七草粥でむくみ解消効果あり!?栄養満点の七草粥の材料と作り方!

お正月が終わるとすぐにやってくる1月7日。

「・・何の日だっけ?」と、一瞬考え込む人もいるかもしれません。

存在感が薄い風習になりつつありますが、1月7は「七草粥を食べる日」ですよね。

でも、、、何となく食べてはいるけど、草を食べる意味や効能をイマイチ理解していない、知らない、という人もいるのではないでしょうか?

今回は七草粥を食べるのが楽しみになる、おいしいお粥の作り方や効能をご紹介致します。

Sponsored Link

七草の種類と効能は?

「セリ・・ナズナ・・ハコベラ・・え~と・・」こんなふうに、七草粥の草の名前を全部言えと言われると、ちょっと考えてしまう時ってありますよね。

うる覚えの人も、この際、覚えてしまいましょう!

七草粥に含まれる草の種類と効果、効果をご紹介します!

セリ

ビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。

免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防してくれ、疲労回復に効果があります。

それに加えてミネラルや鉄分も多く含まれているので、血液や骨の生成を助けてくれます。

セリは生薬としても使われており、神経痛などにも効果があると言われています。

ナズナ

道ばたによく生えている草で、俗に言う「ぺんぺん草」と言われる草です。

ビタミンA、B群、C、カリウム、鉄、食物繊維、カルシウムや亜鉛なども含まれています。

殺菌や炎症作用、止血作用などもあり、高血圧や便秘などの生活習慣病にも効果があると言われています。

女性にうれしい効能がたくさんありますが、ナズナには子宮収縮作用があるので、妊娠中の女性は食べるのを控えておきましょう。

ゴギョウ

ハハコグサと呼ばれているキク科の植物です。

咳やのどの痛みを和らげる作用があると言われています。

ハコベラ

タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルをはじめとした栄養に富んでいます。

また、利尿作用のあるサポニン、止血作用のあるクマリンが含まれています。

ホトケノザ

シソ科の一種で別名、サンガイグサとも言われています。

高血圧の予防や、胃腸の働きを整えます。

スズナ(かぶ)

スズナとはいわゆる「かぶ」のことです。

昔はかぶの事をスズナと読んでいたみたいです。

胃腸の消化を助けアミラーゼや、免疫力を高めるビタミンCなどが含まれています。

スズシロ(大根)

スズナと同じく、胃腸の調子を整えるアミラーゼや、ビタミンCが豊富で、肌を若々しくキレイに保つ効果もあります。

食物繊維も豊富で、便秘の解消にも効果があるので、女性にはうれしい成分ばかりです。

Sponsored Link

七草でむくみがとれる?

年末やお正月でついつい食べ過ぎてしまって、「あれ?なんか顔がむくんでいるような気がする!」と、鏡を見て焦った経験のある人も多いと思います。

そんな時にこそおすすめなのは七草粥です。

いろんな効能が期待できる七草粥には、むくみを取る効果もあるんです。

なぜかと言うと、まず、七草に含まれている栄養素で特に多いのは、たんぱく質やビタミンB1です。

たんぱく質は人間の体を作るのには欠かせない成分で、血液の中にも含まれています。

ところが、食生活のバランスが崩れて、このたんぱく質が足りなくなると、血液の中に含まれるたんぱく質が足りなくなってしまうんです。

そうなると、自律神経が「血液が薄くなってる!ちょっと水分を減らして今までと同じ濃さにしなきゃ!」」と、血液を一定に保つために、体の血液の水分を血管の外に出してしまうんです。

そのため、体がむくんでしまうんですね。

 

そして、もう一つの栄養素、ビタミンB1。

ビタミンB1は細胞を新しく作り変える働きを助ける作用があります。

つまり、ビタミンB1が不足すると、体の細胞は古いままで、どんどん体に老廃物が溜まっていってしまうんです。

その老廃物が溜まってしまうと、体のむくみになってしまう訳です。

この二つの栄養素を効率良く摂取する事ができる七草粥は、むくみで悩む女性の強い見方なんです。

たんぱく質やビタミンB1が多く含まれているのは、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラです。

「じゃあ他の草はあんまり意味ないの?」と思いますが、他の草にも利尿作用があり、これも体の中の水分を排出してくれる作用があるので、むくみに効果があるんです。

全ての七草が揃った「七草粥」がおすすめです。

Sponsored Link

七草を食べる意味と由来

そもそも、お粥に草を入れて食べる風習はいつからあるんでしょうか?

一説にはなんと鎌倉時代からあるとも言われています。

七草粥は元々中国の風習で、中国では古来1月7日に一年間の無病息災を祈って特別な野草を入れたお吸い物を食べる習慣があったそうです。

それが日本に伝わって、当時は野草ではなくヒエやキビなどの昔ならではの食材が使われていました。

それが鎌倉時代になって今の七草を入れるようになり、それぞれの草の名前や形から「縁起物」として、庶民の生活に浸透していったのです。

それぞれの草の意味は次の通りです。

セリ

新芽がたくさんあるので、セリ合って育つ事から、競りに勝つ、つまり「他者との競争に勝つ」という意味があります。

ナズナ

しな~っとした格好から、なでで汚れを払うという意味があります。

ゴギョウ

ゴギョウとは、人形のことで、仏の体を意味しています。

ハコベラ

細かい葉が茎にたくさんついているので、「繁栄がはびこる」子孫が繁栄するという意味があります。

ホトケノザ

地面に広がって生えている葉の姿が「仏の安座」に見える事から。

スズナ

スズナはカブの事で、昔はかぶを「すず葉」と言ったことから、「神様を呼ぶための鈴」という意味です。

スズシロ

昔は大根の事をスズシロと言っていました。白い姿が穢れのない白さを表しています。

う~ん、なるほど!

七草粥の作り方は?

たかがお粥、されどお粥。

ちょっと作り方にこだわれば、おいしい七草粥を食べる事ができますよ。

1.お粥は生米から炊きます。めんどくさい時や時間がない時は、普通の炊いたご飯から作ってもできますが、生米から作った方が艶のあるとろりとしたやさしい食感のお粥が作れます

 

2.お米が柔らかくなってお粥の状態になるまで弱火でコトコト炊きます。生米から作る場合は、弱火でも焦げ付きやすいので、時々かきまぜながら火加減には注意して下さい。

 

3.七草は事前に洗って、カブと大根であるナズナとスズシロを加えて柔らかくなるまで煮込みます。

 

4.ナズナとスズシロが柔らかくなったら、食べやすいサイズに切っておいた七草を入れます。

 

5.サッと煮たら、塩を入れて味を調えて出来上がり!

草のアクが気になるようなら、草だけ別にサッと塩茹でしておいて、食べる直前に入れる食べ方もあります。

また、作り方はわかっても草をどこで手に入れるかお悩みの方も多いでしょう。

昔はどこにでも生えていた草ですが、最近では住んでいる場所によっては自分で採取するのは難しい場合もありますよね。

「そもそも草の見分けがつかない・・」という人もいると思います。

うっかり違う変な草を取って食べてしまってはいけませんから、自分で取るのが難しい場合は買った方が安心です。

お正月が終わる頃になると、スーパーなどで「七草のセット」がよく売られていると思うので探してみて下さいね。

七草粥はいつ作っていつ食べるの?

風習通りに作るなら、前日の6日に作っておくのが本当なのですが、前日から作って置いておくと、お粥がふやけすぎてしまうのであまり美味しく食べられません。

草も色が悪くなってしまうので、味と見た目を重視するならやはり当日の朝に作って、出来立てを食べるのがおすすめです。

七草の効能や意味を何も知らずに食べるのと、知って食べるのとでは、効能の感じ方も違ってくると思います。

「体に効くんだ~」と思って食べると、なんだか本当に良い効果が出る気がしますよね。

来年はぜひ、家でおいしい七草粥を!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください