運動会のお弁当を前日に作り置きする際のコツを紹介!

042-148897

子供の成長がはっきりとわかる楽しい行事『運動会』。

子供の学校の行事に参加できるのはいいんですが、この運動会で何よりも大変なのがお弁当です!

家族みんなの分を作る必要もありますし、周りのご家族にも見られるわけですので手抜きで作るわけにもいかないですし・・・

そうなると朝から準備するのも一苦労です。

そんなときは前の日に準備できたらいいですよね。

そこで今回は運動会のお弁当を前の日に作るポイントやコツ、注意点をいくつかご紹介したいと思います。

Sponsored Link

運動会のお弁当を前日に作る時のポイント

それでは運動会で大量にお弁当を作る際のポイントをいくつか解説します。

特に前日から作る際は悪くならないかという点と味が落ちないかという点です。

このポイントに絞って解説していきますので見て行きましょう。

作り置きする場合はどんな味付けをするといいの?

実は通常料理に使用する調味料(塩や醤油、酢など)には実は雑菌を押さえる効果があります。

ですので、作り置きをする場合は普段よりも濃い味付けをするといいでしょう。

塩分などが気になると言う方も多いかもしれませんが、基本的に外食で食べるものも普段ご家庭で食べるものよりも味は濃い目に出来ています。

多少普段よりも濃いくらいでは問題ありません。

それに味が濃いものについては食の満足度が上がると研究があるので、こういったイベントごとでは一石二鳥です。

それでも、味を濃い目に作るというのが不安と言う方はより雑菌を抑える食材や調味料を使うのもいいでしょう。

他に雑菌などを抑える食材や調味料に酢・梅干し・ショウガ・ゆず胡椒・とうがらしなどがありますので、これらを使用した味付けや料理をすることで大分料理を痛める心配は減ります。

そのほかにもハーブなどもいいかもしれません。

これらのものは香りや風味がしっかりしているので冷めてもおいしくいただけます。

ただし、お子さんが小さい場合は使う量を考えてくださいね。

どんな調理をするべき?

作り置きの料理で大切なのはしっかりと火を通すことです。

食材の中心まで火を完全に通しましょう。

そうすることで保存中の菌の繁殖を防ぐことができます。

逆に中途半端に火が通ってなかったとなると、余熱などでさらに悪くなる可能性があるので注意が必要です。

半熟で食べるものなどは前日に作らないようにするのが基本ですね。

おかずはしっかりと焼いたり、煮詰めましょう。

Sponsored Link

お弁当に詰める際のポイントは?

前日にお弁当を詰める際に大事なのは汁気のあるものを避けると言う事です。

水分を多く含む食材や温かいタレなどは常温だとすぐに傷みます。

もし、肉じゃがのような汁気のあるものを入れたいならば具のみにします。

また、温め直して詰めるときは中途半端な温度は傷む原因になりますので、しっかりと温め直してください。

そして温め直したら、必ず一度冷ましてから入れる。

そうでなければ水蒸気がおかずにかかり、傷みの原因になります

また、最新の注意を払いたいのであれば面倒ですが、取り箸は使い回さないことが重要です。

特にお肉料理、生魚などに使用したものは絶対に使用しないようにしましょう。

雑菌がほかのおかずに移る恐れがあります。

作り置きしたお弁当を保存するにはどうしたらいいの?

基本的には普通に冷蔵庫に入れて次の日まで待ちましょう。

そしてお弁当を温めなおすことなく、保冷バッグに保冷剤を入れて持って行きましょう。

もし、保冷剤がないというときはペットボトルを凍らせて持って行くのもいいかもしれません。

ペットボトルを凍らせる際は膨張して破裂することもあるので少しだけ飲んで凍らせます。

縦に置けるのであれば、ふたは軽くした方がいいです。

凍らしたペットボトルを飲料水や麦茶などにすれば、飲み物にも利用できるので一石二鳥ですね。

他にも対策シートなるものも活用できると思います。

Sponsored Link

どんなレシピがあるの?

鳥の唐揚げや卵焼き、肉巻きなどをはじめ運動会のお弁当と言ったらボリュームのあるものを作るのもいいと思います。

ご飯もおにぎらずやサンドイッチなどはさみ物にすると彩りも綺麗な上、ボリューミーでおすすめです。

今はインターネットにたくさんのレシピが出ています。

上記の作り置きの注意点を参考にして、ぜひトライしてみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください