の周りに溜まりやすくなってむくみという形で現れてしまいます。

 

睡眠時間は最低でも6時間以上は確保して、代謝機能が落ちないように気をつけていきましょう。

 

特に夜の10時から深夜2時までの間は、成長ホルモンといって体の代謝機能を高めるホルモンが活発に分泌される時間帯なのでこの時間に眠っていることが大切なのです。

 

まとめ

朝の目のむくみを取る方法を探している人に向けて、即効で解消できる対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

朝に目がむくんでしまうのは、水分の代謝機能が落ちているのと腎機能が弱くなっていることが主な原因です。

 

特に水分やお酒の摂り過ぎや、塩分過多で腎機能が弱まっているときは要注意となります。

 

取る方法としては温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てたり、湯船に浸かるなどして血行を改善することです。

 

また塩分を排出しやすいように、カリウムの多く含まれたバナナやキウイなどのフルーツを食べるのも効果的です。

 

その他は睡眠時間を十分確保するなど、日常生活から見直すことで朝に目がむくみにくくなるということなんですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: