頭皮 フケ

neta-life【ネターライフ】

頭皮からでかいフケやかさぶたが出る原因!対策と予防法はコレ!

読了までの目安時間:約 6分

393409

私たちは生活している中で色んな身体の悩みを持っている事と思います。

 

様々な病気、風邪や頭痛もそうですし、皮膚の炎症など見た目で分かるような症状に悩んでいる方も少なくありません。

 

そんな中、頭皮から出る大きいフケに悩んでいる方はとても多く、服装にも困るし何よりかゆい!という方もいらっしゃります。

 

そこで今回は頭皮のフケについて原因や対策、予防法を詳しくご紹介します。

 

Sponsored Link

 

頭皮からでる大きいフケの原因

フケの原因は新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれたものです。

 

フケが出る人でない人と思われがちですが、実はコレ誰にでも出ているのです。

毎日シャンプーで頭を洗って衛生的にしていてもフケは出てしまいます。

 

健康な場合はフケは目に見えないほど小さなものなので気にならないのですが、お肌のトラブルや新陳代謝が悪いなど、何か問題が起きるとフケの大きさは目に見えるほどになり、悩みの一つとなってしまうのです。

 

頭を掻くとフケが落ちる!という方は要注意ですのですぐに対策を考えましょう。

 

原因をより詳しくご説明すると、皮脂の過剰分泌のホルモンバランスの乱れや、精神的なストレスが挙げられます。

 

ストレスは根本を解決しなければフケも治らないので、頭を丁寧に洗っていればフケは抑えられる!という訳ではないのです。

 

Sponsored Link

 

フケの種類

ただフケといっても実はフケには種類があるんです。

 

ひとつは乾性しているフケでパサパサしているもの

 

そしてもうひとつは脂性のベトベトしたものです。

 

乾性のものは気がつくと方や洋服が真っ白になっており、誰もが気がつくような状態です。

頭皮が乾燥しておりすぐに剥がれてしまう状態ですね。

 

抗菌に最低限の皮脂が分泌されないため最近にとても弱くなっており皮脂が荒れやすいのです。

 

乾性フケの原因として刺激の強いシャンプーの使用、ストレス、運動不足、食生活の乱れ、パーマやカラーによる頭皮への刺激、不衛生にしているなどが挙げられます。

 

脂性のフケは頭皮に分泌される皮脂が過剰になっており湿り気を持ったフケの状態です。

 

ベタベタして頭皮にかゆみも発生し、固まって髪の毛と絡んだりと厄介なものです。

 

原因については頭皮の皮脂を栄養としている菌の地肌発生と考えられています。

 

この症状は乾燥フケとも似たような原因で清潔にしていない、睡眠不足、食事のバランス、ストレス、ホルモンバランスなどが原因として挙げられます。

 

フケの対策と予防法

そんな悩ましいフケの対策と予防法はどんなものなのでしょうか。

 

乾性フケの対策と予防法

 

・シャンプーの種類を見直して低刺激のものにする。

洗い方もゴシゴシせずに、ささっと洗い流すイメージにする。シャンプーは少量を手に取り、長時間頭皮に当てたままにしないことです。

 

・定期的に運動を行い体を動かす。

新陳代謝を良くして体の内側から改善していく。精神的なストレスを持っている方も体を動かすということはストレスの発散にもなるので一石二鳥でしょう。

 

・ヘアケア(カラーリング、パーマ)整髪料は頭皮の状態が良くなるまで行わない。

 

・バランスの取れた食事を心がける。

野菜だけ、お肉だけ、甘いものだけ、などと偏った食生活を見直しましょう。

 

・睡眠をよく取ること。

成人でも1日7時間以上は必要です。睡眠不足は免疫力低下にもつながってしまうので皮膚の再生も遅くなります。睡眠を十分に取ることから始めましょう。

 

脂性フケの対策と予防法

 

・シャンプーは使いすぎに注意し長時間頭皮に当てないようにして下さい。

量も少量をよく泡立てて使い、流す際はぬるま湯でささっと流します。

 

・抗菌作用のある薬用シャンプーを使用する。

オーガニック製品や薬用で抗菌を目的としたものをお勧めします。

 

・専門の医師に診てもらう。

皮膚科に行きましょう。脂漏性皮膚炎の疑いが考えられますと自力では改善が難しいのです。

 

脂漏性皮膚炎とは?

上記の脂性フケにも書いてある脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い場所に起こる皮膚炎の一つです。

 

特に花の周辺や頭皮によく起こります。

原因は皮脂の分泌量が多すぎることや不衛生、カビの繁殖が考えられています。

 

状態は赤みのある湿疹で皮膚がフケのように細かく剥がれていきます。

 

成人でも発症し再発を繰り返すのですが治るのには時間がかかるのです。

 

乳児にも多い病気のようですが、自然に治ることがほとんどです。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: