頬骨 高い

neta-life【ネターライフ】

頬骨が高い!出ている頬骨を治す方法!

読了までの目安時間:約 12分

105770

 

頬骨が出ていて気になる...

この頬骨が引っ込んでくれたらもっと可愛く、またはかっこよくなるのになぁなんて悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

 

頬骨の出っ張りを改善するためには、整形、骨気などの骨矯正、自分でマッサージする等、様々な方法があります。

 

 

頬骨が出ている原因は自身の元々の骨格や顔の歪みが原因です。

顔の歪みが原因で頬骨が出ている場合は治せる場合があるようです。

 

 

今回はそんな悩める頬骨が出ている場合の対処法、改善方法を詳しく説明していきます。

 

Sponsored Link

顔の歪みの原因

頬骨が出ている原因が顔のゆがみの場合は案外治せる可能性があります。

その為、まずはゆがみを改善してみるのも一つの手です。

 

まずは顔の歪みの原因やチェックポイントをご紹介します。

 

顔の歪みの原因としては大きく分けて3つあります。

 

 

1)噛み合わせが悪い場合

①歯の生え方に問題がある
②歯並びが悪い
③抜歯したあとに放置しておいた

 

噛み合わせが悪い場合、片方だけの筋肉が発達してしまう場合や下あごがずれてしまう場合があります。結果、ゆがんだ顔になってしまいます。

 

 

2)直接影響してしまう日常的なクセ

①片側だけで噛むクセがある場合に片方だけの筋肉が発達してしまう
②決まった側を下にして寝るので、重力によって徐々に歪んでしまう

 

 

3)間接的な日常のクセ

①決まった側でカバンを持つクセがある
②足を組んで座ってしまうクセがある
③利き手、利き足を中心に使うスポーツをしている

 

 

身体の歪みを引き起こしやすい動作がある場合、それがそのまま顔の歪みにつながってしまう場合もあります。

顔と身体とはお互いに影響を受けやすく、首の骨の頸椎だけで支えられているからです。

 

 

顔の歪みを取り除くには、原因を取り除くことが必要になってきますが、原因もひとつだけではないので、できる範囲でゆっくりと改善していくことが大切です。

 

Sponsored Link

顔の歪みとチェックポイント


顔が歪んでいると現れてくる症状があります。

 

●頭痛、とくに片側の偏頭痛などがある
●目の奥の痛み
●顔のむくみ
●顔のくすみ
●顔のえらが張る

 

ほかにも症状は肩こりや、腰痛、心身が疲れやすいということなどがありますが、これらの原因が身体や顔の歪みが原因ということを知っている人は少ないです。

 

 

顔の歪みの原因として噛み合わせが悪いことが原因となっていると、口を開ける際に痛みがあったり、片側の顎がゴキッというような音がしたり、噛んだり話をしているとすぐに疲れてしまうといったような症状があります。

 

 

顔が歪んでいると一口にいっても、そのチエックポイントはたくさんあります。

 

①顔全体でも右側や左側だけが上にあがっている
②目頭、目尻の位置がずれている
③眉毛の位置が違う
④頬骨の位置が違う
⑤口角の位置が違う
⑥ほうれい線が片側だけにできる
⑦小じわが片側だけに多い
⑧しみが片側だけに多い
⑨笑ったときに片方の口の端だけが上がる
⑩顎のとんがりも右や左にずれている

 

顔の歪みは頬骨が出てしまうだけでなく、いろいろな症状が現れる場合が多いです。

 

 

じっくりと鏡の前でチェックしてみることが必要で、身体から歪んでくると顔の歪みだけを治すのは難しくなってきます。

 

 

身体から歪んでいる人は左右の肩の位置がずれている場合が多いですので、整体などで身体の歪みを治すことがおすすめです。

 

 

また、骨格を矯正する為に骨気と言う施術がありますが、骨気の効果についての記事もこちらにあるので、是非参考にしてみてください。

 

骨気は効果ない?効かないと言われる本当の理由は?

 

顔の出っ張りと表情筋の関係

 

285709

 

頬骨や顔の各所の出っ張りの原因には骨格や顔の歪み以外にも表情筋の凝りと言うのがあります。

こめかみや目の周辺にある表情筋が縮んで凝ってしまうと頬の位置をつり上げてしまうというものです。

 

 

これは日常的に目に疲労がある人や苦笑いをするクセのある人、顔をはりつめた環境におきやすい人などに特にみられる現象です。

こめかみや眉間に力が入り続けることで、表情筋が凝り固まってしまうんですね。

 

 

表情筋は寒い時期になると固まりやすくなり、脂肪や浮腫などがあると懲りに気がつかない人も多いようです。

緊張してしまった顔の筋肉はなかなか元に戻りづらく、頬の骨が出っ張ったような状態にさせます。

 

 

基本的には普段の表情筋の緊張を取り除くことが必要ですが、他にも半身浴や顔、頭皮の温冷療法をやってみることがおすすめです。

 

 

特にこの頬の出っ張りを改善するためには、こめかみや目の周辺をよくマッサージすることが大切です。

 

表情筋のストレッチや凝りをほぐす方法

 

表情筋の凝りをほぐす方法ですが、普段使っていない顔の筋肉のストレッチをすることが必要になってきます。

 

 

まずは、顔の筋肉を指でじんわりと押してみたり、左右に揺らすとほぐれやすくなってきます。

指先で筋肉をほぐしていくようし、押す強さとしては「痛くない程度」で約1分くらい続けてみます。

 

 

指でのマッサージが終わったら「あ・い・う・え・お」と言葉を発しながらはっきりと顔の筋肉を動かします。

口角を左右片方ずつあげながら、目も大きく見開いたり、ぎゅーとつむったりしてみましょう。

 

 

左右対称に行うことで表情筋の凝りが大分取れてきます。

凝りがほぐれたら次はストレッチによる歪み対策です。


1.手の平を両耳の下にあてたら右の手は頬を後ろ方向にねじります。

右は前方向にねじりながらゆっくりと口を5回開けたり閉じたりします。

反対も同様に行います。

 

 

2.右手をおでこにあてたら、左手は顔の正面から両頬骨において右手は右方向におでこをひっぱります。

左手は両頬骨を左方向に引っ張りながら口を5回ほど開いたり、閉じたりしてみます。

反対も同じように動かします。

 

 

3.こめかみにそれぞれの手の指のひらをあてたら、すっぽりと手の平で包みます。

そのままで上下にひっぱりながら5回ほど口を開けたり、とじたりしてみます。


ストレッチとしては短時間でできる顔の歪みの矯正法です。

ストレッチとしては、短時間で効果が出るものではありませんが、続けることで効果がみられるようになってきます。

 

頬骨を矯正するためには?

 

表情筋の凝りやこわばりが取れたら次は骨格矯正です。

根本的に頬骨が出ているという以外にも顔の歪みが原因で頬骨が出てしまっている場合があります。

 

 

また、顔のゆがみによって変なところに肉が付いたり、骨盤の歪みと同じく、歪んでいると痩せくくなるという場合があります。

顔痩せしにくくなるといったデメリットもありますので、是非矯正していくことを推奨します。

 

 

顔の歪みを治す方法にはさまざまな方法がありますが、今回は簡単な方法で手ごろに出来る割り箸を使った方法を紹介します。

 

 

基本的に噛み合せを矯正する方法ですが、歪んだ顔を治すにはまず、正しいかみ合わせが非常に大切ですからね。

 

1.口を「い~」というようにして割り箸を挟みます。

 

 

2.咬み合わせたときに下あごの修正位置を図り、綺麗なかみ合わせになっているかを確認します。

 

 

3.その姿勢を維持したり、首をひねったり、割り箸を何度も噛んでみます。

 

これを普段暇な時などを活用して行ない矯正します。

ただ、この方法は効果が出るまで時間がかかります。あせらずにじっくりと続けていきましょう。

 

 

いかがだったでしょうか?

出ている頬骨の原因や自力で治していく方法をご紹介しました。

 

 

基本的には骨格に関することは一朝一夕で治るものではありません。

原因をしっかりと理解することで、その原因をじっくりと解決していくことが大切です。

 

 

今回ご紹介した方法も決して即効性はございませんが、しっかりと矯正できると思いますので、是非試してみてください。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: