たまごの賞味期限・消費期限は何日?いつまで食べられる?

058524

少し前に“たまごかけごはん”が流行ったように、日本では生たまごを食べるのは当たり前ですよね。

でもこれ、実は世界的に見ると珍しいんです!

外国人に聞くとたまごの生食はありえないといわれます。

たまごにはサルモネラ菌がいるのでちゃんと熱を通して菌を死滅させないといけないんですね。

日本のたまごが生で食べられるのは生食前提で管理されているからなんです。

ですから、外国のたまごを生で食べるのはやめましょう。

ところで、日本のたまごの賞味期限がどういうものか知らない人も多いので、そのことについてお話ししたいと思います!

Sponsored Link

日本のたまごの賞味期限

海外ではたまごの賞味期限は腐らない目安として表示がされています。

そのため、冷蔵でだいたい2、3ヶ月と日本のたまごの賞味期限と比べると長い期間が設定されていることが多いです。

対する日本のたまごですが、こちらは生食前提で考えられているので細菌があまり繁殖しない2週間程度の期間で賞味期限が設定されています。

また、日本のたまごは新鮮なうちに店頭に並ぶように流通経路が工夫されているので生食を可能にすることができるのです!

賞味期限を過ぎたたまごは食べられない?

日本のたまごの賞味期限はズバリ生で食べられる期限を示しています!

生で食べるときはこの賞味期限を守るようにしましょう。

しかし、熱を通して食べる場合はこの限りではありません。

賞味期限を過ぎるとたまごの中のサルモネラ菌が増えますが、充分に熱を通せば菌は死滅するので熱で調理するのならば、賞味期限からだいたい1ヶ月ほどは食べることができると考えていいでしょう。

ただし、熱を通したからといっても半熟は危険です。

半熟の場合は賞味期限内のたまごを使うようにしてください。

たまごは意外に日持ちする食品なので、賞味期限が切れたからといって捨ててしまうのはもったいないですよ!

意外と知らない?たまごのNG管理法

¡“ú‚à‚²‚Í‚ñ‚ª‚¨‚¢‚µ‚¢I

実は生たまごは水で洗ってはいけません。

表面に付いたサルモネラ菌を洗い落とせると思ったら大間違い!

むしろ、逆効果になってしまうんです!

たまごには、息をするための微細な穴があいています。

水で洗ってしまうとこの穴を水がふさいでしまって中身が腐りやすくなってしまうのと、表面に付いている細菌を中に入れてしまう原因になってしまうので良いこと無しです!

絶対にやめましょう!

 

いかがでしょうか?

安全を守るためならば賞味期限を守るのが一番いいですが、たまごは意外にも日持ちする食材なのであまり神経質にならずに、よく熱を通して食べるようにするといいですよ。

熱をとおせば、多少賞味期限を過ぎていても安全に食すことができますので、ぜひぜひ活用していきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください