洗濯機の安い時期

neta-life【ネターライフ】

洗濯機の安い時期!購入時期はココがおすすめ!

読了までの目安時間:約 7分

497108

 

家電の寿命はだいたい5〜6年と言われていますが、洗濯機も例外ではありません。

 

でも、洗濯は毎日やらなければならない家事のひとつであり、洗濯機がなければそれが滞ってしまうので買わないわけにはいきませんよね。

 

しかし洗濯機の購入は決して安い買い物ではないので、結構慎重に選んでいきたいところです。

 

噂によると、洗濯機も時期によっては型落ちのものをお買い得な安い値段で買うことができるのだそうです。

 

しかも、縦型洗濯機とドラム式洗濯機ではモデルチェンジの時期が異なり、値段が安くなる時期が異なるというのでとても興味深いですよね!

 

そこで今回は洗濯機の安くなる時期をドラム式、縦型それぞれ別にみていって、洗濯機を選ぶポイントなども一緒に説明していきます。

 

Sponsored Link

 

ドラム式洗濯機の安くなる時期!

従来からある縦型洗濯機よりもオシャレな見た目と、乾燥機能も高いので洗濯物が効率的に片付くと評判のドラム式洗濯機。

 

やはり最新式の家電のひとつなので、値段は縦型洗濯機に比べて高めに設定されている傾向にあります。

 

そんなドラム式洗濯の最新機種は、だいたい10月半ばから12月の年末にかけて新発売されることが多いです。

 

型落ちの機種の場合は、新機種発売時期の1ヶ月くらい前から値段が下がってきて、大型量販店などでは「在庫売り尽くしセール」が始まります。

 

新機種の発売時期は各メーカーによって少しずつ異なるので、8月半ばくらいから徐々にチェックしていきましょう。

 

早いメーカーだと9月に入ったらひとつ前の機種が安くなり始めますので、狙う機種がある場合には売り切れる前にゲットしたいところですね。

 

ただ機種には特にこだわりがないという場合には、新機種が発売されてから2ヶ月ほど経ったときに売れ残っている型落ちの機種がかなりの値引率になっていることがあります。

 

この頃になると安いものは、ほとんどが品切れになるのでリスキーではありますが、本当に安く手に入れたいなら「残り物には福がある」ということを信じてみても良いのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

縦型洗濯機の安くなる時期!

一方、従来からある縦型洗濯機の場合にはあまり頻繁には最新機種が登場することはありません。

 

乾燥機能付でないものは4月に、乾燥機能付は6月にモデルチェンジがある場合が多いので、だいたいそのくらいの時期に値段が下がると言われています。

 

こちらも各メーカーによって違いはあるのですが、特に東芝製は2月にモデルチェンジをおこなうので他の製品よりも早く値下げをおこなう傾向にあります。

 

東芝ひいきの方は、早めにチェックしていくと買い逃しを防ぐことができますよ!

 

ただでさえかなり安く買うことのできる縦型洗濯機ですから、やはり必要に迫られたときなどはこの時期を狙うことで損することなく購入できます。

 

今はどうしてもドラム式洗濯機が主流となっていて、縦型洗濯機の販売数は少なくなっています。

 

しかし、一人暮らしの人などに向けて安いモデルを販売しているケースはまだ多いのです。

 

購入する際は、大手家電量販店などで店員さんに特徴を聞きながら選ぶと失敗が少ないのではないかなと思います。

 

洗濯機を選ぶポイントとは?

165408

では、実際に洗濯機を購入するときにどのようなポイントを重視して選べば良いのか、それぞれのライフスタイルに合わせてみていきましょう。

 

仕事の帰りが遅くて、夜に洗濯機を回さないといけない…

 

夜遅い時間や朝早くに洗濯機を回さなくてはならない場合、音を重視した機種を選ぶと良いでしょう。

 

縦型洗濯機に比べてドラム式洗濯機は振動による音がうるさい傾向にあります。

 

音を重視するなら、縦型洗濯機の日立「ビートウォッシュ」がオススメです。

 

実は我が家もドラム式洗濯機に買い換える前に使っていたのですが、本当に静かでしたよ!

 

終わりの合図のメロディが鳴るまで、他の部屋にいると気付かないくらいです。

 

家族が多くて、いつも洗い物が山のようにある!

 

家族が多かったり、子供の洗濯物がかなり多かったりした場合には、容量を重視した大きめの洗濯機を選びましょう。

 

一般的な家庭であれば5〜7キロの容量で十分ですが、それでは足りない場合は8キロ以上の大きな容量のものをオススメします。

 

日当たりが悪い部屋なので、室内干しできるとありがたい!

 

室内干しが多いという人は、乾きやすいように乾燥機能付きを重視すると良いでしょう。

 

最新式のドラム式洗濯機なら、乾燥機能も充実しているので洗濯物がフワフワに仕上がると評判です。

 

気になる洗濯物の生乾きの臭さを抑えることができますので、少しお値段は高いですがドラム式洗濯機を購入すると快適ですよ!

 

アパートの階段や廊下、入り口が狭くて入るか不安…

 

大きな洗濯機では、いざ購入しても部屋に運び込めるかどうか心配…ということもありますよね。

 

そんなときはまず、アパートの階段や廊下、入り口の寸法を測っておいて、小さめの洗濯機を選びます。

 

洗濯機もしっかりサイズを測っておいて、後から「やっぱり入りませんでした」ということにならないように気をつけましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: