ワキガ つらい

neta-life【ネターライフ】

ワキガでつらい!死にたい!と悩んでいる人へ

読了までの目安時間:約 18分

imaric20160805310323_tp_v

 

ワキガって本当につらいですよね。

 

私自身も過去にワキガに悩まされた経験があるので、その気持ちはすごく分かります。

 

ワキガではない人からしてみれば大げさだって思われてしまうかも知れませんが、ワキガなだけで本当に精神的に追い込まれていきますし、それこそ中には本当に死にたいって思ってしまうほど悩んでしまう人もたくさんいます。

 

自分がワキガな体質に生まれてしまったことで、実際に人生が変わってしまったという人が大半でしょう。

 

私の場合も、自分がワキガって意識し始めた頃から、急に人生が変わったように思います。

 

ある時、友人のひょうんな一言がきっかけで自分のワキガに気づいてから、とにかく臭いというワードに過剰に反応するようになってしまったり、周りの目を気にし過ぎてしまったり、何に対しても自信がなくなっていきました。

 

どこにいてもそわそわして気が休まる場所がないというか...

 

そんなこんなで友人を失ったり、恋にも臆病になったり、絶望の日々を送っていたこともありましたね。

 

思えば、思春期くらいから社会人になるまで、本当に長い期間悩まされたと思います。

 

しかし、今こうやって私がワキガについて普通に記事を書けているという事は精神的にも症状的にも克服できたからです。

 

この記事ではどうしようもないくらいにワキガに悩んでいる方にそんなに悩まなくてもいいんだよって背中を押してあげたいです。

 

悩んでいる方は是非、この記事を読み進めてみてください。

 

 

ワキガの自分への気の持ち方

 

ワキガに限らず、悩み事につきましては気の持ち方に作用される事がほとんどです。

 

ですので、まずは悩まないようにしてください!

 

...

 

......

 

 

悩まないようにしろって言われて最初から出来るなら悩んでないよ!!!って思うかもしれませんが、まずは気持ちから改善していかないと精神的にどんどん追い込まれていきます。

 

ますは悩みから少しでも開放される気の持ち方について紹介していきます。

 

ワキガは自分一人だけではない

 

ワキガで悩んでいる人の多くの人が、「なんで自分だけこんな辛い思いをしなくてはいけないの?」という気持ちの根底があると思います。

 

確かにワキガじゃなかったら悩む必要はない事なのに、自分だけ辛い思いをしているのはなんか理不尽な気がしますよね。

 

でも、大丈夫。ワキガで悩んでいるのあなただけではありません。

 

確かに一般的にいったら少数派ではありますが、実は日本にもワキガの人が結構います。

 

ワキガ人口はおおよそ10%~15%ほどと言われています。(ちなみに欧米では70%以上)

 

要は6人~10人に1人はワキガなんです。

 

また、食文化が欧米化してきた日本の昨今で言えば、年々ワキガの人が増えていっているのが現状です。

 

もし、学校や会社などで私だけワキガ...なんて思っているのであればそんなことはないよということです。

 

学校で40人くらいのクラスであれば1クラスに4~6人もいるんですよ?

 

決してあなたひとりだけではないのです。

 

 

「いやいや、そんなにワキガの人なんていないよ(涙)」と思うかもしれませんが、それはもしかしたら、気づいていないだけでワキガの人は確実にいます。

 

気づいていないのはただ単に上手く隠しているだけかもしれません。

 

逆を言えばしっかりとケアできていれば気づかれないという事です。

 

ですので、しっかりとしたケア方法を学びましょう。

 

後でケア方法については詳しくご紹介します。

 

人の目を気にし過ぎている

 

これはワキガに悩む人全般に言えることですが、ちょっと過剰にワキガを気にし過ぎてます。

 

確かに一度でも「臭い」なんて言われたことがある人は気にしてしまう気持ちは非常に分かるのですが、人は自分が思っている以上に他人のことを気にしていません。

 

仮にワキガの場合は、他人の臭いが発生した時点でその瞬間は臭いなと思うかもしれませんが、大体はもう1分もしないうちに相手の事は考えていません。

 

そんな事はないって思うかもしれませんが、「この人、ちょっと臭うな。ワキガ?」って仮に思われたとしてもその事を一日中考えている人はいません。

 

むしろそれだけあなたの事を考えてくれていたとしたら、よっぽど好意持たれていますよね(笑)

 

だから私が言いたいのはあなたが思っているほど、何も思われていないよってことです。

 

それに自分と置き換えて考えてみてください。

 

もし、親友や大好きな人がワキガだったら、その人のことが嫌いになりますか?(共感できるとかはなし)

 

なりませんよね。

 

もし、友人達に対して気にし過ぎてしまうのであれば、

 

「私、ワキガかもしれない!もし、臭ったら言ってね!でもちょっと悩んでて、いじられるのはちょっと辛いからいじらないでおいてね♪」

 

ぐらいフランクに言えば、友人達も必要以上に気を使わなくなると思うし、自分も気が楽になります。

 

要は自分で受け入れる、友人達にも受け入れてもらうということです。

 

打ち明けるという事は非常に勇気のいる事ですし、つらいかもしれませんが、これも悩みを解消する上では有効です。

 

死にたいぐらいつらいのであれば出来るはずです。

 

塞ぎこまないで親しい友人にはぶっちゃけましょう。

 

そして完全の他人には気を使わないという事です。

 

ワキガを治すケア方法

pak105215431_tp_v

 

ワキガの人の気の持ち方について説明しましたが、次はワキガを治すためのケア方法について説明していきます。

 

でも実際、ワキガってどんなにワキガに良いって言われるケアをしてもなかなか治らなくないですか?

 

私の場合、それこそワキガに良いといわれる食べ物を食べたり、生活習慣を見直したり、効果のあると言われる制汗剤を試したり、本当に色々と行ってきました。

 

しかし、どれも改善した記憶がありません。

 

人より清潔に努力しているはずなのに臭うって事は非常に悔しいですよね...

 

ではどうしたら改善する事ができるのか。

 

 

正直、治す為のケアについては自力で出来る事はほぼありません。

 

 

治す為には自力のケアではなく、手術が必要になってきます。

 

とは言え、手術といってもそう簡単に受けられるものではありませんよね。

 

保険適用が可能なところがあったとしても高額な手術費用を捻出しなくてはなりませんし、場合によっては臭いが消えなかった、再発したという事例も出てきています。

 

他にも傷跡の問題だったり、*代償性発汗という後遺症が残る場合もあります。

 

*代償性発汗
ワキガ手術は臭いの原因でもあるアポクリン汗腺を除去する手術なのですが、それに伴って通常の汗を出すエクリン汗腺も除去する事になります。そうすることで通常脇から発汗するはずだった汗が変わりに他の部位から大量に発汗してしまう現象。

 

このようなデメリットを考えると、手術によって完全に治る可能性もありますが、なかなか手を出しにくいものだったりもします。

 

じゃあワキガは自分ではどうしようもないの?と言うと、これはもう治すという事に関しては手術以外では諦めるしかありません。

 

ただ、確かに治す為には手術が必要ですが、自力で治す事は出来なくても生活に支障をきたさない程度に抑えることは自力のケアでも十分可能です。

 

ですので、まずは治すのではなく「隠す」

 

そのケア方法を学んでいきましょう。

 

臭いを抑えるためにケア方法

150415581145_tp_v

 

皆さんはどんなケアを行っていますか?

 

数時間おきに脇を拭いたり、制汗剤をつけたり、デオドラントクリームを塗ったりなど、様々なケアを行っていると思います。

 

もちろん、これは大切な事ではあるのですが、ワキガ隠すケア方法においてある盲点があります。

 

それは洋服です。

 

意外と自分の脇のケアばっかりで、臭いの染み付きやすい洋服についてはノーマークという方もいるかと思います。

 

ワキガの臭いって自身の脇から直接香るというよりも、どちらかというと洋服に染み付いた臭いから発していることが多いのです。

 

いやいや、ちゃんと洋服にも気を使っているよ!という方もいるかもしれませんが、洋服のケアについては自身の脇のケアより甘くなっている場合がほとんどです。

 

簡単な制汗剤をつけて終了していませんか?

 

汗をかいていないし、服は臭っていないからという理由で洋服のケアをしていないという事はありませんか?

 

どんなに脇のケアをしっかりと行っていても、洋服への臭いは一日の内に着実に蓄積されます。

 

自分の脇も大切ですが、まずはしっかりと洋服のケアから行っていきましょう。

 

●洋服のケア方法

 

それでは洋服のケア方法についてですが、

 

単純にしっかりと消臭する

 

自身の脇のケア同様にこまめに消臭する

 

この二つです。

 

この時に大事になってくるのが、制汗剤や香水などを使うのではなく、しっかり消臭スプレーを使用することです。

 

制汗剤や香水というのは消臭して臭いを消しているのでなく、臭いの上からいい香りををつけているといったイメージです。

 

それだとその時はいい匂いになるかもしれませんが、実際は洋服に蓄積された臭いはなくなりませんし、それどころか、色々な臭いが蓄積されて時間が経つとさらに臭いを強烈にしてしまう可能性があります。

 

ですので、消臭スプレーを使用し、しっかりと臭いを除去していきましょう。

 

通常の消臭スプレーでもある程度、カバーは出来ると思いますが、やはり衣類や体臭などに特化したような消臭スプレーがおすすめです。

 

個人的におすすめなのがこちらの消臭スプレー

 

>>急速分解消臭のヌーラ・デオルの「いい快互服ドットコム」

 

こちらのサイトにあるヌーラという消臭スプレーです。

 

純粋に体臭やワキガといった臭いに専門に作られた衣類用の消臭スプレーなので、市販で売っている某有名の消臭スプレーより効果が期待できます。

 

多少、ネックなのが若干値段が高いというところですが、専門性の高いものなのでしょうがないといえばしょうがないのかなとは思います。

 

それでもセットで購入すれば三ヶ月以上は持つと思いますので(量にもよりますが)、おすすめです。

 

自身の脇のケア方法

150415222377_tp_v

 

先ほど、洋服のケアの必要性とケア方法をご紹介させていただきましたが、もちろん自身の脇のケアも必要です。

 

洋服が盲点になりやすいという意味合いで先にご紹介させて頂きましたが、やはり脇のケアのほうが大切です。

 

脇のケアがあっての洋服のケアですので、そこは勘違いしないでくださいね。

 

皆さんも実際の脇のケアは上記でも言っていた通り、こまめに拭いたり、デオドラント等の通常のケアを行っているのではないかなと思います。

 

基本的にはこのケア方法でも問題はないです。

 

しかし、ここで大事なってくるのがどんなデオドラントを使っているかですね。

 

一般的にドラッグストア等に売っているものはデオドラント効果が弱いものが多いということです。

 

それは同じ臭い対策でも市販で売っているものは基本的に汗の臭いなど軽い体臭用で、ワキガのような強い臭いには対応していない場合がほとんどです。

 

ですので、一般的な臭いを抑えるデオドラントではワキガ対策としては効果は薄いのです。

 

 

ではどういったものを使えば良いのかというと、やはりワキガ専用のデオドラントですね。

 

市販ではなかなかワキガ専用って物はないと思いますが、通販などで調べると結構出てきますよね。

 

その中で個人的におすすめしたいのがコレです。

 

>>ドクターアロマランス

 

ワキガ専用のデオドランスといっても色々とある中でこのドクターアロマラスをおすすめする理由が、他の製品より脇汗を抑える効果が高いところです。

 

これは臭いを隠すケアとしてはこれはすごーく大事です。

 

臭いを発する原因には

 

汗をかく→汗が服に染み付く→洋服から臭いを発する

 

大体はこういった構図ですので、周りに臭いを発さないという意味では脇汗を事前に抑えるというのが一番大事なところです。

 

また、このドクターアロマランスの場合、脇汗を抑えるにしても乾燥を抑えるところから始まります。

 

乾燥してた方が臭いには良さそうと一見思うかもしれませんが、実は逆でしっかりと保湿しないと逆に臭いを強くしてしまいます。

 

ワキガの人ってどうしても脇のケアをし過ぎて脇が乾燥しやすくなります。そうすると乾燥している分、余計な皮脂、皮脂をまとった汗を出す為、さらに強烈な臭いになってしまうのです。

 

脇をこまめに拭いているのに臭いというのは、この乾燥が原因の事がほとんどですね。

 

ですので、しっかりと乾燥対策(皮脂対策)をしていくことが大切なのです。

 

臭いを抑える。乾燥を抑える。脇汗を抑える。

 

という3つのポイントをしっかりと押さえているデオドラントクリームになっていると思いますので、今ままでデオドラントを使っても効果がなかったという方は試してみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

臭いを隠すケアについては、デオドラントクリームで乾燥や汗を抑え、洋服をこまめに消臭する。

 

これでほぼ問題ないでしょう。

 

あとは、なにより気の持ちようです。

 

自分がワキガだという事実は非常につらいとは思いますが、あまり気にし過ぎてしまっても人生楽しくないですよ!

 

しっかりとケアしながら、楽しく行きましょう!

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: