耳 水 抜けない

neta-life【ネターライフ】

耳に入った水が抜けない!取り方や痛い時の対処法!

読了までの目安時間:約 8分

基本 CMYK

 

水泳の後やお風呂上がりなどのふとした拍子に耳のなかに水が入ってしまうことがあります。

 

耳のなかに水が入ると違和感が強くてきになるばかりか、中耳炎などの原因になるとも言われています。

 

耳に水が入ったときにはどのように対処すればいいのでしょうか?

 

今回は耳に水が入ってしまった場合の危険性と正しい水の出し方についてご紹介します。

 

Sponsored Link

耳に水が入ってしまった!これって危険なの?

耳に水が入ってしまったときは頑張って抜こうとしますが、果たして耳の中の水は抜かないと危険なのでしょうか。

 

実は、健康な人の場合には耳の中に水が入ってもそこまで気にする必要はありません。

 

耳の奥には鼓膜という膜があるので耳の奥の方まで水が入るということはありませんし、そもそも入ってくる水の量は少ないのでしばらくすると蒸発して無くなってしまいます。

 

また、普通に生活している間にひょんなことから抜けてしまうことも多いので無理に抜く必要はありません。

 

ただし、入ってきた水が泥水などの汚いものである場合は、炎症を起こす可能性もあるので抜いたほうがいいです。

 

また、過去に何度も中耳炎を起こしていて鼓膜に穴が空いている方の場合には、水がそのまま中耳の方に入っていってしまい中耳炎の原因になってしまうのでこの場合も抜いたほうが良いでしょう。

 

もっとも、このような方の場合には泳ぐときには耳栓を使うなど耳の中に水が入らないように予防することが大事になってきます。

 

耳の中の水は問題ないことが多いとは言っても、やはり違和感がありますし簡単に抜けるならば抜きたいですよね。以下では耳の水の抜き方について紹介します。

 

Sponsored Link

耳に水が入ったときにその場で出来る方法はこれ!

 

耳の穴は真っ直ぐなわけではなく、少し前の方に曲がっています。

 

耳の奥の方に入った水がなかなか出てこない原因の一つはこのためです。

 

ですので、耳に水が入ったらまずは、耳を斜め上の方に後ろに引っ張ることで耳の穴を真っ直ぐにして水をでやすくし、次に首を傾けることで水を出してあげます。

 

これだけでも水が出てくることは多いのですが、出てこない場合にはそのままの姿勢で口を開けたり閉めたりすることで耳の穴に振動を与えます。

 

これを根気強く何度もすることですっと水が落ちてきます。

 

しかし、これでもどうしても水が出てこない場合には、その姿勢のままその場でジャンプをすることでより強い振動を与えて水を出します。

 

そしてさらにこれでもなかなか出てこない場合には、裏技として水を少し耳の中に入れるという方法もあります。

水が出てこない多くの場合は、水の量が少なすぎるため振動を与えてもそのまま耳の中についたままであるためです。

 

そのため敢えて水を中に入れることで耳の中の水滴を大きくし、振動などに従ってより落ちやすくなります。
それでもどうしようもない場合にはひとまず諦めて、道具を使いましょう。

 

道具を使って水を出すには?

 

083576

水を出すときによく使われるのがティッシュペーパーです。

 

これは単純にティッシュをねじってこよりを作って耳に入れることで水を吸い取るというものです。

 

こよりは細めに作ると間違って鼓膜にダメージを与える可能性がなくなります。

 

また、先端は緩めに巻くことで先端が膨らむように作ると、より効率よく水滴を拭き取ることもできます。

 

このときに耳を後ろの方に引っ張るようにして耳の穴を真っ直ぐにすることでより簡単に水滴を拭き取ることができます。

 

これでもどうしても取れないときには、ドライヤーを使って耳の中に風を当てることで水滴を蒸発させます。

 

ドライヤーの風だとどうしても熱くなってしまうので一番低温で当てたり、送風モードで当てることで乾かしたりしましょう。

 

これらの方法を全部試してどうしても取れないときには諦めて深追いしないのが一番いいでしょう。

 

水が入って耳の中が痛い場合にはどうする?

 

耳が痛い場合は、水を抜こうとして耳をいじりすぎた可能性などがあります。

 

痛みがひどくない場合にはしばらく様子を見てもいいでしょう。

 

痛みが強い場合には、耳の中をいじりすぎたことで耳の穴に傷がつき、そこからばい菌が入って炎症を起こし「外耳炎」になっていることが考えられます。

 

外耳炎は軽症のことが多く放置していても治ることも多いのですが、痛みがひどい時には耳鼻科にかかりましょう

 

耳の傷の処置や、軟膏による治療などを行ってくれます。

 

また、別のケースとして「中耳炎」を起こしている場合もあります。

 

これは鼓膜に穴が空いている人の場合には耳の水が原因と言えますが、そうではない人の場合には鼻に入った水が原因だと考えられます。

 

これは耳と鼻は耳管という管でつながっていることが原因で、この管を通って水が中耳に入ってしまうことで起こります。

 

このときにも耳の違和感という形で気づくため、耳に水が入ったからだと勘違いしてしまう人が多いようです。

 

鼻から耳へと水が入った場合には、大抵の場合にはそのまま水が蒸発してしまうため何も問題が起こらないのですが、免疫が低下しているときなどは中耳炎になってしまうこともあるようです。

 

このときも耳鼻科にかかりましょう。

 

以上が耳に水が入った場合の対処法になります。

正しい対処法を実施して傷などに注意していきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: