電子タバコの安全性は?本当は害があって危険?

318844

最近タバコに代わる新しいものとして電子タバコが人気を集め始めています。

試してみた愛煙家の方や、友達のものを試しに吸わせてもらったというような方も多いのではないでしょうか。

でも電子タバコの健康に対する害はタバコと比べてどうなのでしょうか。

もちろん禁煙グッズとして販売しているものですし、害なんてないでしょ?

と思っていたのですが、なにやら怪しい噂が流れているようです。

この記事では電子タバコの安全性について紹介します。

Sponsored Link

電子タバコはタバコよりも安全って本当?その根拠は?

タバコは様々な害が言われています。

これは完璧には分かっていないのですが、ニコチン、一酸化炭素、燃焼によってできる微粒子、タールなどの発がん物質などの影響が言われています。

では電子タバコはこれらの物質は含むのでしょうか。

まずニコチンですが、日本で売られているものは基本的にニコチンを含みません。

海外のものはニコチンを含むもの、含まないものがあるのでよく気をつけるようにしましょう。

また、一酸化炭素や微粒子やタールなども発生しません。

一酸化炭素や不完全な燃焼により発生するのですが、電子タバコは香料などの入った「リキッド」と呼ばれる液体を温め蒸気にしているだけであり燃焼が起こっていないためです。

同じく燃焼が起こっているわけではないので、燃焼により発生する微粒子やタールも発生しないんですね。

そのためタバコに含まれる有害物質を比較すると電子タバコは安全ということができそうです。

Sponsored Link

他に有害物質は発生しないの?他にも危険性はないの?

先述した通り、タバコに含まれる有害物質は含まれないため、安全である可能性が高いということは説明できますが、本当に安全かどうかは未だに議論が続いています。

まずはまだ発売されたばかりなので、長い間摂取し続けても安全であるということを積極的に証明するものがありません。

もちろん、今まで良く知られているような有害物質がないことや、ちょっとの期間吸っただけでは何の問題はないということはわかっていますが、例えば30年喫煙した場合の影響などはまだ不明です。

また、タバコの場合はタバコの葉を原料にしているため、作り方などがある程度どのブランドのものでも一定です。

しかし、電子タバコに使われるリキッドは香料、安定剤、保存剤などに何を使うか、どのような配合で作るかが一定ではないため、一部のものは健康被害をもたらす可能性があります。

実際、日本ではリキッドを蒸気にすることで発がん性物質として知られるホルムアルデヒドが含まれることが厚生労働省の調査で明らかになり、ニュースで大々的に報道されました。

他にも、一部のリキッドに使われているプロピレングリコールやジアセチルは目や呼吸器の粘膜にダメージを与えることが知られています。

これらの物質をごく微量であっても毎日長期にわたり吸い続けることがどれくらい影響を与えるかは不明であり、今後も調査が行われていくようです。

ですので、現時点では健康に被害がある可能性もあるし、ない可能性もあるということが言えます。

Sponsored Link

タバコの方が良い?それとも電子タバコ?

電子タバコの影響がまだわかっていないことから、どちらが良いか決めることは難しいのです。

しかし、ギリシャやイギリスの研究グループはタバコよりも電子タバコの方が体にいいので電子タバコに切り替えるべきだという主張を行っています。

一方、アメリカの研究グループは5V以上の電圧で吸引する電子タバコの場合は、ホルムアルデヒドが大量に含まれてくるため発癌リスクがタバコの5〜15倍になるという研究報告を出しています。

現時点では3.3V以下の電圧で吸う電子タバコの場合はホルムアルデヒドは検出されないということなので、それ以下の電圧で電子タバコを吸うことが安全かもしれません。

ただし今後の研究次第では別の発がん物質が見つかる可能性もあります。

そのため現時点ではどちらがいいかということは個人の考え方によると言えるでしょう。

また、禁煙を目的にしてニコチンの入っていない電子タバコに移行し、そのまま少しずつ吸う量を減らしどちらも吸わないようにするという方法もあるようです。

どちらを吸うにせよ、リスクがあることは自覚した上で決断するようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA