野菜ジュース 効果ない

neta-life【ネターライフ】

野菜ジュースは効果ない?栄養はとれないの?

読了までの目安時間:約 8分

431208

 

野菜ジュースってたくさんの種類が売られていますよね。

 

忙しくてサラダや野菜のおかずを食べる時間が無い時に、手早く野菜ジュースで栄養バランスを取っている人も多いと思います。

 

自身も、ゆっくり座って食べられない日などには、コンビニでおにぎりと野菜ジュースを買ったりします。

 

でも、野菜ジュースって意味無いよって話を聞いたことは無いですか?

 

確かに、野菜を食べる手間をジュースで補えるなら、そんなラクなことは無いですよね。ジュースで済むなら野菜の摂取にみんな苦労しないでいいわけですから…。

 

でもジュースのパッケージには「1日分の野菜がこれ1本で摂れる」と書いてあるし、本当のところはどうなんでしょう?野菜ジュースは野菜代わりになるのでしょうか?

 

ということで、今回は、野菜ジュースの効果と栄養について調べてみました!

 

Sponsored Link

 

野菜ジュースは効果があるの?ないの?

野菜ジュースを飲む時に、皆さんどんな効果を期待していますか?

 

私は、「肌に良いかな〜食物繊維を摂りたいな〜」「なんとなく体に良さそうだし」と思ったり、野菜の代わりになればいいなと思いながら飲んでいます。

 

ですが、野菜ジュースは製造過程で失われる栄養素があるのです。

 

それが、「野菜ジュースは意味がない」と言われる所以です。

 

失われる栄養素は大きく2つ。

 

ビタミンC不溶性食物繊維です。

 

美容に詳しい人じゃなくてもご存知かもしれませんが、ビタミンCを摂取すると、美肌効果や肌をはじめとする体へのアンチエイジング効果などがあります。

 

もし不足すると、壊血病、歯茎・皮下の出血、骨の形成不全などの健康被害が起こります。

 

本来、野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれていますが、ジュースにする過程のうち加熱処理の部分で熱に弱いビタミンCは失われてしまいます。

 

しかし、ビタミンCを後から添加している製品も多いので、野菜ジュースを選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

食物繊維は腸内環境の改善、便秘の改善などに役立ちますが、実は2種類あって、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分類されます。

 

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、不溶性食物繊維は水に溶けにくいのです。

 

しかし、野菜ジュースにする過程で、その不溶性食物繊維の方が搾りかすとして取り除かれてしまうのです。

 

実は野菜には不溶性食物繊維の方が豊富に含まれているんです。

 

なので、野菜ジュースは野菜を食べる代わりにはならないといえます。

 

水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もバランスよく摂らなくてはいけませんので、やはり、本物の野菜を食べることが1番です。

 

また、咀嚼の点でも効果が異なります。

 

野菜をよく噛んで食べることにより、消化・吸収が良くなって食欲が抑えられたり、満腹感が得られたりしますが、野菜ジュースにはそういった効果は得られにくいと考えられます。

 

Sponsored Link

 

野菜ジュースは栄養がない?飲む意味はないのか?

といっても、野菜ジュースに栄養が無いという訳ではないのです。

 

水溶性のビタミンは製造過程で飛んでしまいますが、脂溶性のビタミンA、ビタミンEなどは熱で飛ぶことはそんなにありませんし、またミネラル(カリウム、マグネシウムなど)もジュースに残りやすいです。

 

食物繊維も不溶性食物繊維は取り除かれてしまいますが、水溶性食物繊維は残ります。

 

ただ、これは製品にもよるので、成分表示を見て確かめてくださいね。

 

「野菜ジュースは栄養バランスが崩れているし飲む意味がないじゃないか!」という意見もあるようですが、私はそうだとは思いません。

 

効果的な飲み方をすれば健康の維持に一役かってくれるようですよ。その4つのポイントを紹介しますね。

 

ソフトドリンクの代わりに!

 

外食などでお茶や水以外のドリンクを飲む機会がある時に、炭酸飲料やソフトドリンクではなく、野菜ジュースをチョイスするようにすると、それらのドリンクに比べると健康にいいでしょう。

 

むしろ、おやつの代わりに飲むことで健康に一役買ってくれそうです。

 

ただし、毎日野菜ジュースを飲むと、糖分や塩分を多く摂ってしまうことになり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクが上がる可能性があるので、野菜ジュースを飲むのは時々にした方がいいようです。

 

食物繊維、ビタミンCの多いものを!

 

食物繊維やビタミンCは、野菜ジュースを製造する過程で少なくなってしまいますが、それらを補うために後から添加しているものもあります。

 

パッケージの成分表示を見て、栄養素が多く含まれているものを選ぶのがおすすめです。

 

野菜ジュースを自作しよう!

 

自分で野菜ジュースをミキサーやブレンダーで作るのもおすすめです!

 

自宅で作ると加熱処理をしないので、ビタミンCなどの栄養素も無くなりません。市販の野菜ジュースよりも栄養価の高いジュースになりますよ。

 

食前に飲もう!

 

ベジファーストって聞いたことありますか?

 

食事の際に、糖質の高いもの(ご飯やパンなどの炭水化物)から食べると血糖値が急激に上がってしまうが、まず野菜から食べると血糖値の上昇が緩やかになるという食べ方です。

 

同じように野菜ジュースから飲むようにすると、血糖値の上昇を抑えることができるので、特に糖尿病やメタボリックシンドローム予備軍の方におすすめの飲み方です。

 

野菜ジュースは手軽に野菜がとれる便利な飲み物ですが、頼りすぎずにうまく利用して、野菜の摂取量を増やしていきたいですね。

 

野菜ジュースを飲むことは野菜を食べることと同じではないので、できるだけ本物の野菜をたくさん食べるようにしましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: