卵 一日 何個

neta-life【ネターライフ】

卵は一日何個まで?食べていい個数はどれくらい?

読了までの目安時間:約 7分

302046

 

よく卵は1日1個までと言われ、小さい頃に親に卵の食べ過ぎを注意されたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

現在卵の一日に食べていい数について議論が白熱しているのをご存知でしたか?

 

この結果これまでの常識が現在大きく変化しています。

 

この記事では卵の一日に食べていい個数の議論についてと、その結果何が変わったかについてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

卵に含まれる栄養素は?なんでたくさん食べたらいけないと言われていたの?

まず始めに卵に含まれる栄養についてです。

 

実は卵は栄養価の優等生とも呼ばれるほど栄養に優れた食べ物です。

 

私たちの体を作るタンパク質は20種類もあるアミノ酸がたくさんつながってできたものですが、このアミノ酸のうち体の中ではどうしても作ることができず、食事から摂取する必要があるものを必須アミノ酸と呼びます。

 

必須アミノ酸は全部で8つあるのですが、卵はこの必須アミノ酸をすべて含んでいます。

 

もちろんそれ以外のアミノ酸もバランスよくたくさん含んでいます。

 

 

卵は一個あたり80キロカロリーほどですが、タンパク質は一日に必要なタンパク質量の13%を含んでいるので低カロリー高タンパクな食べ物の代表格といえます。

 

タンパク質以外にもカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルを多く含み、ビタミンもビタミンA、B2、B12、E、D、葉酸を豊富に含んでいます。

 

 

1つ問題視されているのが卵に含まれるコレステロールです。

 

一日に摂取するコレステロール量の上限は300mgと言われているのですが、卵にはなんと250mgものコレステロールが含まれています。

 

血中コレステロールは動脈硬化や肝臓、膵臓の機能にストレスを与えることが知られているため、コレステロールを取りすぎるのは良くないとされています。

 

そのため、コレステロールが多い卵は1日1個までといままで指導されてきました。

 

Sponsored Link

 

卵を食べたら本当にコレステロールがあがるの?

 

血中のコレステロール値が高いと動脈硬化や膵炎などが起こりやすくなることは事実です。

 

今まではウサギやネズミにコレステロールを与えると血中のコレステロール値が高くなるという実験から、食事で取ったコレステロールは血中コレステロール値をあげると考えられてきました。

 

しかし、人間を対象にした実験からはコレステロールの高い食事をしても動脈硬化や膵炎になりやすいわけではなく、そもそも血中コレステロール値があがるわけではないということが最近になって明らかになってきました。

 

これは食事で摂ったコレステロールは血中にそのまま流れていくわけではなく、肝臓の細胞などに蓄えられ様々な用途に使われたりするため、すぐに血中コレステロール値に反映されないからではと言われています。

 

実際、コレステロールは体の中でも合成されているのですが、血中コレステロール値のうち約80%が体で合成されたコレステロールであり、残りの約20%が食事から摂ったコレステロールであることがわかっています。

 

また、大量にコレステロールを摂ったとしても体でのコレステロール合成が低下したり、コレステロールの吸収が低下したりするために、決してコレステロールの高い食事をとっても血中コレステロール値が高くなるというわけではないようです。

 

そのため食事のコレステロールは特に問題はないのではないかと考える人が現在では多く出てきています。

 

Sponsored Link

 

実際卵はいくつ食べても大丈夫なの?

173154

 

「卵は1日1個まで」という決まり文句はこれまで世界中で信じられてきました。

 

しかし、上記で述べた理由から、2013年にはアメリカの心臓病学会が「コレステロール摂取量の制限を設けない」ことを明言しました。

 

これは「コレステロールを制限しても効果がないことが示された」というわけではなく、「現時点ではコレステロールを避けた方がいいという証拠が足りない」ということなので注意が必要です。

 

日本の動脈硬化学会もこれを受けて、2015年に「動脈硬化防止のためのコレステロール制限を推奨しない」という声明を発表しました。

 

日本の学会はアメリカの学会よりは慎重派なようで、健康な人ではコレステロールの高い食べ物を食べても血中コレステロール値があがらないことは事実として認めながらも、もともとコレステロールが高い人や何か持病がある人などが血中コレステロール値があがらないかどうかはまだ証明されていないので気をつけるようにという姿勢を摂っているようです。

 

そのため、現在では食事のコレステロール値を気にしなくて良くなったので卵は1日何個食べても大丈夫ということができます。

 

トロトロのオムライスや、ふわふわの卵焼きなどはたくさんの卵を使うので、卵料理が好きな人にとっては朗報ですね。

 

ただ、血中コレステロール値が高くなると動脈硬化などの病気になりやすいというのは事実ですので、検査でコレステロールが高いと言われても勘違いして甘く見ないように気をつけてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: