身長を縮めたい女子へ!縮める方法とか超危険です!

身長が低くて「あと◯センチ高かったらなぁ」と悩むパターンはよく聞きますが、逆に背が高過ぎて身長を縮めたいと悩む女子も多いのです。

背が低い人からすれば羨ましい話ですが、やはり無い物ねだりになってしまって背の高い人は小柄で可愛らしいイメージに憧れるものなのですね。

身長を伸ばす方法というのはたくさん情報があふれていますが、実は身長を縮める方法を模索している人も多いです。

しかし身長を縮める方法は超危険なことでもあるので、安易に手を出してしまうと痛い目をみてしまうかも…!

そこで今回は身長を縮めたい女子に向けて、縮める方法は超危険だということを詳しく説明していきたいと思います。

Sponsored Link

身長を縮めたい女子の具体的な悩みとは?

身長を縮めたいと願う女子は、だいたいが170センチ以上なのではないでしょうか?

そのくらい背が高いと宝塚の男役を彷彿とさせて、クールなイメージが強く根付いてしまいますよね。

しかし本人は乙女なのに、それは大変不本意なことです。

ではまず、身長を縮めたいと考える女子の具体的な悩みを3つ見ていきましょう。

改めて自分の悩みと向き合うことも非常に大切です。

冷たい印象を持たれる

身長が高いと男性とは目線がほぼ同じ高さになり、女性を相手にすると上から見下ろしたような形になります。

すると本人にその気はなくても冷たい、ツンとしていると思われてしまって損をする人も多いのです。

まだ一言も話していないにもかかわらず、冷たい人かと思った!なんだか取っ付きにくくて…と言われることは日常茶飯事。

そのたびに「身長を縮めたい!」と強く思うことが多いのではないでしょうか?

可愛い服が似合わない

背が高い人も低い人も、心は同じです。

そのため根っからクールな人もいれば、当然乙女な趣味を持つ人もいるわけです。

しかし乙女な服装などを好んでいても背が高いことで似合わなかったり、周りからイメージと合わないと言われてしまったり…なかなか一筋縄ではいかないことが多くなります。

一度でいいからフリルやリボンのついた可愛い洋服を着て褒められたい!と強く思うたびに、あと身長が5センチ縮んだらなぁとため息が出てしまいますよね。

男性と同じくらいの背になってしまう

男性の多くは自分よりも身長が低い女性の方が好みということもあり、身長が高い女性を悩ませています。

2人で並んでいても同じくらいの背なので、つま先を伸ばして彼氏に頑張ってキスをするシチュエーションに憧れる人も多いですよね?

またヒールのあるお洒落な靴を履くと男性よりも背が高くなってしまうことも多いので、靴にも気を遣わなければならなくてストレスが多くなります。

Sponsored Link

身長を縮める方法4選・超危険なので注意!

身長を少しでも縮めて可愛い女の子を目指したいと考えている人は、なんとかいろんな方法を模索して試そうとしている場合も多いのではないでしょうか?

しかし身長を伸ばすのではなく縮めるという方法の多くは、実践することで健康を損ねたりして超危険なんです。

そこでそんな巷で見かける危険な身長を縮める方法を4つご紹介していくので、こんな方法が紹介されていたら絶対に実践しないように気をつけましょう。

猫背になるように癖をつける

猫背の人が背筋をピンと伸ばすだけで、身長が3〜5センチ高くなります。

これを逆手にとって普段から猫背になるように姿勢を悪くしていれば、身長を少し縮めることができます。

しかし猫背は肩こりや頭痛の原因となったり、見た目の印象が悪くなることがあるのです。

これは身長が低くなるのではなく、ただ身長の高い姿勢が悪い人にしかなりません!

それに首の形が変形してしまって、慢性的な体調不良に悩まされることも多くなるので注意が必要になります。

かかとに重心をかけて歩くようにする

かかとに重心をかけて歩くと、明らかに歩き方がおかしくなって足の形が変形していきます。

どう変わってしまうのかというと、女性としては避けたいO脚になってしまうんですね。

でもO脚で歪んだ分だけ身長は縮んでいくので、見た目は悪くなるものの効果は出やすいと言えるでしょう。

これもまた、猫背同様の身長の高いし姿勢が悪い人ですよね…

しかし見た目を悪くしてまで身長を縮めるということに、疑問を感じる方法でもありますよね。

栄養を極力とらない

これは成長期に限ってできる方法なのですが、体に必要な栄養を極力とらないようにすることで背が伸びるのを抑制します。

しかしこの方法は大変危険で、栄養失調になることで脳が萎縮してしまったり生理が止まってしまうなど様々な悪影響があります。

成長期に食べなくていつ食べる!というくらい重要な時期なので、この方法で身長を縮めるのは絶対にやめてくださいね!

ストレスの多い環境下に身を置く

こちらも成長期に限られますが、ストレスの多い環境下にあると成長ホルモンの分泌が減ってきて身長が伸びなくなります。

ストレスが強いと自律神経が乱れて睡眠が十分に取れなくなり、夜寝ているときに多く分泌する成長ホルモンが抑制されてしまうのです。

しかしストレスが強くなると心身に異常をきたし、健康的な生活ができなくなってしまいます。

そこまでして身長を縮めることを優先するのか…

よく考えないと大変なことになってしまうのです。

Sponsored Link

身長を縮めなくても個性を活かすには?

身長を無理やり縮めなくても、今のままで個性を活かすことで周りからも一目おかれる存在になる可能性を秘めています。

なぜなら身長が高いというのは立派な長所であり、他の低い人からしてみれば絶対に真似できないことだからです。

そこで身長を縮めなくても個性を活かして前向きに考えられるように、3つの意識を持っていきましょう。

スタイルの良さを全面に出す

身長が高くて細身の場合には、スタイルの良さを活かしてモデルなどを目指してみてはいかがでしょうか?

なかなか他の人では真似できないことなので、スタイルが良いのは多くの女性の憧れの的となります。

せっかく持っている宝物を活かさないと勿体無いので、これを機に歩き方を勉強したり姿勢を正したりしてみると良いでしょう。

それに今の時代、モデルさんはもちろんですが、女優さんだって身長の高い人は多いです。

むしろ高身長の方がモテますよ?

メンズ物を取り入れたりファッションセンスを磨く

背が低いとファッションの幅はどうしても狭くなりがちですが、背が高いと時にはメンズ物を取り入れたりしてファッションの幅が広がります。

アウター代わりにメンズのシャツを羽織っても身長が高いと違和感がないので、気に入ったデザインがあったら即買いできちゃいますね!

時には彼氏にアイテムを借りたりして楽しむこともでき、そうするとファッションセンスがどんどん磨かれていきます。

背が低いと楽しめないファッションを楽しむ

背が低いとどうしても子どもっぽく見られてしまい、なかなかパンツスタイルやロングスカートなどを楽しむことができません。

しかし身長が高い女性はクール系だけでなく可愛いアイテムもミックスさせた甘辛コーデも良く似合うので、背が高いことを活かしたファッションを楽しめます。

背が低い人が「あと15センチ背が高かったらなぁ」とため息をつくような服をあえて選んで、コンプレックスを打ち消しましょう!

まとめ

以上です!身長を縮めたい女子に向けて、縮める方法は超危険だということを詳しく説明してきましたが、いかがでしたか?

身長を縮めたいと悩む人は偏ったイメージを持たれてしまったり服装に悩んだり、男性と背が同じくらいになってしまうことに頭を抱えています。

そこでなんとか身長を縮める方法はないものかと模索するのですが、そのほとんどが健康や見た目に悪影響を及ぼすことがわかりましたね。

健康と引き換えに身長が低くなることを選ぶのか…?

そう考えると背が高いのを長所として活かしていく方が良いのです。

幅広いファッションを楽しめる、モデルを目指せるなど世界も広がるので是非前向きに考えてコンプレックスを解消しちゃいましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.