パパ友 トラブル

neta-life【ネターライフ】

パパ友とのトラブルに注意!恋愛感情など勘違いされないために!

読了までの目安時間:約 7分

498578

 

子どもを介した人間関係で、多くのママたちを悩ませるのがママ友の存在です。

 

いわゆるトラブルに発展するような間柄ではなく、良好な関係を築けていれば良いのですが…

 

だんだん仲良くなってくるにつれ、関係はママ同士だけではなくパパにまで飛び火します。

 

そう、家族ぐるみの付き合いというやつですね。

 

休日に一緒にキャンプに行ったり、何かと言うと濃密な接点をお互い持っていた…ということも多いと思います。

 

しかし、ここで問題になってくるのが、パパ友トラブルです。

 

ママが相手のパパに恋愛感情を持ってしまい、大変なことになってしまったという話もよくテレビの特集などでされていますよね。

 

そこで今回はある意味ママ友トラブルより厄介な、恋愛感情が絡んだパパ友トラブルについて詳しくご紹介します。

 

Sponsored Link

 

ママ友だけじゃない!パパ友トラブル急増中!

ドラマの世界だけじゃない!身の回りにも、ほんの些細なことでママ友トラブルならぬパパ友トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。

 

ママ友同士が仲良くなってくると、どうしても「家族ぐるみの付き合い」というものが関わってきます。

 

そうなると、ママ同士のコミュニティーにパパが介入するようになってくるのです。

 

同性だけの付き合いだったところに異性であるパパが加わることで、円滑だった人間関係に影がかかってしまうことがあるのです。

 

特にパパとの関係が表面上はうまくいっているように思えても、中身は結構ドロドロしていることもあります。

 

そんなときに、家族思いの優しいあなたの旦那さんがやってきたら…?

 

もしかしたら、ママ友があなたの旦那さんにときめいてしまう可能性もあるのです。

 

こうなると、せっかくのママと友関係がほころんできてしまう原因になってしまいます。

 

最初は家族で一緒にバーベキューやキャンプなどに行く関係だったのが、だんだん個人的に連絡を取り合うようになって…こうなると不自然な関係になってしまいますよね。

 

パパ友トラブルは、意外と身近なところに存在しているということを頭に入れておくことが大切なのです。

 

Sponsored Link

 

トラブルになりやすいパパのタイプとは?

どうしても異性から魅力的に見えてしまう、パパ友トラブルに巻き込まれやすいタイプが存在します。

 

どういったタイプがトラブルになりやすいのか、順番に見ていきましょう。

 

年齢が若い

 

年齢が若いというだけで魅力的に見えてしまうものです。

 

また、若いノリというものもあって誰とでも仲良くなりやすく、気軽に連絡先交換をしてしまうケースも多いです。

 

結婚をカジュアルに考えている世代は、特に注意が必要です。

 

人当たりがいい

 

パッと見人当たりが良くて、近づきやすいタイプの場合は積極的なママ友のアプローチに負けてしまうことがあります。

 

断れないタイプの人や優しすぎる人は注意しましょう。

 

社交的で良くしゃべる

 

誰とでもすぐに打ち解けることができて、社交的なタイプはどんどん仲が親密になっていきやすいので注意するようにします。

 

また同時に人を引き付ける魅力も持ち合わせているので、結婚していてもモテやすいという特徴があります。

 

家族思いの愛妻家

 

意外かもしれませんが、家族思いで愛妻家であるというのもパパ友トラブルに巻き込まれやすいのです!

 

これはママ友からの嫉妬が絡んでいて、うまくいっている家庭を壊してしまおうという狂気が関係しているんですね。

 

恋愛感情を持たれて大変なトラブルになった例も!

531515

 

最近ではママ友家族と仲良くなりすぎて、個別に連絡先をとるというケースも珍しくはなくなってきています。

 

しかし、個別に連絡が取れるということは妻に内緒の関係を持つということになります。

 

これが、そもそもの恋愛感情が絡むパパ友トラブルの原因なのです。

 

今はLINEなど簡単に通話や文字チャットができるツールがそろっているので、連絡先を交換するということが安易に考えられすぎている面があります。

 

結婚していなくても、自分のパートナーが他の異性と内緒で連絡を取り合っているなんて、やはりいい気持ちはしませんよね。

 

そこはママ友と付き合う際にきちんと夫とも話し合って、家族ぐるみの付き合いになったとしてもきちんと節度はわきまえようねということを伝えておいてください。

 

もしママ友から自分の夫に何らかのアプローチがあったとしたら、一言「夫と連絡先の交換をして何話すつもりだったの?」と釘を刺しておきます。

 

また、何も言わずにそっと距離を置くというのも手です。

 

節度のない関係を求めてくる人とは、この先も長く良好な関係を築いていけるとは思えませんもんね。

 

基本的には、ママ友同士はママ友同士で楽しむようにしてなるべくパパを巻き込まないというのが基本です。

 

子どもを介したつながりだからこそ、そこはきっちりと線引きをしておく必要があります。

 

子どもが大きくなってもずっと良好な関係を築けるように、ママ友トラブルばかりフィーチャーされて盲点となりつつあるパパ友トラブルには、十分注意するようにして下さいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: