キャベツの千切りを保存方法!冷凍や賞味期限の目安

021413

春キャベツや冬キャベツ、グリーンボールなどキャベツには様々な品種があり、サラダやスープに炒めものなど数多くの調理方法があります。

皆さんの食卓にも一般的な食材ではないでしょうか。

でもキャベツって1玉丸々買ってもすぐ消費できないのよね…

1人暮らしだとすぐ腐らせちゃう…

そんなお悩みを抱えた皆様にキャベツの保存方法などを今回ご紹介させていただきます!

Sponsored Link

冷蔵保存の方法と保存期間

キャベツの保存適正温度は0~5℃と言われています。

冬場でなければ保存は冷蔵庫で保存することになります。

キャベツを長く保存するには正しい保存方法で保存することが一番です。

では簡単に保存方法をご紹介していきます。

1.キャベツの芯部分を包丁またはナイフでくりぬきます。

 

2.芯を抜いた穴に水を含ませたペーパータオルを詰め込みます。

 

3.軽く湿らせた新聞紙で包んで冷蔵庫の野菜室に保存します。

 

4.芯部分のペーパータオルは定期的に湿らせて乾燥させないように気をつけます。

カットされたものよりも1玉丸ごとの方が保存はききますので1玉で買うことがおススメです。

冷蔵保存期間は2~3週間程度が目安です。

キャベツの場合千切りでの長期保存のコツとしては水につけておくことが一番です。

ただし、1日程度しか冷蔵保存は持ちませんので、冷凍による保存方法を次でご紹介させていただきますね。

Sponsored Link

長持ちさせるコツ

キャベツを長持ちさせる裏技的な方法をご紹介します。

こちらの方法で冷凍保存する場合は通常の冷蔵保存よりも長持ちしますよ。

1.千切りキャベツをざるに入れて塩を適量に振り手で揉みます。

 

2.しんなりしたら水で綺麗に塩を洗い流して手で水気を絞ります。

 

3.フリーザーバックに使いやすい分量に分けて入れ冷凍保存します。

冷凍保存の場合でしたら保存は1~2カ月程度に伸びます。

キャベツの千切りを上手に行なうコツ

最後に千切りキャベツを上手に切れないという方にポイントをご紹介します。

1.大きめの良く研いだ包丁を用意します。

 

2.キャベツは出来るだけ葉の厚さが薄いもので初心者はグリーンボールなどを使うのも一つの手です。

 

3.キャベツの葉を1枚ずつ丁寧にはぎとります。千切りに使うのは表面から2/3位で真ん中の部分は他の料理に使いましょう。

 

4.芯が無い部分と同じくらいの厚さに芯を削ります。くれぐれも切り取ってはいけません。

 

5.葉っぱを5枚程度重ねて丸めます。

 

6.包丁のグリップを親指と人差し指で軽く握り刃先が上下に動く程度にします。押し切りするとふかふかした千切りキャベツになりませんのであくまで包丁の重みで切るイメージです。

 

7.最後に30分程度水につけて終わりです。

 

分かりづらいという方も多いかと思いますので動画を載せておきます。

イメージ的にはこんな感じです。

中々イメージがつかないかもしれませんが特訓あるのみです!

キャベツは1年中食べる機会も多いですので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.