neta-life【ネターライフ】

足の傷跡を治す方法!汚い傷跡を綺麗に消すにはどうする?

読了までの目安時間:約 11分

 

ふとした時に気づくことが多い足の傷跡、一度気になりだすと本当に綺麗に消えるのかな?と不安になってしまいますよね?

 

足の傷跡は赤黒く残ってしまうこともあるので、特に女性は服装によっては目立ってしまいます。

 

そうなると足自体がコンプレックスになってしまうことがあります。

 

しかしそんな汚い傷跡を綺麗に消す方法は、果たしてあるのでしょうか?

 

そこで今回は足の傷跡を治す方法を知りたい人に向けて、汚い傷跡を綺麗に消すにはどうしたらいいのかを詳しくご紹介します。

 

Sponsored Link

 

足の傷跡はどんなときに出来ているの?

 

足の傷跡は、だいたい自分で気がつかないうちにできていることが多いのが特徴です。

 

特に多いのが

 

・ムダ毛処理の時にカミソリで引っ掻いてしまった

・寝てる間に指で掻いてしまった

 

といった理由です。

 

この場合、切り傷やかすったような傷だったのが、だんだん黒ずんできて傷は治っても色味が治らないことが多いんですね。

 

特に足の中でも目立つスネなどに傷跡が残っていると、スカートを履いた時などに目につきやすくなります。

 

また無意識でつきやすい傷はなかなか予防をすることも難しいので、治ってきたと思ったら新たな傷跡ができていることも…。

 

そうなっても大丈夫なように、足の傷跡を綺麗に消せる方法を把握しておきたいですよね。

 

Sponsored Link

 

足の傷跡を治す2つの方法

 

足の傷跡を少しでも目立たせ無くしたり綺麗に消すには、どのような方法があるのでしょうか?

 

中には綺麗になるまで時間がかかったりすることもあり、セルフケアの場合は根気よく治していくことが必要です。

 

それでは足の傷跡を治す2つの方法を、メリットとデメリットを織り交ぜながらご紹介していきます。

 

肌の保湿をしっかりする

 

他は平気なのに傷跡の部分だけ、カサカサして乾燥してしまっていることはありませんか?

 

傷跡の部分は肌の表面がダメージを受けているので、皮膚組織が崩れて乾燥しやすくなっているのです。

 

乾燥がひどくなると黒ずみが強くなったり、治りにくくなるといった悪影響があります。

 

そのため毎日こまめに保湿をしていくことで、即効性は期待できませんがだんだんと目立たなくなってきます。

 

中でもバイオイルという妊娠線の改善にも適している肌内部に働きかける保湿剤は効果的で、肌のダメージによく効いていきます。

 

 

特にお風呂上がりは乾燥しやすいので、毎日欠かさず塗るようにしましょう。

 

病院で治療をする

 

足の傷跡が気になる場合には、病院で治療をすることもできます。

 

美容皮膚科ではレーザーで傷跡の黒ずみを消していったり、ケミカルピーリングで皮膚の表面を薄く剥がしていって改善をしていきます。

 

保険適用ではないので高額にはなりますが、レーザーなどは仕上がりの満足度も高いのでおすすめです。

 

大きめの足の傷跡ならレーザー、小さめならケミカルピーリングが治療法として適しています。

 

また一度で処置が終わらない場合が多いので、何度か病院に通うことになることがほとんどです。

 

病院によって価格帯も異なるので、比較して選んでいくと良いですね。

 

今は通常の一般皮膚科とともに美容皮膚科も併設している病院があるので、美容クリニックの敷居が高い時には利用してみると良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

足の傷跡を消すためにこれだけはやめたほうがいいこと

 

足の傷跡ができたときに、これだけはやめておいたほうがいい!ということがあります。

 

それは傷跡を隠そうとファンデーションを塗ったり、紫外線を浴びることです。

 

ファンデーションを塗るのは確かに足の傷跡が目立たなくなるのですが、乾燥を起こしやすくなるので黒ずみが余計に目立ってしまうことになる恐れがあります。

 

また紫外線は足の傷跡のもろくなった皮膚表面に負担がかかり、傷跡の治りを遅くしてしまうのです。

 

足の傷跡を綺麗に消したい場合には、この2つのことはおこなわないように意識しましょう。

 

足の傷跡に効果的な市販薬はある?

 

足の傷跡を少しでも目立たなくする市販薬として、コマーシャルでもおなじみの「アットノン」があります。

 

 

傷跡の部分の皮膚のターンオーバーを促進して、肌代謝を高めて黒ずみをだんだん消していくという効果が期待できます。

 

アットノンはヘパリン類似物質が有効成分で、これは今問題になっている医薬品のヒルドイドクリームと同じ。

 

そのため皮膚を保湿して乾燥を防ぎ、デリケートな傷跡の部分をゆっくり修復していくのですね。

 

塗り薬なので即効性は期待できませんが、続けているうちにどんどん効果を実感していく人が多いようです。

 

もし手軽にあまり費用もかけたくない場合には、アットノンを使ってゆっくり治していっても良いかもしれませんね。

 

足の傷跡は民間療法で綺麗に消せるの?

 

足の傷跡を綺麗に消す方法の中には、自然にあるものを使った民間療法も多く実践されています。

 

本当に綺麗に消すことができるのか不安になりますが、実は天然の食品などには皮膚のバリア機能を高めたり皮膚を強くする効果が期待できるのです。

 

そこで足の傷跡を民間療法で治したいと思っている人に向けて、綺麗に消す方法を2種類の食品から見ていきましょう。

 

レモンを使う

 

レモンには自然の漂白剤とも言われる効果を発揮するので、古い角質を落として黒ずんでしまった足の傷跡を目立たなくすることが期待できます。

 

アルファハイドロキシ酸(AHA)の働きで、肌の古くなった表面の部分を落としてくれるんですね。

 

絞ったレモン汁をコットンに浸して、足の気になる傷跡にパタパタと浸透させます。

 

そしてそのあとコットンパックをしたまま10分おき、水で洗い流したら完了です。

 

レモンを使った民間療法はとても手軽ですが、レモン汁を浸した部分は紫外線に反応しやすく、シミになりやすいので寝る前などにおこなうと良いでしょう。

 

これは足の傷跡だけではなく、顔のシミなどにも効果が期待できるので試してみると良いですね。

 

ハチミツを使う

 

肌に良い食品といえばハチミツも有名ですが、特にデリケートになって乾燥しやすい足の傷跡部分を保湿して守ってくれます。

 

ハチミツは殺菌や抗菌効果が高く、肌の抵抗力を高めてくれるのでデリケートな部分にとても良いのです。

 

ハチミツは傷跡の部分に優しくよくなじませるように軽くマッサージをして、すり込みます。

 

乾燥しやすくデリケートな部分なので、強くこすり過ぎないように注意してくださいね。

 

足の傷跡にハチミツが馴染んだら濡らしてから固く絞ったタオルをレンジで温めてホットタオルを作り、しばらく当てておきます。

 

こうすることでより保湿効果が上がって、肌の黒ずみなどが落ちてくるのです。

 

まとめ

 

足の傷跡を治す方法を知りたい人に向けて、汚い傷跡を綺麗に消すにはどうしたらいいのかを詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

足の傷跡は自分では気づかないうちに引っ掻いたりしてできることが多く、黒ずみが出て目立ってしまいます。

 

そんな時は保湿や病院での治療をしていけば、大抵の場合はだんだん目立たなくなってきます。

 

病院では薬やレーザー治療、ケミカルピーリングなどが主流となっているので個々に合った治療法を試してみましょう。

 

市販薬でもアットノンなど便利なものが販売されていますし、民間療法も侮れません。

 

天然の成分なので肌にも優しいですし、とにかく害がないところが魅力的ですよね。

 

お手入れ後には紫外線による肌ダメージに注意して、少しずつ足の傷跡を綺麗に消していきたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: