骨気は効果ない?効かないと言われる本当の理由は?

212217

小顔療法で最近話題の骨気(コルギ)。

骨気とはお隣の美容大国である韓国から入ってきた美容法で、顔の筋肉を動かすのではなく骨を動かすことでで顔のゆがみを治そうというものです。

そのため効果が出るまでに時間がかかるものの、効果がでたらその効果は長続きすると言われており注目を集めています。

実際、顔が大きくて悩んでいる人にとってはかなり気になる療法ですよね。

しかし、なにやらその値段の高さや本当に効果があるのかという疑問から賛否両論の意見が交わされているようです。

今回の記事では骨気の否定派の意見を集めてみました。

骨気は効果が無いと言われている本当の理由を詳しく説明したいと思います。

Sponsored Link

顔のゆがみは骨のゆがみなの?顔の骨は動くの?

顔のゆがみについてですが、具体的に眉毛の高さが左右で違う、頬の高さが左右で違う、笑ったときの口のあがり方が左右で違うといったように顔の形で悩んでいる方が多いようです。

骨気ではこのゆがみの原因が骨のずれが原因だとしています。

そこでひとつの疑問が浮かび上がるのですが、そもそも本当に骨は歪むのでしょうか?

まず、実際にゆがんだ顔の骨の実物や写真を見たことはありますか?

耳鼻科にかかったことがある方は頭のレントゲンを撮ったことがある方もいると思いますが、見て分かるほど骨がずれている方は全くいないそうです。

また、骨気の矯正結果などで頭蓋骨の写真を比較するものが多くありますが、写真では施術前は少し斜めから撮り、わざとずれているように撮影されていることがほとんどです。

そして施術後は真正面から撮り矯正されたかのように撮影され、本当にあてになるのかは疑問が残ります。

 

次に医学書やインターネットなどで顔の骨のイラストや模型を見てみてください。

そうすると顔の関節は顎関節しかなく、それ以外の部位では骨と骨がミシンでの縫い目のようにギザギザにくっついているのがわかります。

これは医学的に「縫合線」と呼び、その名の通り縫い目のようにしっかりと骨と骨とがつなぎ合わされているので動くということが全くありません。

実際、顔にはたくさんの神経、血管、筋肉があり、すぐ近くには脳もあるので骨がずれてしまってはいけないので、縫合線という他の部位にはない特殊な骨のつなぎ方で顔の骨を形成しています。

そのため、顔の骨が少なくとも見違えて分かるように動いたり、体験談にあるように「バキッと音がして」動いてしまうことはありえません。

ただし、顎の関節の場合は別で、顎の関節は他の体の部位と同じような関節の構造をしており自由に動けるようになっています。

Sponsored Link

顔のゆがみは筋肉のせい?骨気の効果は筋肉で説明できる?

顔の一つの特徴は表情を表す部位であることから、たくさんの筋肉がついていることが挙げられます。

特に、眉、頬、口元などのゆがみが気になる部分は、表情を出すために豊かに動く必要があるので、筋肉が発達しています。

そのため、これらの部位にゆがみが目立つのは、筋肉の付き方が不均等になっていることが現在では考えられています。

筋肉の付き方が原因であれば、力を抜いたら左右対称になるのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし、筋肉は力を抜いた段階でも自然とある程度収縮しているため、筋肉の付き方が違うとこの自然な収縮の力も違うため左右で違いが生じてきます。

この左右の違いは食べ物を噛むときに左右どちらを使うか、少し顔の表情を動かすときにどちらの顔をよく使うか、顔をしかめるときにどちら側をしかめるか、というような日常のちょっとした動作で筋肉の発達に差が出てきます。

そのため、顔の筋肉トレーニングで左右ともしっかりと顔の筋肉を鍛える事で、筋肉の左右差を無くし顔のゆがみをとったり、筋肉を鍛える事で顔が引き締まり小顔効果が出てきます。

Sponsored Link

骨気は顔の筋肉のトレーニング?

それではよく言われる骨気の効果は筋肉で説明がつくのでしょうか。

骨気の特徴はぐいぐいと力を使って顔の骨を押していくことですが、このときに強い痛みが発生するようです。

そうすると我々の体は、痛みに対する反射として筋肉をこわばらせるので顔をしかめる訳ですが、このときに顔の筋肉を鍛えることになります。

実際、顔の筋肉トレーニングには思いっきり目をつぶったり、思いっきり口を閉じたりといった動きがあり、骨気を受けている時には筋肉トレーニングをしているのと同じ動きをしていることになります。

痛みのないと言われる骨気の場合でも顔の筋肉には力が入るので同じと考えられます。

また、骨気の効果の一つに厚くなった骨膜を矯正するというものがあるのですが、骨膜は1mm弱しかないような線維の膜なので、これを無理矢理薄くするということはできないでしょう。

仮にできたとしてもほとんど効果はないと言えます。

結局骨気は効果があるの?

骨気の効果に関しては、よく言われるように骨を動かして効果を得るという効果は期待できないというのが否定派の意見のようです。

しかし、骨気により二次的に筋肉が鍛えられることで効果が出ることは考えられるので、全く効果がないとは言えないようです。

ただ、普通の顔の筋肉トレーニングを上回る効果が出るか、コストパフォーマンスでまさるかどうかは各自で判断する必要がありそうです。

乳幼児に独自の運動健康法を施して死なせてしまった方が逮捕されたというニュースがありましたが、大胆な方法を取る施術ほど副作用もある可能性が高いものなので、少しでも不安のある人は双方の意見をきいてしっかり考えましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください