髪の洗い方

neta-life【ネターライフ】

髪の洗い方!美容院後のようにサラサラにする方法!

読了までの目安時間:約 8分

397088

 

誰もが憧れる、美容院帰りのようなサラサラヘアー。

 

きれいな髪の毛の人は全体的に清潔感があり、女子力の高さも感じますよね!

 

あの髪の質感をいつまでも保ってられたら嬉しいですが...

 

ここではちょっとの工夫をすることで誰もがサラサラヘアーになれるコツをお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

 

髪をサラサラに保つための4つのポイント

髪をサラサラを保ちたいといってもテキトーに髪を洗って乾かしてってやっていても美容院後のようなサラサラヘアーを保つ事はできません。

 

実は髪をサラサラに保つためには大事なポイントが4つほどあります。

 

①洗い方に気を付ける
②乾かし方に気を付ける
③摩擦を避ける
④必要なアイテムを使用する

 

これらのポイントをしっかりと実地していくことで綺麗な髪を保つ事ができるのです。

 

では、これらのポイントを詳しく説明しますね!

 

洗い方に気を付ける

そう。髪の毛をサラサラに保つためには、正しい髪の洗い方があります。以下に詳細を書いていきます。

 

まずシャンプーの量ですが、使用する際の適量というものがあります。髪の長さごとに説明しますね。

~シャンプー量の目安~
★ショートヘア→1~2プッシュ目安
★ミディアムヘア→2プッシュ目安
★ロングヘア→2~3プッシュ目安

 

上記の目安通りに使用すると良さそうです。

 

洗い残しを感じる場合は少し量を減らすなどしていくと良いかもしれません。

 

続いて、洗い方について説明していきます。

 

1.まずはしっかりブラッシングしてから髪を洗っていきましょう。

絡まったまま洗ってしまうとダメージの元になったりします。

また、絡まりを無理にひっぱってほどこうとするのもNG。

少しずつほどくようにしながら優しく梳いていきましょう。

 

2.ここですぐシャンプーをつけずにまずはお湯で素洗いをします。

そうすることで髪の表面の汚れを浮かせ、髪の毛を洗う準備ができるようになります。

 

3.準備が整ったらシャンプーをべたっと髪につけるのではなく、少し泡立ててから髪につけるようにしてください。

シャンプーが髪全体に行きわたり、泡立ちやすくなってきます。

 

4.泡立てたシャンプーをまんべんなくつけるため、数か所に分けて地肌につけるようにして塗っていって下さい。

地肌を意識しシャンプーをつけたら、優しくもみ込むように髪を洗っていきます。

ポイントはゴシゴシと爪先でひっかくように洗うのではなく、指の腹を使って優しくマッサージしていくように洗うことです。そうすることで、地肌を傷つけることなく洗いあがります。

 

5.しっかり髪を洗ったら、また指の腹で地肌をマッサージするように、泡を洗い流していきます。

耳の裏の汚れなどもふけの原因となってしまいますので、忘れず洗うようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

乾かし方に気を付ける

綺麗に洗いあがったら、丁寧にドライヤーで乾かしていきましょう。

 

乾かす距離は最低でも20cmは守り、キューティクルに沿って上から下へとななめの確度でドライヤーをかけていってください。

 

早く乾かしたいがためにドライヤーを地肌に近づけがちですが、きちんと距離を守ってくださいね。

 

また、生乾き状態で練ると雑菌が生まれ、頭皮が炎症を起こしかゆみやふけなどが生まれる原因となるので、しっかり根本まで乾かすようにしましょう。

 

摩擦を避ける

髪の毛は摩擦に大変弱いです。

 

ロングヘアーの人は寝る時はシュシュなどのやわらかいゴムでゆるく結び、上に上げるようにして横になるのがオススメ。

 

ただきつく結びすぎないよう注意!跡がついたり、不眠の原因となってしまいます。

 

Sponsored Link

 

必要なアイテムを使用する。

ここでは、髪の毛をサラサラに保つために必要なアイテムについてお話しします。

 

その1.ヘアブラシ

サラサラヘアのコツは、髪の毛をしっかり解かし、絡まりをなくすこと。そのためのヘアブラシにももちろんこだわると良いです。

メイソンピアソンのヘアブラシは、髪の毛を溶かすだけではなく、適度なマッサージもでき、トリートメント等の栄養分を毛先一本一本まで浸透させてくれる効果があります。

他にも、マークスアンドウェブのヘアブラシなど、オーク材を使用されており、あたりが優しく、頭皮を傷つけることなく絡まりをほどいてくれます。

 

その2.洗い流さないヘアトリートメント

シャンプーできれいにした髪のうるおい効果を守るために必要な「アウトバストリートメント」。

ドライヤーの熱から髪を守るためだけでなく、摩擦や紫外線から守ってくれる効果があるので必ずした方がよいです!

オススメなのは「モロッカンオイル トリートメント」。

保湿成分のアルガンオイルをはじめとして、補修成分のあるプロテインや脂肪酸、ビタミンと、必要な栄養分がたくさん含まれているので、トリートメントとして美容院でも重宝されています。

またスタイリング剤としても使用できるので、一本あるととっても便利!

 

その3.低温ドライヤーを使う

高熱を当て続けることは、頭皮や髪の毛が痛む原因となります。

なるべく低温のドライヤーを使用すると良いです。

パナソニックの「イオニティ」は、5000円以下で買えるのに高機能でとってもオススメ。

通常のドライヤーの吹き出し口温度が100℃程度になりがちなのに比べ。イオニティは最高時で64℃。

また、マイナスイオンも放出する機能がついているので、キューティクルが持続させてくれる効果があります。

髪に優しいのに、風圧が高めなので、早く髪の毛を乾かしてくれるので、時間がない時にも便利!

 

 

いかがでしたでしょうか。

憧れのサラサラヘアーで、暑い日も楽しくお出かけしましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: