お雛様 出す時期 しまう時期

neta-life【ネターライフ】

お雛様を出す時期としまう時期はいつ?

読了までの目安時間:約 5分

124687

 

3月3日は桃の節句ですね。

女の子の健やかな成長と幸せを願ってお雛様を飾り、当日はちらし寿司やハマグリのお吸い物などの献立でお祝いをします。

 

 

でも、あれ?お雛様って3月3日を過ぎたらしまわないとお嫁にいけなくなるっていうような…

出す時期もいつ頃が良いの?とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そこで今回は雛祭りの起源についてとお雛様を出す時期としまう時期などを説明していきたいと思います!

 

Sponsored Link

 

そもそも雛祭りとは?

そもそも雛祭りって何?なんでお人形を飾るの?と、この記事を読んでらっしゃる方の中にもこのような疑問に思っている方もいるかと思いますので、まずは簡単に雛祭りについてご説明します。

 

 

3月3日は「上巳」「桃の節句」などと言われ厄を人形に移して払った紙の「流し雛」の風習が古くからありました。
また、平安時代の京都では既に平安貴族の子女の雅な遊びという文化もありました。

 

 

現在のような雛人形を飾る風習は江戸時代に入ってからで、平安貴族の子女の「人形遊び」と庶民の「流し雛」の文化が融合し、飾り物としての古の形式と、一生の災厄を人形に身代わりにさせるという現在に近い文化が出来ました。

 

実は地域によって雛祭りの時期が違う!?

 

実は雛祭りを行う時期が地域によって違うのはご存知でしょうか?

本来3月3日は旧暦でしたので現在の4月ごろが本来の時期なのです。

 

 

ふと思い返してみると仙台や北海道の七夕が8月であることや、節分の翌日の立春って2月だし寒いしまだ全然春じゃない!ということ、6月は梅雨の時期なのに水無月など不思議だと思うことってあったかと思います。

 

 

これは実は旧暦が今の新暦と1カ月ずれていることが原因だったのです。

 

 

そこは雛祭りも例にも漏れず、明治6年の改暦以降は新暦に祝う地域が一般的になりました。

現在では東北・北陸などの一部地域のみ旧暦である3月3日もしくは4月3日に行っています。

 

 

また、特殊な例として香川県三豊市と兵庫県たつの市では八朔である旧暦8月1日に行います。

 

Sponsored Link

お雛様を出す時期・しまう時期

 

それじゃあ一体お雛様を出す時期としまう時期は一体いつなの?と疑問に思うかもしれません。

一般的な地域だと飾る目安としては立春が一つの目安となります。

 

 

立春から2月の中旬にかけての大安吉日が良いとされています。遅くとも雛祭りの1週間前までには飾り付けを済ましておきましょう。

 

しまう時期はよく3月3日過ぎてからしまわないと婚期が遅れると耳にしますが、実は明確な根拠はなく俗信・迷信だと言われています。

 

 

おそらくだらだら出しっぱなしにするだらしなさを戒める為にそんなにだらしないとお嫁にいけないよ!という意味で広まったのかもしれませんね。

 

 

しまう時期は旧暦まで飾る地域もありますが新暦では3月の中旬頃、旧暦では4月の中旬頃にしまうのが一般的です。

 

 

もししまうとすれば湿度の低くお天気の良い日にしまうことがお人形のためにも一番です。

今や豪華絢爛な雛人形も珍しくなくありませんが、女の子の健やかな成長や幸せを願う親心は今も昔も変わらないのですね。

 

 

地域によっても飾る時期などは変わりますので是非これを機会にご自分のお母様やおばあさま、またお姑さんなどに聞いてみて昔ながらの古き良き文化を大事に引き継いでみるのもいいかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: