禁酒の効果とメリット

neta-life【ネターライフ】

禁酒の効果とメリット!女性が得られる効果とは?

読了までの目安時間:約 11分

 

仕事が終わって、頑張った自分へのご褒美に一杯!

 

至福の一時ですよね。

 

「お酒が好き」「家に帰ってからの唯一の楽しみ!」という女性も多いと思います。

 

毎日欠かさず晩酌している人も結構いるのではないでしょうか?

 

でも、知っていましたか?

 

実はお酒を飲む事が日常的になっていると、女性にとっては良くない影響もたくさんあるんです。

 

思い切って禁酒をしてみると、いろんなメリットがあるんですよ。

 

今回はそんな禁酒したことで得られる禁酒の効果をご紹介します!

 

Sponsored Link

 

お酒を飲むと女性は男性よりも悪い影響が出る?

 

タバコと違って、お酒は必ずしも体に悪いものではありません。

 

たまに適度に飲む程度なら、ストレス解消にも繋がるので良い面もあります。

 

ただ、男性に比べて、女性の場合はお酒の悪い影響を受けやすい場合があるので、飲みすぎには気をつけなければいけません。

 

お酒の強い弱いはその人の生まれつきの体質によりますが、女性の場合、男性よりも肝臓の機能が低い傾向があります。

 

これは女性の体は男性に比べて小さいので、同じ量のお酒を飲んだ時に小さい肝臓の方がダメージを受けやすいというのが理由の一つです。

 

ダメージを受けやすいという事は、その分肝機能障害になるリスクが高いという事です。

 

また、女性ホルモンの関係で分解する能力が男性に比べて低いと言われているので、女性の方がアルコールの害を受けやすいと言われています。

 

Sponsored Link

 

お酒が及ぼす悪影響

 

では実際にダメージを受けやすいといっても具体的にどのような悪影響があるのか見てみましょう。

 

内臓に害を及ぼす

 

「アルコールを多量に摂取すると肝臓がダメージを受ける」というイメージが強いと思いますが、実はダメージを受けるのは肝臓だけではないんです。

 

その他にも、心臓や末梢神経、すい臓などにも悪影響を及ぼす事があります。

 

これは、アルコールによって血行が良くなったり悪くなったりするため、血管の働きが鈍くなるなど、血管に影響が出るためです。

 

女性の場合は、アルコールの影響で卵巣の働きが悪くなって生理不順や排卵障害を引き起こす可能性もあるので、妊娠しづらくなってしまう場合もあります。

 

若い女性ほど飲みすぎには気をつけなければいけません。

 

認知症になるリスクが上がる

 

長期間にわたって日常的にアルコールを摂取していると、脳が萎縮してしまったり、脳梗塞、脳血管障害などを引き起こす可能性が高くなります。

 

これが進行すると「アルコール性認知症」と言われる認知症を発症する事があります。

 

他のアルツハイマー認知症や、脳血管性認知症と同じように、物忘れがひどくなるなどの記憶障害が起こります。

 

一度発症してしまうと、他の認知症と同じように、症状を遅らせる事はできても完治はできません。

 

精神的に不安定になる

 

「嫌な事はお酒を飲んで忘れよう!」と飲む人も多いと思いますが、日常的に続くと注意が必要です。

 

そのうちお酒の量がだんだん増えてきて「酔わないと眠れない」「お酒を飲んでいないと不安になる」といった症状が出てくる場合があります。

 

日常生活に支障をきたす場合もあり、ひどくなるとアルコール依存症になってしまう可能性もあるので、嫌な事があるとお酒に逃げる、というパターンはあまり作らないようにしましょう。

 

禁酒をするとどんな良い効果があるの?

 

それでは禁酒をすると、具体的に体や心にどんな効果があるのでしょうか?

 

痩せる

 

お酒は水分ですが、糖分なども多く含まれているものもあり、意外にカロリーが高いんです。

 

そして、お酒を飲む時に食べているおつまみ。

 

これって、揚げ物やお菓子などの高カロリーなものが多かったりするんですよね。

 

禁酒をすると、お酒だけでなく、今まで食べていたおつまみ類もあまり食べなくなるので、摂取カロリーが少なくなり、自然と痩せる事ができます。

 

また、夜遅くまで飲んでいた朝は、よく顔がむくんでしまってパンパン・・という事もなくなっていきます。

 

肌がきれいになる

 

居酒屋などで、頻繁にみんなでワイワイ飲みに行っている人は、夜遅くまで起きている人も多いと思います。

 

夜更かしが続くと、ホルモンバランスが乱れて肌荒れの原因になります。

 

また、肌は夜寝ている間に作られますが、これは睡眠の質も大きく関係しています。

 

お酒を飲むとすぐに眠りにつきやすくなりますが、途中で急に目が覚めてその後は覚醒して眠れなくなったりするので、睡眠の質は悪くなります。

 

禁酒をして、夜きちんと睡眠をとるようになると、肌荒れを起こしにくく肌の調子が悪くなってしまった時でも改善しやすくなります。

 

髪がきれいになる

 

若い見た目を保つには肌だけでなく、髪も重要なポイントですよね。

 

ボリュームがあって艶のあるきれいな髪は、若々しくて健康的な印象を与えます。

 

ところがアルコールによって、髪に艶がなくなったり、薄毛や抜け毛が促進されてしまう事もあるんです。

 

アルコールを摂取すると、一時的に血行が良くなりますが、その後は血管の収縮作用が悪くなり血行が悪くなってしまいます。

 

そして、アルコールを体内で分解する時に発生するアセトアルデヒドという物質が、男性ホルモンの一種を作り出してしまい、抜け毛や薄毛の原因になってしまうんです。

 

また、お酒と一緒に食べる脂っこいおつまみが原因で、頭皮の状態が悪くなり、頭皮がべたついたり、臭いが気になる事もあります、

 

禁酒をする事で、血管の働きを正常に保つ事ができ、余計なホルモンも作られなくなるので、きれいな髪をキープする事ができるようになりますよ。

 

Sponsored Link

 

健康面以外での禁酒をするメリット

節約ができる

 

しょっちゅう居酒屋などに飲みに行っていると、飲食代もバカになりませんよね。

 

家飲みの場合でも、毎日となるとお酒代だけで毎月1~2万円ほどかかる事も珍しくないのではないでしょうか?

 

禁酒をしてお酒にお金を使わなくなると、その分の浮いたお金を別の事に使えますよね。

 

他の趣味を見つける事ができる

 

仕事が終わって家でお酒を飲んで寝る、という人が日課になっている人も結構いるのではないでしょうか?

 

一人でスマホやテレビを見ながらお酒を飲む、というのもたまにはいいですが、毎日だと他の事をやる時間がなくなってしまいますよね。

 

禁酒をして仕事帰りにジムに行ったり映画を観たりするのも、自分の世界観が広がって楽しいものですよ。

 

人との出会いが増えると、今まで知らなかった事とも出会う機会ができて、自分が没頭できる趣味を見つける事ができるかもしれませんね。

 

禁酒を成功させるには?

 

「明日から禁酒をしよう!」と思ってもなかなか難しいものですよね。

 

お酒には依存性があるので、日常的にお酒を飲んでいる人は急にパタリと辞める事は難しいと思います。

 

まずは、お酒を飲む量と飲む回数を減らしていきましょう。

 

最初は1日置きに慣れてきたら3日置きに、という感じで飲まない日を無理なく減らしていきます。

 

最終的には飲まなくても平気、たまに付き合いでお楽しみで飲む程度という所までいけば大丈夫です。

 

辞めたいのにどうしても辞められない人は専門の医療機関に相談して、医師から指導を受けながら禁酒を目指す事もできます。

 

大事なのは「無理をしすぎない」という事です。

 

ダイエットでもそうですが、無理をしすぎるとリバウンドでかえってお酒の量が増えてしまう事もあるので気をつけましょう。

 

 

「最近ちょっと飲みすぎてるな・・」「なんだか肌や体調が悪い・・」そう感じている人は少しお酒を控えてみませんか?

 

禁酒で体調に変化を感じる事ができるようになると、お酒を我慢する事も苦ではなくなると思いますよ。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: