泣いた 目の腫れ 治す方法

neta-life【ネターライフ】

泣いた後の目の腫れを治す方法!泣きすぎた時はコレ!

読了までの目安時間:約 7分

169165
号泣した後ははたから見てもわかるほど目が腫れぼったくなってしまいます。

 

周りの人から変な詮索を受けることになったりしますし、女性の場合は目のメイクが上手く決まらなくて困ったりしますよね。

 

泣きたくて前日泣いたわけではないですし、どうにかこの厄介な泣いた後の腫れ目が治らないものか...

 

ということで、この記事では泣いた後の目の腫れを治す方法について紹介します。

 

Sponsored Link

 

泣いた後はどうして目が腫れるの?

涙は目のすぐ上の方にある涙腺というところから分泌され、血液から赤血球、白血球などの成分を除くことで作られています。

 

号泣するときにはこの涙腺の働きが活発になり、それに伴って涙腺の周囲の毛細血管も拡張してきます。

 

すると、毛細血管の拡張により目の周りは赤くはれぼったく腫れてきます。

 

これが目の腫れの主な原因となっています。

 

他にも、涙を流すときに目を押さえたり、目をこすったり、強く涙を拭ったりすることでまぶたに強い物理的な衝撃が加わります。

 

まぶたはとても皮膚が薄く血管も大量に通っているためこれらの刺激によって簡単に傷つきちょっとした出血などを起こしたりします。

 

これも目の腫れの原因となります。

 

Sponsored Link

 

目が腫れるのを防ぐためにはどうすれば良い?

目が腫れるのを防ぐためには泣いたときに目をこすったりするのをやめることです。

 

もっとも効果的なのは涙を拭うことをせず流しっぱなしにすることで、まぶたに一切のダメージが及ばなくなるので次の日の目の腫れがかなり軽減されます。

 

とはいえ、流しっぱなしにしていると視界が滲んで何も見えないので状況によっては困りますよね。

 

どうしても涙をぬぐいたい場合にはまぶたの下の方から優しくハンカチやティッシュなどを当てて涙を吸い取るのが一番ダメージが少ないでしょう。

 

何も涙を拭くものを持っておらずどうしても手を使わないといけないという場合はどうしてもまぶたへのダメージを避けることができません。

 

せめてポケットティッシュは持ち歩くようにしましょう。

 

朝起きたら目が腫れている…どうすればすぐに治せる?

朝起きて目が腫れている場合には、目の腫れの原因となっている血管の拡張とむくみを取り除いてあげるのが効果的です。

 

時間がない場合には冷やすのを優先しましょう。

 

コットンに冷たい水や冷たい化粧水を含ませてまぶたにのせ5〜6分くらい置いておきます。

 

これは速攻性があるだけでなく、時間を見て外でもやることができるのでオススメです。

 

男性の方などコットンを持っていない場合には、少し裏技のような感じですが金属スプーンで冷やす方法がオススメです。

 

スプーンを冷蔵庫で20秒ほど冷やし、スプーンの裏の盛り上がっている方を軽く目に当てるのを繰り返します。

 

この方法は片目ずつ行えば忙しい朝でも別のことを同時に行いながらできるので急いでるときなどは特に重宝します。

 

転んだりすると危険なので、同時にするものはメールチェックなど座って出来る準備くらいにとどめておきましょう。

 

時間がある場合には、温めて冷やしてを繰り返すことでまぶたの腫れをとりましょう。

 

温めることで血流が改善し、その後冷やすことで毛細血管が引き締まりまぶたのむくみと腫れが改善されます。

 

温めるのには電子レンジでホットタオルを作るといいでしょう。

 

①小さめのタオルを水で濡らして軽く絞った後に電子レンジで30秒〜1分ほど温めることで簡単に作ることができます。

 

②ホットタオルをまぶたにのせ2〜3分ほどしたら、保冷剤をくるんだタオルをまぶたにのせ再び2〜3分ほど待つのを繰り返します。

 

保冷剤がない場合には、濡らして軽く絞ったタオルを冷凍庫に数分入れておいたもので代用することもできます。

 

また、意外と効果があるのが紅茶のティーバッグを使ってまぶたのパックをすることです。

 

これは簡単で、使用済みのティーバッグを冷やしてまぶたに5分〜10分ほどのせておくだけでOKです。

 

紅茶に含まれるラマフィラヴィンという物質が目の腫れに効果的だといわれています。

 

号泣した次の日は体が水分不足に陥っていることも多いので、朝起きて紅茶を入れて水分補給してからティーバッグを目の腫れに使うと一石二鳥ですね。

 

対策をしてもどうしても目の腫れが気になる場合などは時間のあるときにまぶたのマッサージを行いましょう。

 

目の周りには目を守っている骨がありますが、この骨に沿って目頭から目尻に向かってやさしく指で押すようにしてマッサージを行いましょう。

 

上まぶたに対してははちょうど眉毛のあたりを押すとよく、下まぶたは小鼻の脇のほうから押すといいでしょう。

 

強く押しすぎるとその刺激によりまぶたが腫れてしまい逆効果なので、やさしく押すことを心がけましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: